横澤夏子「一晩寝かせて意味のあるのは“料理”だけ」 先延ばし癖を反省

2021.7.18
出会った女性がネタの源という横澤夏子さんが、街で見つけたいい女を実演。今回は、ポジティブに動く、先手を打つ女性、「すぐアクションを起こす女」になりきり。

寝かせていいのは料理だけ。

Yokosawa

「ママもラクしよ!」という子育てトークショーをやらせていただいているのですが、そのスタッフでとにかく仕事が早い方がいるんです。どれだけ早いかというと、その打ち合わせで「次のトークショーのゲストはどんな人がいいですか?」と聞かれて、「片付けのプロの方に話を聞きたいです」と答えたら、その日の夜には「連絡とりました!」とLINEがくるほど。その後も「打ち合わせをしたので、次回のゲストで来ることになりました」と連絡が。物事が流れるように決まっていって見事でした。きっと話している時から、“あの人に電話してみよう”とか、“これもできるかも”と頭の中に浮かんでいて、即行動しているんだと思います。しかもその方は、旦那さんと息子さんの趣味が魚釣りということで、だったら自分が魚をさばけるようになろうとさばき方を学んだり、ユーチューブの企画だったイベントも「生配信できるように勉強します」と独学で挑戦し始めたりと、とにかく前向きにすぐ動いていました。私は、つい、「明日の方がいいアイデアが浮かぶかも」とか、「落ち着いて話せるように」と一晩寝かせちゃったりするんですけど、寝かせて意味のあるのは料理だけで、状況は何も変わらないんですよね。

“明日には”“今日中には”という先延ばしの癖を捨てて、“今が一番良いタイミング”精神を持ってみることから始めようと思います。私も彼女に負けじと「何かできることはありますか?」と聞くんですが「横澤さんは、そのままで大丈夫よ~!」と既に一歩も二歩も先を進んでいるんです。先手を打ちたいのに全然打てないので、聞く前に行動して「早いね~!」と驚かれるくらい、彼女の三歩四歩と先の先を読んで動こうと思います!

よこさわ・なつこ 芸人。“ちょっとイラッとくる女”のモノマネで大ブレイク。婚活で培ったテクニックをまとめた著書『追い込み婚のすべて』(光文社)が発売中。昨年2月に第一子を出産。

※『anan』2021年7月21日号より。写真・中島慶子 イラスト・別府麻衣

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。