ぴったり密着して… 男が「エッチでイキにくくなる体位」4選

文・塚田牧夫 —
エッチをしていて、彼が思いのほか早くイッてしまうことはないでしょうか。愛が感じられればそれでいい……と思うかもしれませんが、ちょっと物足りなさもあるはず。でも実は、体位によっては早漏の男性も意外と持続できるようです。今回はそんな“エッチ中に男がイキにくくなる体位”について、男性たちの意見をもとにご紹介します。

向かい合って座る

「僕は早漏なため、いつもかなり早くイッてしまいます。ですが、そんな僕が一番ネバれるのが、座った状態で向かい合う“座位”ですね。

あれだと、僕はほぼ動けないのでイキにくいんです。そのわりに彼女は“奥まで入って気持ちいい”と言ってくれるので、すごく満足できます」サトル(仮名)/27歳

座位は、男性からすると動きにくい体位のようです。ただ、早くイッてしまいがちな男性にとっては、それがメリットに。また、角度的に挿入が深まるので、女性も快感が得やすいのでしょう。

正常位で密着

「普通の正常位だと、早くイッちゃうんですよね。そこであえてカラダを倒し、抱き合って密着します。あとは腰を押しつけて、グリグリと軽く動かすだけ。

すると、彼女はすごく感じてくれます。なによりこっちの動きが少なくて済むので楽ですし、ゆっくり楽しめます」ゴウタ(仮名)/33歳

カラダを相手に預けているので、余計な力を使わなくて済むのでしょう。疲れているときこそ、彼に試してもらうといいかもしれませんね。

寝転がって後ろから

「いろんな体位を試したのですが、一番気持ち良くてイキにくいのは、寝転がって後ろから挿入する体位ですね。寝ながらバックをする感じです。

女の子が背を向けている状態なので、休憩しやすいんですよね。危なくなったら、“抜けちゃった”とわざと抜いたりして休めるので、かなりネバれます」アキラ(仮名)/34歳

側位に近い体位でしょうか。正面で向かい合うと相手の目があるので、男性は“頑張らなければ……”という意識が働くのかもしれません。ですが背を向けた状態ならば、プレッシャーもなく自分のタイミングで休憩が取れるようですね。

バックで立ち上がって

「僕はお尻が丸見えでインパクトがあるから、バックが好きなんです。ただ気持ちがいいだけに、1分もしないうちにイッちゃってて……。

でも、その状態から立ち上がってみたんです。すると脚の力を使うからか、そっちに気を取られてイキにくくて。その体位だと、5分ぐらいネバれますよ」レイヤ(仮名)/25歳

普通のバックでも立ちバックでも、アングルは変わらないので見た目のインパクトはそのまま。立ちバックの場合は足に力が入る分、意識がそちらに傾くのでイキにくくなるのでしょう。

“エッチ中に男性がイキにくくなる体位”をご紹介しました。

彼が早くイッてしまう状態が続くのならば、彼に相談して体位を工夫してもらうといいでしょう。そうすれば、きっとネバりやすい体位が見つかるはず。それをふたりで探せば、より一層仲が深まるかもしれませんよ。

©South_agency/gettyimages
©bilderlounge/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。