男子禁制女子トーク!

口に入らないよぉ… 男性が逆に興奮した「女性のうぶなエッチ」4つ

文・塚田牧夫 —
エッチで、彼がもっと満足するようにテクニックを身につけようとする女性もいるかもしれません。しかし、そのテクニックが上手すぎると、かえって彼を引かせてしまう場合も。あまり慣れていない感じの方が、男心はくすぐられるようです。そこで、男が逆に興奮した“女子のうぶなエッチ”について話を聞いてみました。

腰を上手く使えない

「彼女と付き合い始めたばかりのころ。彼女はあまり経験がなく、エッチもそれほど上手くはなかったんですね。

特に騎乗位のときは、どう動けばいいか分からないようで困っていました。でも、僕の目にはその様子が可愛く映って……。下から突き上げまくりました」ナオヤ(仮名)/28歳

騎乗位の腰使いは、慣れていないとスムーズにはいきませんよね。でも、おぼつかない腰使いも男性にとっては興奮ポイントになるようです。

用語を知らない

「彼女はエッチな用語をほとんど知らない子でした。いわゆる「シックスナイン」も知らないし、“裏筋舐めて”と言っても、“裏筋ってどこ?”と聞き返してくるくらいです。

でも、密かに僕は、彼女がエッチな言葉を尋ねるシチュエーションに興奮していました」マコト(仮名)/31歳

エッチな用語に詳しくないピュアな彼女に、その意味を教えるという背徳感で、彼も興奮してしまうようです。

口に入らない

「彼女と最初にエッチしたとき。パンツを脱いだら、“おっきい……”と驚かれたんです。でも、実際そこまで大きくはないんですね。

“舐めて”とお願いしたら、“口に入らないよぉ”と泣きそうな顔で言うんです。彼女のその反応に、思わずビンビンに興奮してしまいました」コウジ(仮名)/30歳

アソコが大きいと言われるのは、男性としては嬉しいところ。さらに、口に入らないと弱音を吐く様子に、彼のSっ気もくすぐられるようです。

恥ずかしがる

「僕の彼女はめちゃくちゃ恥ずかしがり屋。付き合いたてのころは、なかなか服を脱いでくれませんでした。

エッチ中も、声を我慢していましたね。でも、たまに喘ぎ声が漏れちゃうんです。すると口を手でふさぐんですが、僕が腰を突くとまた出てしまって……。そのやり取りを楽しんでいました」ショウ(仮名)/28歳

恥じらいは、付き合いが長くなってくると薄れてくるもの。適度に恥ずかしがることで、お互いに新鮮な感覚を味わえるかもしれませんよ!

“男が逆に興奮した女子の未熟なエッチ”をご紹介しました。

テクニックを駆使したエッチも男性にとっては嬉しいものですが、うぶなエッチが恋しくなることもあります。今回ご紹介したポイントを参考に、もっと充実したエッチが楽しめるといいですね!

©Nancy Brown/gettyimages
©Betsie Van der Meer/gettyimages