男子禁制女子トーク!

男が本命昇格を決めた!セフレ女子からの「深刻LINE」2選

文・塚田牧夫 —
セフレかと思っていたら、本気になってしまった……男性にとって、そんな恋も少なくはありません。今回は、セフレを本命に昇格させた男性に、そのきっかけとなった「セフレからのLINE」について聞いてみました。

「妊娠した」

「彼女がいて、セフレもいたんだけど、彼女とは長くて、でもきっかけがないから、子供ができたら結婚しようかと思っていた。だから避妊していなかったんだけど、なかなかできなかったんですよね。

さらに、彼女が『実はあまり子供は欲しくない』なんて言い出して、俺は子供は絶対に欲しいと思っていたから別れたんです。

それくらいの時期に、セフレと避妊しないでエッチしてしたんです……。もちろん、同意ありで。

そしたら一発で“妊娠した”ってLINEが。彼女と別れたタイミングもあったけど、妊娠したならこの子が運命なのかな……ってセフレに対して思った。

責任がどうしたとか、そういう話はいっさいなく、ただ一言『妊娠した』だけのLINEだったけど、俺はそのLINEで将来を決めました。お互いその覚悟があったので、そのまま結婚しました」(タケシ/商社勤務/31歳)

「好きな人がいるから、一生彼氏ができない」

「『どうしても好きな人がいるから、私は一生彼氏ができない』とセフレがLINEで言ってきた。

『どんな人?』と聞くと、『エッチがうますぎ』とか、『その人でしか感じない』とか言われ、微妙にジワジワと嫉妬する自分に気がついて。

でも、話が進むにつれ、それはどうやら俺なんじゃないかって感じるようになり……。嫉妬しちゃったというのもあったのかもしれないけど、『なら俺と付き合おうぜ』と、ついつい言ってしまった。それが俺であるかどうかを確認するかのように。

『えー…』と返信がきたときのドキドキ感。『え、俺じゃないのか…!?』と思ってドキドキして、相手のことをもう好きになってしまっている自分に気がついた」(セイジ/IT/29歳)

“セフレ”というぬるま湯のような状況を壊すことが、本命昇格のキッカケになるようですが、それをどうタイミングよく、上手に行うかが鍵となるようですね。頑張ってください。

#恋愛 記事、
#エッチな記事 もチェック……!?

美スッピンへの第一歩!みんな挑戦してるアレ知ってる? – PR

(C) wavebreakmedia / Shutterstock
(C) fizkes / Shutterstock