男子禁制女子トーク!

ほどよい罪悪感が…男が超燃えた「お昼のエッチ」4つ

文・塚田牧夫 —
一般的には、エッチは夜のほうが雰囲気も楽しめて盛り上がります。でも、お昼のまだ明るい時間帯も、違った刺激が味わえます。では、“お昼どきのエッチ”はどんな楽しみ方ができるのか。男性たちに話を聞いたので、ぜひお試しあれ。

外で作業しているのに

「彼女の家に泊まった翌日。ベッドでイチャイチャしていたら、ベランダから声が聞こえてきたんです。彼女に聞いたら、“外壁の塗装作業をしている”と。

ものすごく近い距離に人がいるのに、そのままエッチをしてしまいました。正直興奮しました」トモノリ(仮名)/30歳

壁1枚どころか、ガラス1枚しか隔てていない環境でのエッチ。声も丸聞こえの可能性があります。緊張感のあるエッチは、やはり盛り上がるようです。

強い日差しを受けて

「彼女とベッドで過ごしていて、カーテンを閉めっぱなしだったので、時間も分からないぐらいでした。

何回目かのエッチのときです。カーテンの隙間から強い日差しが入り込んできて、顔を照らされました。そこでお昼であることが分かり、なんだか急に力がみなぎってきました」ユウ(仮名)/25歳

エッチのとき、なかなか太陽の光を浴びるようなことはありません。明るい場所ですると、細かい部分が目に入り視覚的な刺激を強く受けるので、ますます興奮するかもしれませんね。

仕事の合間に

「以前、職場が彼女の家から近かったんです。なので、お昼休みにたまに行って、一緒にごはんを食べたりしていました。その流れでエッチをしてしまうことも……。

ただ、近いとはいえ歩いて15分ぐらいかかるので、そこまで余裕はないんです。でも、そんな限られた時間でのエッチは興奮しました」サトシ(仮名)/32歳

時間に追われているスピーディーなエッチもたまにはいいのかも。仕事の合間というシチュエーションがほどよい罪悪感をもたらし、それが盛り上がる要素になるのでしょう。

雨宿りの流れで

「去年の夏、気になっていた女の子とランチデートをしたときでした。店を出た途端、急な雨が降ってきたんです。店に戻るのも気まずいし、どうしようと思いました。

どこか雨宿りできるところは……と思ったとき、ホテルが浮かんだんです。昼間のホテルなら安く済むし。で、冗談半分で誘ってみたら、なんとOKをもらいました。雨に感謝ですね」ノブト(仮名)/28歳

夏場は、昼間にこういった急な雨に見舞われることも多いので、タイミングが合えばこんな流れもあるんですね。これは女性も使えるテクニックかもしれませんね。

“男が超燃えたお昼どきのエッチ”をご紹介しました。

昼間からお酒を飲むとちょっと罪悪感があるように、エッチもほどよい罪悪感が味わえます。それが興奮材料にもなるので、たまには取り入れてみてもいいかもしれませんね!

©Cavan Images/gettyimages
©Dimitri Otis/gettyimages