男子禁制女子トーク!

アソコを触って…男がグッとくる「夜のお誘い」

文・牧ぐりこ —
「帰るつもりだったけれど、今夜は彼と過ごしたい」。自分から彼を誘いたい日が、女性のみなさんにもありますよね。ですがなんとお願いしたらいいのか、自信がない方も多いと思います。そこで、今回はライター・牧ぐりこが恋愛指南動画で人気の男性YouTuberに「グッとくる夜のお誘い」について聞いてきました! 新型コロナウイルスが去ったらトライしてみるのもいいかも!?

恋愛赤裸々トークが話題のYouTuberが「グッときた夜のお誘い」

まずは、おふたりのプロフィールをご紹介します!

シコい社長

YouTuber。元“裏垢男子”でTwitterを通じて100人以上の女性と出会う。ムード作りの天才。男子のトーク、生活、おふさげを覗き見できるチャンネル「シコい社長」のリーダーでまとめ役。

バチェ

経験人数4桁超え。中学生の頃からナンパに目覚め、蓄積された膨大な性のデータベースから、男女問わず多くの悩みを解決してきた。慶應大学在学時代に、毎夜パーティに明け暮れた姿から「バチェラー」と呼ばれるようになる。現在は某大手経営コンサルタント会社に勤める傍ら、同級生のシコい社長とともにYouTubeで女の子に性に関するアレコレを発信している。

――いやぁ、遊び人ですねー(笑)! こんな素晴らしい実績を持つおふたりが、グッときた夜のお誘いとは? 彼らを上回る恋愛猛者女子たちの神アプローチ!? をお聞きしましょう。と、その前に、そもそも女性からのお誘いはアリ、ナシ?

女子からのお誘いってどうなの!?

シコい社長 女の子が誘いづらいって風潮をよく思ってないんだよね(笑)。普通に女の子からも来てほしいもんよ。「彼氏を喜ばせるために誘う」ってわけじゃなくて、そういう気分になったときはお互いに誘い合える関係でありたいというか。

バチェ とはいっても、ストレートに「セックスしよう」とは言われたくないな…。「ヤらなきゃ」って、義務みたいになると疲れるから。

おふたりによると、間接的に気持ちを伝えて「男性をその気にさせるアプローチ」が大事なんだとか。あからさまに言われたくないのは、女性が誘われる側であっても思いますものね。それではいよいよ「グッときた夜のお誘い」について聞いていきましょう。

アソコを触って…

シコい社長 お家デート中、アソコを触られたらイチコロでしょ。

バチェ 彼氏が弱いところをいじめたらいいんじゃない? いたずらっぽく触られたら、反応してムラムラする(笑)。結局、身体が一番正直だから。

言葉は間接的がいいけれど、スキンシップはド直球がいいんだ、みたいな(笑)。悪ふざけのテンションで彼に迫ってみましょうか。

そっと胸に手を…

シコい社長 彼女が俺の手を握って、こう……彼女の胸を揉むみたいに当てられたら「ヤりたい!」って思っちゃうな。1回だけされたことがあるけど、すごく興奮した(笑)。

バチェ 言葉にしないで、動作で伝えてくるのっていいよね。

アソコといい、胸といい、そんなことができるなら悩まないよ!って思いますが、やはり男性は単純明快なのがいいんですね……。特にこういった恋愛経験豊富な男性には、もはや言葉は不要で、トリガーはスキンシップが一番。ちょっと大胆な行動をしてみれば、ピピッと彼らの性欲センサーが反応して、すぐベッドタイムになれるようです(笑)。

いかがでしたか。彼らを興奮させる女子たちのアプローチは、単純にスキンシップ。しかも、ストレートに男性が喜ぶ部位を触るのがよさそうです。でも、これらは、いつでもスタンバイOKの男性に限ってのことかも。ドン引かれないよう相手とタイミングをよく見てからがよさそうですね。

シコい社長さん、バチェさん、ありがとうございました!

Information

シコい社長 

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCpjP2jiJgpOkpBuw_GiOj9A

Twitter
@shicoi_

バチェ 

Twitter
@bachelor_kunni


©Thomas Tolstrup/Gettyimages
©South_agency/Gettyimages
©LumiNola/Gettyimages
©Paul Bradbury/Gettyimages