男子禁制女子トーク!

ラジオから元カノが…?男が萎えた「エッチ中の恐怖体験」3選

文・塚田牧夫 —
エッチするときは、誰だって行為に集中したい。ただ、快感の海に溺れていたいですよね? でもときに、一気に我に返るような、恐怖の出来事に見舞われることもあるようです。そこで今回は、“エッチ中の恐怖体験”について男性たちにエピソードを語ってもらいました!

エッチ中にラジオから…

「付き合っていた彼女がいたんですが、俺に好きな子ができてしまいました。半ば強引に彼女に別れを告げ、その子と付き合うことになりました。

盛り上がってましたからね。エッチもめちゃめちゃ気持ちいい。あるとき、俺の部屋でイチャイチャしてて、またエッチな雰囲気になったんです。

うちにはテレビがないのでよくラジオをかけてるんだけど、そのときもFMラジオが流れていました。DJが有名な人で、よく聴いてる番組。エッチしながらも、なんとなくDJの言葉が耳に入ってきた。

リスナーから届いたハガキを呼んでいて、どうやら男にフラれた女性の話のようでした。“先月別れた”とか“花見の帰りに言われた”とか、そのような内容が断片的に聴こえてきた。

でも、それがなんか聞き覚えのある内容だったんです。俺と元カノのシチュエーションになんとなく似てるな……頭の片隅で思っていました。

すると、ハガキの最後です。“大好きだったよ。ダイちゃん……”と。俺の名前……。たぶん元カノ。なんてタイミングで……。ゾッとしました」ダイキ(仮名)/30歳

カーテンの隙間から…

「彼女と付き合いだして、初めて家に遊びに行ったときでした。夜、ベッドでエッチなことをしてたんですよ。すると、フワッとカーテンが揺れたんです。

窓が空いてるんだ……と思ったんです。風で揺れたんだと。で、視線を向けたんですよね。すると、ちょっとだけできた隙間に、人影が見えたんです。俺が見た途端、サッと移動した。覗きだ!って思うじゃないですか?

エッチをいったん中止して、窓際に立ったんです。そうしたら、窓が開いてないんですよ。しかも、しっかり鍵も締まってる。彼女に“誰かいた気がして……”と言ったら、“そんなはずない”と。

そう、確かにここはマンションの五階。さらにカーテンを開けてみると、川沿いで向かいに建物も何もない。俺はいったい何を見たんだろう……と、その後のエッチはまったく集中できなかった」トク(仮名)/32歳

隣の部屋の声に反応して…

「学生のときです。アパートにひとり暮らしをしていたんですが、そこに彼女が遊びに来ました。すると、隣の部屋から“あんあん……”と女性の甘い声が聞こえてきた。

学生が多く住んでる安いアパートだったんでね。仕方ないんです。で、その声に触発されて、俺もムラムラ~ってきちゃって、彼女とのエッチが始まりました。

しばらくすると、なんか違うほうからも声が聞こえてきたんです。なんと、反対側の隣の部屋もエッチをし始めてた。さらに、上の階からも、ベッドがギコギコいう音が聞こえてきました。

そこらじゅうでヤッてる……。やべぇアパートだなと、若干引きました」リョウジ(仮名)/28歳

“エッチ中の恐怖体験”をご紹介しました。

エッチ中は、快感の妨げになるようなものはなるべく排除しておきたいところ。最高のエッチがしたいのであれば、環境を整えることも大事ですね。でも、たまにはこういった体験も、良い刺激になるかも……?

#恋愛 記事、
#もっとエッチな記事 もチェック……!?

ダイエットしてるのに、全然変化が見られない…そんなあなたは今すぐチェック! – PR

(C) B-Media / Shutterstock
(C) Olinchuk / Shutterstock
(C) coka / Shutterstock