男子禁制女子トーク!

男のHな本音♡「濡れやすい女」or「濡れにくい女」どちらが好き?

文・塚田牧夫 —
人は見た目に違いがあるように、体質にも個人差があります。エッチな面でいうのなら、女性には「濡れやすい」と「濡れにくい」といった差があります。優劣があるわけではないですが、男性にも好みがあるようです。さて、男性諸君はどちらを支持するのでしょうか?

濡れにくい派:「遊んでるイメージが…」

「体質の問題ということは分かっているんだけど……。どうしても、濡れやすい女性に遊んでいるイメージを持ってしまう。本当に偏見なんですけど、今までたくさんの男に抱かれてきたんだろうな……って思ってしまって苦しい」カズ(仮名)/28歳

もちろん、濡れやすいからといって、遊んでいるわけではありません。でも、そこを結び付けて考えてしまうのも、男性のリアルな意見なのかもしれませんね。

濡れやすい派:「自信になる」

「前の彼女がすごく濡れやすいタイプでした。最初、俺のテクニックってこんなに凄かった……?って自信を持ったけど、毎回濡れているので違うことに気付きました。でも、反応がいいとやっぱり嬉しいですよね」シゲハル(仮名)/30歳

男性が、自分のテクニックのレベルを図る目安に、女性の喘ぎ声があります。しっかり声が出ていれば、自信につながります。濡れているかどうかは体質ではあるものの、やはり目安にはしているようです。

濡れにくい派:「シーツにシミが…」

「合コンでお持ち帰りしたとき。その子が凄く濡れやすい子で、シーツまでベチャベチャになりました。嬉しい気持ちもあるんだけど、不快な気分のほうが勝っちゃったんですよね。次エッチするときはホテルにしようと思いました」ダイキ(仮名)/32歳

エッチすれば、多少シーツが汚れるのも仕方ない。それが我慢できないレベルだったんでしょう。タオルでの応急処置も方法としてはあるんですけどね。もう家に招きたくない……と思ってしまうこともあるようです。

濡れやすい派:「時間ないときに最適」

「セフレとエッチするときなんかは、そんなに時間かけたくないじゃないですか? 性欲だけを満たせればいいし。そういうときは、濡れやすいとありがたいですよね。うちに来て、すぐ繋がれるのは最高です」タクマ(仮名)/30歳

性欲を満たすのが目的のエッチであれば、濡れやすい体質は最適かもしれません。ただ、そこに愛はありませんから。女性としてはそこで満足すべきではないでしょう。

“濡れやすい女”と“濡れにくい女”に対する男性の意見をご紹介しました。

あらかじめ男性に申告する女性もいないでしょう。男性としても、エッチしてみないと分からないところではあると思います。ただ、これが直接の原因で別れてしまったという話は聞きません。どちらの体質でも、気にしすぎる必要はないかも。

#恋愛 記事、
#エッチな記事 もチェック……!?

男が「この女、ちょっと太ってるな…」と思う瞬間3選 – PR

(C) Goran Bogicevic / Shutterstock
(C) 4 PM production / Shutterstock
(C) 4 PM production / Shutterstock
(C) Goran Bogicevic / Shutterstock