アンアンからニュースを配信します!

告白だってプロポーズだって「したいと思ったら、する」! 恋する力をUPする方法

2016.12.1
恋をつかむためには、タフな精神力が求められることも。思考と行動の訓練をして前進あるのみ!

恋の握力を底上げする秘策について、働く女性のためのコンサルティング会社「ジョヤンテ」代表の川崎貴子さんと、心理カウンセラーの塚越友子さんが教えてくれました。

自分の中にいる「無邪気」な部分をケアして情緒を安定させる。
自分の中にいる「無邪気」な部分をケアして情緒を安定させる。

強気な自分の中にいる“親指姫”を可愛がる。

「こじらせている女性の原因が、自分の奥深くにある“女の子”であったり“無邪気”な部分を認められないことにあるケースもしばしば。そうして、可愛らしい部分は内に秘めているくせに、男性と何かあるとプライドを刺激され、途端に戦闘スイッチオン! “こんな扱いをうけるなんて”と怒るのです」(川崎さん)

「親指姫は他人に頼らず、自分でケアするほうが楽なのです。可愛いものを見て癒されましょう」(塚越さん)

「したいと思ったら、する」の思考で、シンプルに自分から動く。
「したいと思ったら、する」の思考で、シンプルに自分から動く。

女から選ぶ、女から愛する、作法を身につける。

「恋愛や結婚をしたいと思っている女性は、告白やプロポーズを待っている場合ではありません。欲しいものがあれば、自分から能動的に動き、取りに行きましょう。もし相手に断られたり、“結婚に向いてない人だ”と感じたときは、執着せずに自分からリリースして、速攻で次に行くのです。自分で決定できるのは、自分の決断に責任を持てるということ。人に依存せず自立していることが、恋愛に不可欠な条件です」(川崎さん)

≪「したいと思ったら、する」で恋を進めてみよう。≫

  1. この人いいかもと思ったら、連絡先を聞く。
  2. 二人で会いたいと思ったら、デートに誘う。
  3. 付き合いたいと思ったら、好きと伝える。
  4. 同棲したいと思ったら、相談する。
  5. 結婚したいと思ったら、プロポーズする。
かわさき・たかこ 働く女性のためのコンサルティング会社「ジョヤンテ」代表。婚活結社「魔女のサバト」を主宰。http://ninoya.co.jp/service/sabbath

つかこし・ともこ カウンセラー。「東京中央カウンセリング」主宰。テレビや雑誌などのメディアで幅広く活躍中。http://www.tccounseling.com/

※『anan』2016年12月7日号より。写真・土佐麻理子 スタイリスト・柳 理央 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・奥間 唯 イラスト・羅久井ハナ 文・重信 綾

(by anan編集部)