愛する彼女でも…「潔癖男性」がHのとき許せないコト3選

文・並木まき —
世の中には、ロマンチックなエッチのタイミングでさえも、女性に対してイチャモンをつける“潔癖男性”が存在するようです。“潔癖男性”と交際経験のある女性たちに話を聞いてきました。

1:ベッドに入る前に足裏を洗わされる

「外から帰ってきたままの服で、ベッドに座られる・寝転ばれるのを嫌がるというのは、よくある話だと思うんですが……。

前に付き合っていた潔癖彼氏は、シャワーを浴びていざベッドイン!というときなど、どんなにいい雰囲気でも『もう一度、足の裏を洗ってからベッドに入って』と、言ってきました……。

最初のうちはムードぶち壊しの彼にウンザリしていましたが、慣れって怖いですね。そのうち、自分でベッドのそばに除菌ウェットティッシュを置き、それで足を拭いてからベッドに入るようになりました(笑)」(34歳女性/保険)

潔癖な男性は、愛する彼女にもマイルールを押し付けてきがち。すでにお風呂で洗ったあとの足裏の汚れに難癖をつけてくるとは、お家デートのたびに苦労しそう!

2:ワキ毛チェックが厳しすぎる

「今付き合っている彼は、女性のワキ毛が大嫌いらしく、ちょっとでも生えているのを見ると萎えちゃうようです。なので、いつもエッチの前には電気をつけてワキを入念にチェックされるんです。

私は永久脱毛をしていないので、普段きちんと処理していても、時間帯によってはちょっとだけ生えてしまっていることがあるんですよね。少しでも生えている毛があると『バスルームに行って、処理してきて』と言われます……。

以前、ワキ毛ボーボーな女性とワンナイトエッチをしたとき、その子のワキが猛烈に臭く、それがトラウマになっているらしいんですけど、潔癖すぎると思います……」(30歳女性/アイリスト)

女性のワキ毛を苦手とする男性は確かに少なくありませんが、一切許さないとなるとかなりの潔癖かも。エッチの度に、明るいところでワキチェックをされる彼女の気持ちを考えると、お疲れ様としか言いようがありません……。

3:何度も手を洗うように指示してくる

「この前別れたのですが、2年間付き合っていた元カレは、とにかく潔癖でエッチにまったく集中できませんでした。

彼は、自分の体液が自分の肌につくのさえ嫌がるタイプで、エッチ中に彼の体液が私の手などにつくと、『しっかり洗ってきて』とエッチを中断してきました。

雰囲気も壊れるし、手を洗いすぎてカサカサになっちゃうしで、ぶっちゃけ自分でも、よく2年も付き合ったなって感じです」(32歳女性/広報)

潔癖男性は「後でいいか」と、一旦汚れを許容することさえできないようです。エッチの最中に何度も手を洗いに行かされるとは……。想像しただけでも疲れてしまいます。

潔癖男性はどんな状況でも、身の回りが清潔に保たれていないと不機嫌になりがち。このような男性と付き合うと、慣れるまで少し大変そうですね。

セックス-記事も読む-_バナー


「男が触れたくなる髪」のケア方法知ってる…? – PR

© garanga /shutterstock
© Vladimir Gjorgiev /shutterstock
© nd3000 /shutterstock