トレーニングが長続きする仕掛けが満載。 今度こそ「理想のカラダ」になれるはず!【anan編集部リレー日誌】

2022.7.12
体型の悩みを解消したり、シェイプアップするために、読者のみんなはどんなトレーニングをやっているのだろう? 今回の特集を作るにあたり、まずはそれを知りたいと思い読者アンケートを実施しました。

回答でいちばん多かったのは、筋トレです。そのほかには、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動、ストレッチ、ヨガ…。やはりおうちで手軽に始められるものが上位。宅トレとして定着したYouTubeトレという人も。そして気になったのは、「家でやってましたが、長続きしませんでした」という意見がすごく多かったこと。何かの理由でいちど中断してしまうと、そのまま再開せず終了ーー!というのが、一人で宅トレのお決まりのパターンですよね。続けるにはやっぱり、ジムやスタジオのレッスンに通うとか、トレーナーさんにマンツーマンでサポートしてもらうのが理想的ですが、それはそれでいろいろとハードルが高いのも事実。“一人でも長続きする宅トレ”。まあ、トレーニングの永遠のテーマの一つですが…、そんなジレンマをなんとかできないかと考えたのが、巻頭の「なりたいカラダ別カスタムメイド自宅トレ」のページです。

ご協力いただいたのは、いま都内を中心に43店舗を構えるパーソナルトレーニングジム「Apple GYM」の纐纈英二トレーナー。あの、かまいたちのお二人のボディメイクを担当。史上最高のカラダに仕上げた方です。教えていただいた筋トレの種目はどれもベーシックなものばかり。でもポーズや動きが複雑だと、まずカタチを覚えるだけでも大変。それだと長続きしません。大事なのは、姿勢やポジション、動作をいかに正しくできるかどうか。今回はそこにこだわって、注意するポイントをかなり詳しく教わりました。今はトレーニング動画が人気ですが、画面の中の先生のポーズや動きを忠実に再現できているかといえば、動画はどんどん先に進んでいってしまうので、実は案外できていなかったりします。手をつく位置だったり、膝の角度だったり、そういう細かいポイントの一つ一つを確認しながら正解を覚えられるところも、雑誌の強みだなぁと、いつも以上に感じました。トレーナーさんがそばで教えてくれているような、モチベーションを上げてくれる纐纈さんのコメントもいっぱいで、長続きする要素が詰まったページになっています!

最初の「下腹を凹ませる」3種目。これらをどれくらいの間続けたら、ウエストサイズが変わりますか? と尋ねたら、「2週間できっと結果が出ると思います!」と、纐纈さん。みなさんも、ぜひ自分の気になる部位を変えて「理想のカラダ」を手に入れてみてください! (K・M)


立ち読み、詳細はこちらから
https://magazineworld.jp/anan/anan-2307/

ananwebでも今週の記事を配信しています。
https://ananweb.jp/