男子禁制女子トーク!

エッチ目前で…ラブホで「機嫌が悪くなった」男の本音3つ

文・塚田牧夫 —
二人でホテルに行ったとき、もうエッチは目前ですから男性もテンションが上がっているはず。なのに、なぜか不機嫌になっている場合が……。いったい何が気に入らなかったのか。“ホテルに行ってから機嫌が悪くなった理由”について、経験のある男性に本音を語ってもらいました!

女性が慣れているのが気に入らない

「彼女とエッチするときは、たいてい俺の部屋でした。たまには変化も欲しいと思い、ある日、外で食事をしたあとラブホに行ってみようと誘いました。

俺は、あまり行ったことがなかったのでドキドキ。建物に入ると、部屋を選ぶパネルがあった。で、決めた部屋番号を受付に伝えたんです。そうしたら彼女が、“ボタン押すんだよ”と。

パネルにはボタンがついていて、それで選ぶようになっていました。そこで気付いた。彼女、慣れてる……。

廊下も堂々と歩いているし。部屋に入っても、それほど感動もなさそう。なんか、こっちのテンションが下がってきました」テルト(仮名)/33歳

彼女のほうが落ち着いていると、ちょっと負けたような気になるようです。それに、慣れているようだと、前の男の影も感じます。プライドが高い男としては、見たくない一面かも……。

思ったより金額が高くて後悔

「合コンしたとき、かなり酒を飲んで、酔った勢いでひとりの子をホテルに誘ったらOKが出たんですね。それで、二人で抜けました。その子と、また後日会うことに。

その日は土曜日でした。また飲みに行って、ホテルに誘いました。同じところのほうが入りやすいので、前回と同じホテルを選びました。

でも、なぜか料金が高いんです。そう、前回は平日だったから安かったんです。土曜は一万円近く高くなっている……。

僕の家にしときゃよかった……と後悔しました」コウヨウ(仮名)/29歳

ホテルは平日と週末とでは、だいぶ金額に差がある場合があります。忘れていると、予定外の出費にテンションが下がります。

部屋を比較されて不満

「彼女と付き合ってしばらくして、ホテルに行きました。彼女にとってラブホは初めてだったらしく、新鮮でテンションも上がっている様子でした。

風呂の広さやアメニティグッズの充実度などに感動。ベッドの広さや綺麗さにも、“よく寝れそう~”と喜んでいる。

しかし、次第に、なんか俺の部屋と比較しているように聞こえてきて、汚いとバカにされてるような気分になってしまった。

それからしばらく不貞腐れてしまいました。大人気ないですが……」ユウヘイ(仮名)/32歳

あまり過剰に褒めると、比較しているように聞こえるかもしれません。それでも最後に、“やっぱり部屋のほうが落ち着くね”なんて言ってあげると、男性も喜ぶのでは?

“ホテルに行ってから機嫌が悪くなった男の本音”をご紹介しました。

男は意外と繊細ですから、女性の些細な言動に不満を覚えてしまうことがあります。ホテルに行った際は、男性の性格などから予想して、求めているリアクションが取れるようにしておくといいですね。

電気代が安くなる…今ドキ女子が気軽にやってる「節約エコ術」9選

© conrado / shutterstock
© boonchoke / shutterstock
© Shunevych Serhii / shutterstock