男子禁制女子トーク!

ムラムラしてきたよ… 男がヤル気を取り戻した「エッチの誘い方」3選

文・並木まき —
結婚して時間が経つと、ラブラブ夫婦でもすきま風が吹くパターンは珍しくありません。そこで今回は、複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、男性たちが一瞬でヤル気を取り戻したという、妻からのお誘い術をご紹介します。

1:寝言で別の男の名前を…

「我が家は結婚4年目でレスになりました。会話もほとんどなく、子どももいないので、お互いただの同居人みたいな生活を送っていたんです。

そのうち、家にいてもつまらないので、ふたりともそれぞれの友人や同僚と飲みに行くようになりました。

しだいに妻の帰宅時間が遅くなり始め『ひょっとして浮気してるのか?』と思っていた矢先、妻が寝言で別の男の名前を口走りました。

それで俺は浮気を確信し、その途端に自分でも不思議なくらい妻を愛おしいと思い始めてしまって……。その翌日、久しぶりに妻を抱いたんです。

ところが、よくよく妻に話を聞いてみたら、全部妻の狙い通りだったと判明しました。

俺が極度の負けず嫌いだと知っているから、あえて別の男に取られそうになっていると嘘をついただけだったようです」(36歳男性/IT)

夫の性格を熟知している妻だからこそ、効果的な作戦を考えついたのでしょう。お見事です。

ただ、今回の作戦は、この夫婦だからこそ効果が出たもの。他の夫婦が安易に試すと、レスどころか、ドロ沼の離婚劇に突入する可能性も……。どうぞお気をつけて。

2:実家帰省中に…

「子どもが産まれたのをきっかけに、妻と1年ほどセックスレスになってしまっていました。解消に向けて色々試したんですけど、必死になるほどお互いに白けてしまって……。

ところが、年末年始に俺の実家に一緒に帰省したとき、妻がいきなり俺を誘ってきたんです。

この部屋に寝ているのは俺たち夫婦だけで、隣の部屋にいる息子もぐっすり寝ているとはいえ、声を出せば家中に響きそうなスリリングな環境でした。

それが俺たちにとって良かったのか、その日は久しぶりに燃えたんです。ドキドキ感を味わえるセックスが良かったのかもしれません」(40歳男性/飲食)

スリルのある環境が、セックスを盛り上げることも。ただ、いくらドキドキするセックスが良いからといって、野外や車内などでするのはやめましょう。

3:いきなり離婚を突きつけられ…

shutterstock_302476316

「セックスレスになって2年ほどの妻から、いきなり離婚を突きつけられたときには困惑しましたよ。しかもその理由がズバリ『レスだから』。

『このままだと子どもができなくなる。私を抱くか離婚するかどっちかにしてほしい』と、サイン済みの離婚届を出してきたので、本当に焦りました。なんとかレスを解消しようと頑張りましたよ。

そのときの危機感が夫婦にとって良かったのか、今ではすっかり仲良しに。夜の営みも結婚前のペースまで戻りました」(37歳男性/サービス)

離婚か夜の営みか……と、究極の二択に持込むというテクニックも。

なんとなくセックスレスになってしまったパートナーに対しては、こんな荒技が効くこともあるようです。

夫婦間のセックスレスは、放置しておくと深刻な問題に発展しがち。でも、ちょっとした工夫によって、夫がヤル気を取り戻すこともあるようです。皆さんも頑張ってくださいね!

無題

生理中こそ温活!…キモは生理用ショーツとオーガニックナプキン

©MJTH/shutterstock
©fizkes/shutterstock
©VGstockstudio/shutterstock