中島裕翔さん 表紙撮影の様子を紹介 anan2306号「ジャパンエンタメの新境地」

2022.7.5
7/6(水)発売のanan2306号「ジャパンエンタメの新境地」の表紙はHey! Say! JUMPの中島裕翔さん。表紙撮影のエピソードを紹介します。

中島裕翔さんだからこそ表現できたファッションストーリーは永久保存版!

an2306_H1-4.indd

7月14日からスタートするドラマ『純愛ディソナンス』で主演を務めるHey! Say! JUMPの中島裕翔さんがananの表紙に登場! 中島さんのスタイルの良さが引き立つ様々なジャンルの衣装を着ていただき、情緒的なシーンはもちろん、全体的にモードなファッションにフォーカスした撮影をさせていただきました。

多忙なドラマ撮影の合間を縫って行われた今回の表紙撮影でしたが、そんな疲れは全く感じさせない元気な挨拶とともにスタジオ入りされた中島さん。梅雨入り前の気持ちの良い気候の中、着て来られた私服の軽やかなナイロン素材のコートがとても素敵でした。(私服をもっと見たい…!)

今回の撮影はファッション誌で活躍されているカメラマンとスタイリストの即興で、時間内にできるだけの衣装を着ていただき撮影をするという、いつものananとは異なるかなり変わったスタイル。「次はこの服かな?」と言うスタイリストに「だったら、屋上だね」「グレーのペーパーを敷こうか」とカメラマンがその場で答えて、次々と撮影させていただきました。

メイク入りする前に、今回の撮影のコンセプトをお伝えすると「面白そうな撮影ですね! 楽しみです」と笑顔でリアクション。まずはパーカを着て、屋上から撮影がスタートしました。普段モデルとしてもご活躍されている中島さんは、表情もポージングもこちらがイメージする雰囲気を完璧に受け取ってくださり、もはや3人の即興シューティング。撮影は終始盛り上がりながらグングンと進んでいきました。1ページ目のカラフルなジャケットが目を引く力強いカットから、6ページ目の窓際で佇みしなやかな色気を放つ中島さんなど…たくさんの“彼”をおさめることができたと思います。

最終的に着ていただいた衣装の数は、なんと11! 中島さんの11日に密着したようなグラビアをぜひ誌面でお楽しみください。(ところどころお腹に巻いているのは、腹巻きです!)

インタビューでは、ドラマの撮影現場での話からHey! Say! JUMPの15周年を迎えての意気込みなど深く語っていただきました。最近アニメにハマっているとおっしゃる中島さんが、特に号泣したアニメもお伺いしています。中島さんだからこそ挑戦できた、新しい試みのグラビア。お部屋に飾っていただけると嬉しいです。(K)

IMG_4999

表紙の撮影セットは、アクリル板に水を吹きかけて作っていきました。結構シュールな空間ですが、中島さんが立つとグッとムードが引き立ちました!

立ち読み、詳細はこちらから
https://magazineworld.jp/anan/anan-2306/

ananwebでも今週の記事を配信しています。
https://ananweb.jp/