贅沢すぎる!? 名作シリーズ映画の新たな楽しみ方。【anan編集部リレー日誌】

2021.10.12
映画観賞は好きだけど、実は誰もが知っている"あの名作シリーズ映画"を観たことがない…という人も多いのでは?

かくいう私もその一人で、長く続いている作品こそ、なかなか手が伸ばせず。「ミッション:インポッシブル」、「マトリックス」、「インディ・ジョーンズ」などなど、お恥ずかしながら観たことないシリーズ作品は数知れず…。

しかしきっと続いているものには、相応の理由があるに違いない。ならばその魅力を映画賢者の方々に教えてもらい、シリーズもののハードルを下げてもらおうという魂胆で、今回「名作シリーズ映画」にフィーチャーしたページを作りました!

お話を伺ったのは、ラジオなどで展開する独自の映画批評が人気の、ライムスター宇多丸さん。日本でもトップクラスの映画好きである宇多丸さんに、改めてこんなことを聞いてよいのかと内心ドキドキしながら取材に臨んだのですが、非常にお優しいこと…。『007』シリーズを例に挙げながら、約2時間ノンストップでその魅力を熱量たっぷり語ってくれました!

宇多丸さん曰く「『007』は、とにかくアバンタイトルに注目!」とのことで、私も校了作業中のリフレッシュに、オープニングだけをザッピングしてみることに。

実際に観始めると、本当に見どころ満載で、すぐにその世界観に引き込まれ、規格外のド派手アクションや、芸術性の高いタイトルバックなど、圧巻の映像体験を味わえました!

個人的には、ダニエル・クレイグが初出となった2006年公開『007/カジノ・ロワイヤル』のモノクロシーンが特に印象的でしたが、宇多丸さんのおすすめは一体…? その答えは、本誌にてチェックを。

他にも映画情報を届けるYouTubeチャンネル「シネマンション」MCの3人に、代表的な名作シリーズ映画5作品の見どころも伺いました。
みなさんのほとばしるシリーズ映画愛を、ぜひ、ページから感じていただけますと幸いです!(SA)


立ち読み、詳細はこちらから
https://magazineworld.jp/anan/anan-2270/

ananwebでも今週の記事を配信しています。
https://ananweb.jp/

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。