男子禁制女子トーク!

彼女から降格も…?いつの間にか「セフレにされていた女」の体験談3つ

文・塚田牧夫 —
出会った男性と親しくなり、交際に向けて順調に進んでいると思いきや、突如現れた落とし穴……。思いがけないことがあるのが、恋愛というものです。そこで今回は、“いつの間にかセフレになっていた女”というテーマで女性たちに話を聞きました。みなさんもお気を付けください!

入院を期に

「私は趣味でボルダリングをやっています。そこで知り合った男女仲のいいグループがあるんですが、彼はそれをあまり快くは思っていませんでした。

普段はジムで登っていますが、たまに外の山に登りに行くこともあります。そこにグループで行くことになりました。でも、彼はやっぱりいい顔はしない。それを無視して行っちゃったんですよね……。

そうしたら怪我をしてしまい、一週間ほど入院するハメに。彼は最初の一日だけお見舞いに来てくれました。

ただ、そこから彼の態度が変わった。あまり連絡が来なくなり、会う頻度も減り……。会ったと思えば、エッチだけするような仲に。もう、セフレみたいな感じでした。

そのことについて思い切って尋ねたら、彼が正直に“好きな子がいる”と。別れて欲しいと言うので、“ふざけんな”と言い返したら、“山がお前の恋人だろう”と言われてしまいました」チナ(仮名)31歳

立場逆転かと思いきや

「彼には、付き合っている女性がいることを知っていました。だからセフレとしてスタートしたわけですが、その彼女があまり可愛くなかったんです。だから、勝つ自信があったんですよね。

すると案の上、しばらくして私のほうに頻繁に連絡が来るようになり、会う回数も増えてきました。正直、勝ったな……と思いましたね。ただ、その余裕を持ったのがいけなかった……。

またしばらくして、今度は連絡が少なくなってきたんです。おかしいと思い、思い切って尋ねてみました。

“一時期は本当に好きだった”と。でも、“素っ気なくなって違うなと思った”と……。

いつの間にか本命になり、そしていつの間にかまたセフレに戻っていました……。余裕が裏目に出た」ジュリ(仮名)/27歳

エッチしてないのに

「かなりスペックの高い男性を好きになりました。彼女がいないということで、狙っている女性もめちゃくちゃ多かった。

女子のなかには“エッチした”と喜んでる子もいたけど、彼は絶対そんな子とはちゃんと付き合わないと思っていました。

ひとり共通の男友だちがいて、その人が情報を教えてくれた。彼は言っていたそう。“付き合う前にエッチするような軽い女とは付き合わない”。やっぱり!

ということは、私にはまだチャンスがある……と思ったんだけど、その友だちが“あれ、ヤッてないの?”と言うんです。“ヤッた、てかセフレって言ってたような……”。いやいや! 

彼のなかではエッチしたことになってる? あまりに寄ってくる女の人数が多すぎて、把握し切れなくなったのか……。

すると、ほどなくして彼女ができてしまいました。なら、エッチしとけばよかったか?」ケイミ(仮名)/27歳

“いつの間にかセフレになっていた女”をご紹介しました。

セフレから本命への昇格は、なかなか難しいと言われています。となれば、セフレと見なされたら終わり。それでもしぶとくしがみつくのか、新たな道に進むのか、その先の判断もまた難しいところでしょう。

#恋愛 記事、
#エッチな記事 もチェック……!?

美スッピンへの第一歩!みんな挑戦してるアレ知ってる? – PR

(C) Lisa S. / Shutterstock
(C) nd3000 / Shutterstock
(C) Ollyy / Shutterstock
(C) Goran Bogicevic / Shutterstock