男子禁制女子トーク!

カラダがビクビクッ…! 男がこだわる「おっぱいの責め方」4選

文・塚田牧夫 —
おっぱいをこよなく愛する男性は多いです。大きければいいというわけではなく、小さい方が好みという人もいるし、形を重視する人もいます。好みはそれぞれ。そこで今回は、“男がこだわるおっぱいの責め方”と題して、男性たちに話を聞きました。

素早く左右交互に

shutterstock_1273588069

「僕の責め方は、左右交互に責めることですかね。ひとつのおっぱいだけでなく、左を責めては右を責め、それを素早く繰り返します。

舌や唇を使って、下に上にとジグザグに責める感じですね。女性は結構喜んでくれますよ」ノボル(仮名)/30歳

素早く左右を責めることで、快感は倍増。意識が朦朧とするくらいの感覚になることもあるようですね。

円を描くように

shutterstock_693500446

「すぐ乳首を責めるのは素人でしょう。やっぱり乳首は最後。さんざん焦らしたあとです。

まずは、おっぱいの外側を撫でたり舐めたりします。乳首を中心に、円を描くようにね。で、だんだん中心に近付いてきて、最後に乳首。あとはもう、丸ごとガブリですよ」ノブキ(仮名)/29歳

焦らされると、早く触って欲しい……という気持ちが強くなり、乳首がより敏感になっていきます。欲求が最高潮に達したときの刺激は、大きな快感を生み出します。

優しく…ときどき強く

shutterstock_260900648

「おっぱいはデリケートですから。丁寧に扱わないといけない。だから優しく触って、優しく揉みます。

でも、ときどき強く揉むんですよ。ギュッてね。そうしたとき、女性のカラダがビクビクッてなるのが好き」ケイヤ(仮名)/26歳

責め方に緩急をつけるということでしょうか。女性のカラダを優しく扱うのは当然。でも、それだけでは女性も物足りない。ときどき、こういった強い刺激も欲しくなりますよね。

まったく触れない

shutterstock_567097900

「俺は最初、おっぱいにはまったく触れない。裸になっても無視。関心がないように装います。向こうから、“触ってくれないの?”って言わせるのが気持ちいい。

もしくは、自分から胸をくっ付けてきたりするし。ああいう健気なところに興奮するんですよね」シュンヤ(仮名)/31歳

これもまた、焦らしの一種でしょうね。そこにおっぱいがあるにもかかわらず、触れもしないというのは、なかなかの上級者。かなりSっ気が強いとも言えます。あえて触れずに向こうから求めさせるという、斬新な責め方です。

“男がこだわるおっぱいの責め方”をご紹介しました。

おっぱいが好きな男性が多いだけに、責め方にもそれぞれ特徴があります。相手は、女性の反応を窺っています。気持ちいいときは、分かりやすく声を出してあげてください。

©Roman Samborskyi/shutterstock
©Sotnikov Misha/shutterstock
©gpointstudio/shutterstock
©AlessandroBiascioli/shutterstock