山田涼介×有岡大貴 表紙撮影の様子を紹介 anan2300号「カラダを正す、骨格リセット。」

2022.5.24
5/25(水)発売のanan2300号「カラダを正す、骨格リセット。」の表紙は、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんと有岡大貴さん。表紙撮影のエピソードを紹介します。

15年以上連れ添ってきたからこそ表現できる“相棒”感を全開で! 尊い“ありやま”をご堪能ください。

an2300_H1-4.indd

公開中の映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』主演を務めるHey! Say! JUMPの山田涼介さんと、映画『シン・ウルトラマン』に出演している有岡大貴さんが、ananの表紙に登場! バディの魅力がより引き立つ3つのシーンに分けて、撮影をさせていただきました。

まずは、表紙にもなったモノクロカットの撮影からスタート。先に有岡さんが「お願いしますー!」と元気にスタジオ入り。その後、山田さんも明るい挨拶とともにいらっしゃいました。有岡さんが先にヘアメイクをしているところに、ひょこっと話をしに行った山田さん。着用した衣装の着方について「この服、これで合ってるよね!?」と、仲良く談笑されていました。

いざ撮影が始まると、クールな目線から、甘い笑顔、おどけた表情など、編集部からの難しいオーダーにも完璧に応えてくださり、素敵な写真の仕上がりに。1ページ目でコマ送りのようなデザインで載せていますので、ぜひ誌面でご覧ください!

次は、特集の内容ともリンクさせて“ストレッチ”をテーマに撮影。ストレッチゴムを使って自由に動いてください、という注文に、「そんな動きまで!?」というぐらい想像以上のポージングを見せてくださいました。「何そのポーズ!」と楽しくわちゃわちゃツッコミ合うお二人に、現場の雰囲気がより明るくなりました! ゴムの持ち手をメガネみたいに目に当てている有岡さんにも注目です!

最後は、アメリカンダイナーをイメージしたセットの中で、お二人に黒スーツを着ていただきました。明るくポップというよりは、街の外れにあるような少し怪しげなダイナーという設定。一仕事終えたバディがふらっとお店を訪れ、コーヒーブレイクをする様子をおさえました。緩めた首元のネクタイや、腕まくり、胸元に輝くシルバーアクセなど、色気ポイントがたくさんありますので、お楽しみいただけると嬉しいです。

インタビューでは、新曲や映画のことから、お互いの俳優業についても熱く語っています。映画の稼働などで多忙を極める中でも、元気に撮影を楽しんでくださったお二人に感謝の気持ちでいっぱいです。

必読の内容になっていますのでぜひチェックしてください! (DK)

立ち読み、詳細はこちらから
https://magazineworld.jp/anan/anan-2300/

ananwebでも今週の記事を配信しています。
https://ananweb.jp/