男子禁制女子トーク!

右回りから左回りに… “彼をもっと感じさせる”Hテク4つ

文・塚田牧夫 —
初めはドキドキしていた彼とのエッチも、だんだんと慣れが生じてきます。すると、マンネリ化ということにもなってくるでしょう。ただ、少し変化を加えることでまた新たな刺激が加わることもあります。そこで今回は、“彼をもっと感じさせるHテクニック”というテーマで、女性たちが実際におこなっている方法について聞いてみました。

右回りを左回りに

「彼は乳首が感じやすいんですね。なので、エッチのときは触ってあげます。だいたいいつも右乳首から、左乳首という順番で責めているんですが、それをたまに左から責めて右へと変えることも。

また、乳首を中心にして右回りで円を描くようにして責めていますが、それもたまに左回りにするなど変化をつけています」リン(仮名)/32歳

分かりにくい変化だと思うかもしれませんが、責められている側は敏感になっているため、変化にも気づきやすいはず。小さな変化が大きな快感を生み出しているのでしょう。

あえて恥ずかしがる

「彼は女性のアソコを舐めるのが好きなんです。だから、エッチのときは毎回舐めてくるんですが、いつも同じ流れだと飽きてくるじゃないですか。

だから私はあえて恥ずかしがります。“今日はダメ”っていったりして止めるんです。すると、“なんで?”“お願い”といって彼からより求めてくれます。彼のその姿がかわいくてたまりません」ミキ(仮ユ名)/30歳

ダメと言われると、逆に求めたくなる心理を利用しているんですね。拒否されることで、彼はいっそうその行為をしたくなる。そんなやり取りがエッチを盛り上げているのでしょう。

下手なふりをして

「彼とはまだ付き合って2か月。エッチのときに騎乗位をするんですが、そのときわざと下手なふりをしています。あまり上手に腰が使えないふりです。

でも本当は元カレのときにかなり仕込まれているので、腰遣いは意外と得意。そこをだんだん慣れてきたように振舞っているので、“上手くなってきたね”と彼が喜んでくれます」リホ(仮名)/27歳

自分とのエッチを重ねていく中で彼女が成長する姿を見るのは、自分がその成長を促しているかのような感覚になり、男性としてはうれしいことなのでしょう。ほかのプレイでもまだ慣れていないふりをするのは、彼の気分を盛り上げるよい手段となるかもしれませんね。

反応が薄い部分も責め続け…

「もともと彼は背中があまり感じるタイプではありませんでした。でも私がキスをしたり、指で撫でたりしているうちに、反応するようになってきたんです。

今ではもうかなり敏感。背中を触ってあげると、“はぁはぁ”と声を漏らすほどです」カリナ(仮名)/26歳

反応が薄い箇所も、責め続けているとやがて感じやすくなっていく場合も。背中など本来感じやすいうえにまだ未開発な部分を、念入りに責めて開発してあげるといいかもしれませんね。

“彼をもっと感じさせるHテクニック”をご紹介しました。

まずは思いついたことを何でも試してみることが大事。意味のないことでも、続けていくうちに相手に新たな快感を与える場合もあります。彼の反応を楽しみながら、いろいろ試してみてください。

©gpointstudio/gettyimages
©gpointstudio/gettyimages