男子禁制女子トーク!

ひとりエッチのペースを… 30代男性がエッチで「工夫しているコト」4つ

文・塚田牧夫 —
20代のころに比べると、30代は色々なところに衰えが出てきます。男性も、性欲が落ちてくる場合も。でも、そのぶん経験は増えています。そんな、30代男性が、経験を生かして“エッチで工夫していること”とは? チェックしてみましょう!

指先に集中

「昔は、エッチのとき全身を使ってガムシャラにやっているところがありました。もう、全力で。でも、それを今やるとすぐにバテてしまいます。

そこで、30歳を過ぎた頃から指の動きを意識するようになりました。指先に集中して、力加減を調節すると、ちょっとの力でも、女性が感じてくれるようになりました」カツオ(仮名)/33歳

若いときに比べれば、体力は確実に落ちています。昔のようには動けません。そこで、指先に集中して、細かい動きでカバーし、体力を使いすぎないようにするわけです。

声の変化に注目

「エッチのとき、女性が声を出してくれるのは嬉しいじゃないですか。若いころは、そのために頑張っていたところがあります。

でも最近は、声の変化に注目するようになりました。本当に感じているときと、雰囲気で出しているときとでは、微妙に違うんです。それを見極めて、攻めに生かしています」タロウ(仮名)/30歳

女性の喘ぎ声は、男性を興奮させる効果があります。ただ、経験を積んでくると、本当に感じているのかどうか、聞き分けられるようになるのでしょう。

香りで酔わせる

「30代半ばになり、加齢臭なのか、カラダから若干ニオイを発するようになりました。なので、香水を使うようになったんですね。

でも、香水は人によって好みがかなり分かれるもの。最近、ようやく自分に合ったものを見付けました。彼女も、エッチ中“いいニオイ”と目をトロンとさせていました」ワタル(仮名)/35歳

香水にも相性があります。その人の体臭や体温などで香り方も変わってくるので、自分に合う香水を探すのはなかなか難しいもの。そういった努力がエッチにも発揮されるんですね。

ひとりエッチのペースを

「20代のころは、毎日のようにひとりエッチをしていました。それが、本番のときにマイナスに働くなんてことはなかったんです。ところが、少し前にエッチしたとき、あまり元気が出なかったんですよ。

そこで、しばらくひとりエッチをやめたら、また元気が出てくるようになって……。それからは、ひとりエッチのペースを落としています」ヒロ(仮名)/32歳

射精してしまうと、回復するまでに時間が必要です。それが、歳を取るとより時間がかかるようになることも。いつそのときが来てもいいように、ひとりエッチを控える男性も多いようです。

“30代男性がエッチで工夫していること”をご紹介しました。

彼女から「衰えた…?」と思われないように、ご紹介したような工夫や努力をしている男性もいます。

もしその努力が感じられたなら、ぜひ褒めてあげましょう。さらに頑張る意欲につながるはずです。

©Tara Moore/gettyimages
©M_a_y_a/gettyimages