前田美波里が20~30代にアドバイス! 素敵な40代を迎えるためにすべきこと

2021.7.25
人生の先輩的女性をお招きし、お話を伺う「乙女談義」。今月のゲストは俳優の前田美波里さん。第3回は、素敵な40代を迎える術を伺います。

30歳を前に、人生の岐路が訪れた…。

2259 maeda1

29歳で芸能界に復帰。でも所詮私は“踊りが好き”なだけで実力もない。そんな夢ばかり見ていた私に、当時作家の有吉佐和子さんが、自作のミュージカルに出ないかと声をかけてくださったんですが、そのとき言われたのが、「歌や踊りの前に人間を言葉でちゃんと演じられなかったら、ミュージカルなんて成り立たない。あなた、女優になる気はあるの?」ということ。ハンマーで殴られたような気持ちになりましたね。同時期、劇団四季のオーディションに参加したときには、演出家の浅利慶太さんから「あなたは素材があっても、女優の基礎がない」とも。今振り返ると、あの頃が私のターニングポイントだった。夫と別れ子どもも手放した私には、舞台しかなかったし、それが生きる道だと心に決めたのね。そこからは、本当に必死に勉強しました。結局劇団四季には入団しなかったんですが、『コーラスライン』で役をもらい、8年間客演させてもらったのは、いい経験でした。

いい40代のために、今は切磋琢磨して!

今振り返ると、20代は、自分が何をしたいか、どう生きていきたいかを模索する時期だったんだと思います。人生の目標が見つかったら、30代はそれをものにするために、がむしゃらに頑張る。そのためには良いライバルと競い合うことも大事だし、でも一方で、もしかしたら「あの人より優れたものを身に付けたい」と思うがあまり、自分を見失ったことも、きっとあったと思います。

でも40代はもう競い合う時代じゃない。40代になったら、自分に自信を持って生きることを学ぶべき。前田美波里に似ている人はいるかもしれないけれど、生い立ちから、生きてきた道まで同じ人はいない。それを知り、自分に自信を持つ。その先の人生に必要なのは、その自信なんです。

ananの読者の人は、20代と30代が多いわよね? その時期にしっかり切磋琢磨しておけば、いい40代を迎えられると思いますよ。頑張ってくださいね!

まえだ・びばり 俳優。1948年生まれ、神奈川県出身。’64年、ミュージカルで初舞台。以来数々のミュージカルや舞台で活躍。来年8月、ミュージカル『ピピン』の再演が決定した。

ジレ¥41,800(DUEdeux TEL:03・6228・2131) ワンピース¥146,300(ロッコラーニ/ステラ TEL:03・5408・5171) ピアス¥38,500(ウノアエレ シルバーコレクション/ウノアエレ ジャパン TEL:0120・009・488) サンダル¥19,800(卑弥呼 TEL:03・5485・3711) リングは本人私物

※『anan』2021年7月28日号より。写真・小川朋央 スタイリスト・松田綾子(オフィス・ドゥーエ) ヘア&メイク・矢野トシコ(SASHU)

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。