男子禁制女子トーク!

俺のツリーを…女子ドン引きの「クリスマスHの誘い文句」4つ

文・塚田牧夫 —
クリスマスといえば、年に一度の大イベント。恋人たちがもっとも盛り上がる日です。そんな日は、夜もきっとロマンチックなはず……と思いきや、そうではないカップルもいるようです。今回は、“女子ドン引きのクリスマスエッチの誘い文句”と題して、女性たちに思い出を語ってもらいました。

「俺のツリーを飾りつけて」

shutterstock_356523947

「職場に仲のいい男性の先輩がいて、クリスマス当日は仕事帰りに2人で飲みに行ったんです。お互いに恋人がいないこともあり、不貞腐れるように飲んでいました。

すると、先輩がかなり酔い、そして、“俺のツリーに飾りつけしてくれ”という、どうしようもない下ネタを言ってきました。呆れて、すぐに帰りました」エマ(仮名)/26歳

冗談交じりに言ったのでしょうね。親父ギャグも入っているようですが、女性としては、あまり聞きたくない言葉でしょう。

「性なる夜にしよう」

shutterstock_336716918

「去年のクリスマスは、彼とまだ付き合ったばかりでした。だから、お互いそこまで分かり合っていないところもありました。

食事をしていて、そこで彼が、“今日は性(セイ)なる夜にしよう”と、言ってきました。何を言っているのかわからずスルーしていたら、“性なるのセイは、セックスのほうの性……”と解説する姿が必死で、冷めました」ナナ(仮名)/29歳

かなりレベルの低いジョーク。解説を入れられないとジョークかどうかもわからないレベル。付き合いたてで、彼も勇気を振り絞っての誘い文句だったのでしょうが、残念です。

「白い液じゃダメかな?」

shutterstock_1564974676

「クリスマスに、男友だちに誘われて出かけたことがありました。イルミネーションを見たり、ライトアップされたツリーを見たりして、テンションも上がってきたんです。

そこで私が、“ここで雪が降ったら最高”と言いました。すると彼が、“白い雪か……”と。“白い液じゃダメかな?”と聞いてきたので、殴りました」ユイナ(仮名)/28歳

あまりに品のない言葉ですね。せっかく盛り上がってきたムードも台無し。友だちだから、かろうじて許せるところでしょう。

「サンタとヤッてるとこ想像して」

shutterstock_228045343

「去年のクリスマスは、彼の家でお祝いをしました。そこで彼が、サンタの衣装を着て、ヒゲも付けて、かなり本格的な仮装をしてくれました。

その格好のまま、キスをして、いい雰囲気になっていったんですね。すると彼が、“ほら、サンタとヤッてるとこ想像して”と言ってきて……。急に気分が悪くなりました」ジュン(仮名)/26歳

サンタクロースを冒涜するような言葉に、彼女としては、ガッカリだったようです。このような言葉を言われると残念に思う女性もいますよね。

“女子がドン引きしたクリスマスエッチの誘い文句”をご紹介しました。

せっかくのクリスマスこそ、バッチリ決めて欲しいところ。しかし、男性も、照れてふざけてしまうところがあり、このような発言をしてしまったのでしょう。軽い下ネタぐらいであれば、大目に見てあげてください。

無題

どんな指輪がほしい? 女性200人に聞いた「彼から贈られたい婚約指輪」

©Sebastian Siebert/shutterstock
©VGstockstudio/shutterstock
©Pavle Bugarski/shutterstock
©gpointstudio/shutterstock