夫はこんなのしてくれない…不倫にどっぷりハマッた「バカップルLINE」

文・西田彩花 —
不倫だとわかっているのに、やめられない心理…。理解不能ですが、彼らなりの言い訳があるようです。どっぷりハマっていた経験があるという方に、お話をうかがってみました。家族のことを思うと、胸が痛むばかりです。

自分のステータスが上がったみたい

「もう不倫関係にはありませんが、当時は本気で愛していました。家庭があることはもちろん知っています。彼はある会社を経営していて、顔もイケメン。そんな男性が結婚していないわけがない、出会ったときにもそう思っていました。
彼とは、上司に誘われた飲み会で出会ったのですが、席を立ったときに話しかけられて、舞い上がる気分。その日、一夜をともにしたんです。それからは、ずるずると不倫関係に。『あなたみたいな人と一緒になれるって、夢みたい』とLINEを送ると、『俺をこんな気持ちにさせるのはユナちゃんだけだよ』って。ステータスの高い彼がそう言ってくれることで、私自身のステータスも上がったように感じていました。
離婚すると言いながら一向にその気配を見せなかった彼。辛くなって別れたのですが、今思うと遊ばれていたのだな、と。家庭がある相手はこりごりなので、私のことをしっかり見てくれる彼を探して幸せになりたいです」(ユナ«仮名»/28歳)

不倫していた過去を棚上げして幸せになりたいと言っているのが、なんとも痛々しいです。自分が結婚したとき、夫が不倫したらどんな気持ちになるのか、そのあたりも考えてほしいものです。

純愛に結婚なんて関係ないよね

「妻が冷め切っていて、子どものことばかり。話し合いに応じてくれることすらなく、自分はATM夫なのかと本気で悩みました。そんなときに出会ったのが、過去の不倫相手です。
彼女は僕に、とても尽くしてくれました。言葉だけじゃ伝わらない愛も感じたんです。家庭内で居場所がなくなっていた僕にとって、癒やしをくれた女性でした。そんな彼女に、感謝のLINEを送ったことがあります。『いつもありがとう』と。すると『愛しているんだから、当たり前じゃない。感謝されるようなことはしてないよ。だけど、こちらこそありがとう』なんて返ってきて。思わずきゅんとしてしまいました。純愛そのものには結婚なんて関係ないんだなぁって。
結局彼女にパートナーができ、別れましたが、忘れられない女性です。相変わらず妻は僕と向き合ってくれないままだし、結婚って何なのだろうと思ってしまうんですよね」(トシヤ«仮名»/39歳)

家庭内に居場所がないのは辛いでしょうが、だからといって不倫が許されるわけではありません。関係性がきちんとしているからこそ、純愛と言えるのでは。過去の不倫に未練があるようでは、妻が向き合ってくれるわけもないように思うのですが……。

体の相性なんて後からわかることだし

「彼女とはW不倫でした。僕自身もそうなのですが、彼女も夫との夜の関係が悪いと言っていました。彼女とはとにかく、体の相性が良かったんです。
事後に来るLINEは、僕の心をさらに燃えさせてしまったんですよね。『夫はこんなことしてくれない』『あなただけと関係があれば満足』といった内容です。体の相性って、付き合ってみるまでわからないじゃないですか。いくら性格が合っても、そこが合わないとキツいですよね。
お互い結婚した後に出会ってしまったので、W不倫という形になりました。いつまでも続けたいと思いましたが、状況的にそうもいかず……。だけど、彼女との夜は今でも思い出してしまうんです」(コウイチ«仮名»/44歳)

そもそも妻とも体の相性を知ったうえで結婚したのではないでしょうか。その後に他の女性との相性を知ること自体が不可解です。生涯のパートナーと決めた相手をないがしろにするのは、どんな言い訳をしても許されません。

美は競争ではない #NOCOMPETITION 参加しなくていい競争とは?-PR


©YakobchukOlena/Gettyimages
©BartekSzewczyk/Gettyimages
©svetikd/Gettyimages