男子禁制女子トーク!

彼のアソコでイク…!本当の「中で感じるセックス」をする方法

文・遠藤加奈 PR・ LCラブコスメ — 〔PR〕
「挿れていい?」彼の指や舌での愛撫を堪能していたら、突然彼の動きが止まり、そう言われてしまう。愛しい彼と一つになる喜びもセックスの醍醐味ですが、彼に前戯よりも挿入を優先されると、少し物足りなさを感じることも……。必死に腰を動かす彼を見ながら、「前戯の方が気持ちよかったのに!」と思う女性は少なくないはず。実際、挿入よりクリトリスでイケる女性の方が多く、LCラブコスメの調査では「膣で感じる中イキ派」か「クリトリスで感じる外イキ派」かという問いに対し、80%が「外イキ派」と回答。しかし、いくら前戯の方が気持ちいいとしても「彼とひとつになり、同時にイキたい」と思うのが女心というもの。「中イキ派」と「外イキ派」の女性では、一体何が違うのでしょうか?

挿入で感じられないのは“締まり”が原因!?

「挿入で一緒にイキたい」と思っているのは女性だけではありません。LCラブコスメに寄せられた、男性の本音をご紹介しましょう。

「挿入中に一緒にイケる女性には相性の良さを感じ、『手離したくない!』と思います」(20代/男性)

「中で感じてくれると自分が彼女を気持ちよくさせたと思えて、男としての自信につながります」(30代/男性)

「中イキのときはすごく気持ちよさそうに見える。挿入中に彼女がイクと自分も気持ちよくなれるので嬉しいです(40代/男性)

実は、男性も「中イキ」できる女性を求めています。やはり「中イキ」を習得すれば、彼も自分もお互いに満足する相性抜群のセックスになりそうです。

では、「中イキ派」の女性と「外イキ派」の女性の違いはどこにあるのでしょうか。

挿入でイケないのは彼のテクニック不足やサイズのせいでなく、“女性のアソコが彼にうまくフィットしていないから”という可能性があります。

挿入時に彼自身の動きや感覚が伝わりにくいのは、中での密着感が弱く、摩擦での快感を得にくいから。つまり、挿入で快感を得られないのは女性側の締まりが原因なのかもしれないのです。そして、それは男性側も同様で、十分な快感を得られないために頑張って腰を振り続けている場合もあります。

実際に、LCラブコスメが男性に行ったアンケートでも、「彼女とのフィット感が弱めで、あまり気持ちよくない……」「女性側は僕のことを“遅い”と思っているみたい。“本当はアソコがゆるいからイケない”のだけど、本音は言いにくい」など、衝撃的な声がいくつも聞かれました。

あなたが「まだイカないの?早くイってくれないかな……」と密かに願っているとき、彼も「アソコがゆるくてあんまり気持ちよくない!」と思っているのかも。挿入を「気持ちよくない」と思っているのは、男性も同じだったのです。

挿入で思いっきり感じて「中イキ」するためには、まずはアソコの締まりをアップさせる必要があります。あなたの締まりがよくなれば、彼の動きや形をはっきり感じられ、膣の中の性感帯をピンポイントで刺激してもらえますし、女性が快感を得られれば膣の内壁が充血し、より締め付けがアップ。そして、彼もあなたの中で思いっきり感じることができ、お互いがどんどん気持ちよくなり、挿入中の「同時イキ」も可能になるのです。

そうとわかれば、すぐにでもアソコの締まり、つまり膣圧を鍛えるトレーニング“膣トレ”を開始しましょう!

同時イキも叶う!彼が悶絶し、女性の感度もアップ

実際に“膣トレを”始めた女性たちは、こんな「中イキ」体験をして、彼とのセックスを楽しんでいます。

「数回使ってみると“締める”感覚というのがわかってきて、膣トレを続けていました。びっくりしたのは、使いはじめてからの彼の反応!これまでは、何度も私を気持ちよくさせてから最後に一緒に、という感じだったのですが 『なんか、すごく締まってる!』『ごめん、先にいい?』と苦しそうな声で言われました!いつも余裕のある彼なので驚きましたが、たしかにいつもより中に入っている形がわかって今までで一番気持ち良かったです!」ゆずき(仮名)26歳/スタイリスト

「膣トレを始めてから、かなり彼の反応が変わりました。彼が切なそうに、我慢するのが精一杯という顔をして『今日何かした?もう無理だよ……』と言って、あっという間に息を切らしていました。内心ガッツポーズでしたが、トレーニングの成果は私にもあったみたいで、彼の形はわかるし、いつもより感度が上がっていたようで、凄まじい快感に襲われました。とても満足感のある夜を過ごすことができました」まぐの(仮名)23歳/フリーター

やはり膣トレをすると、彼が入ってきたとき、彼の形がダイレクトに伝わり、感度がアップするよう。ここまで敏感になれたら、彼との「同時イキ」も叶えられそうです。

この女性たちが“膣トレ”に使っていたのは、膣に入れて内側からエクササイズをする『LCインナーボール』と、デリケートゾーンの肌を引き締める『LCジャムウ・デリケートパック』がセットになったLCラブコスメの『膣トレセット』

『LCインナーボール』は、2つのボールが連結した落花生のようなキュートな形。1日10分アソコに挿入し、内側から膣圧を鍛えます。素材は医療用器具にも使われる「エラストマー」を使用。ぷにぷにとソフトな感触と優しいパステルカラーの見た目が可愛く、無理のないサイズ感なので、初めての方でも安心です。

そして、デリケートゾーンの肌を引き締める『LCジャムウ・デリケートパック』の使い方は、ジェルをアソコに塗って数分置き、洗い流すだけ。おりものやニオイの元も一緒に洗い流せるので、デリケートゾーンの清潔感も同時にキープ。クンニのときも、アソコのニオイを気にせず快感に没頭できます。


「普段、2回はできないと言っていた彼から2回戦目のお誘いが……!」「彼が入ってきたときに、 彼の形をはっきり感じることができました」など、彼も自分も感度アップしたという喜びの声がたくさん届いています!

挿入がもっと気持ちよくなる『膣トレセット』

『LCインナーボール』で10分間の“膣トレ”をして、バスタイムには『LCデリケートパック』でキュッとした印象と清潔感を与えるためのケア。この『膣トレセット』で彼を悶絶させてしまう“締まるアソコ”を作れば、前戯も挿入も両方思いっきり楽しめるはずです。

セックスのとき「挿入で感じられない」「指や舌での愛撫でしかイケない」「一緒にイケない」という悩みがあるのなら、まずは1日10分のトレーニングを始めてみてください。今までとは比べものにならないほど、彼とのフィット感を感じられるはず。そして、彼と繋がったまま一緒に中で絶頂を迎えられたら、きっと今までのセックスでは味わえなかった快感と満足を2人で体験できるでしょう。

「LCラブコスメ」は、女性だけで運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。女性ならではのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。「ラブコスメ」で検索すれば、これまで誰にも相談できずにいたお悩みにもピッタリのラブコスメがきっと見つかるはず。

【参考】
LCラブコスメ-LCジャムウ・デリケートパック
LCラブコスメ-LCインナーボール
LCラブコスメ-膣トレセット

【関連記事】
初セックスで決まる!? 「一夜限りの女」と「何度も抱きたい女」の決定的な違い

マダムなアソコが…!「クンニできなくなった男」が本音を暴露

92%の男性がムラッ…彼を欲情させて、セックスに導く2ステップ

彼と一緒に中でイケた…!挿入で「中イキできた」女の秘密とは