美脚への近道は“足指”にアリ!? 足指覚醒6メニュー

2021.6.4
筋膜のねじれを改善すれば、本来の美脚が見事に蘇る!? いつでもやりたい“足指覚醒6MENU”について、整体師・樋川由紀さんが教えてくれました。

脚の筋肉や筋膜の要といえる足指を活性化させるのが美脚への近道。

「足指を使わずに歩く人が多いのですが、その結果筋膜はねじれ、全身の重さを無理に支えようとして、足裏やふくらはぎが硬くなってしまいます」(樋川さん)

そこで、足指が自由に動かせるようになる6つのメニューを紹介。足首やふくらはぎまでの筋肉も効果的に刺激できる。

1、足指の筋膜をゆっくりほぐす。

2252 health6-1

椅子に座り両足の指を床につけ、右側にぐーっと押し込み5秒キープ(左足は親指側、右足は小指側に傾ける)。続いて左側も(左足は小指側、右足は親指側)。苦手な方はゆっくり長めに。

2、手指の骨を使い、足の甲の筋を刺激。

2252 health6-2

足裏やふくらはぎがよくつる人は、足の甲に筋が立ちやすく、筋膜も硬い。拳を作って指の第二関節を使い、足指の骨に沿ってイタ気持ちいい刺激でゴリゴリとほぐそう。時間はお好みで。

3、わずか1cmのかかと上げでOK。

2252 health6-3

肩の力を抜いてまっすぐ立ち、1cmほどかかとを上げて30秒キープ。この高さだと姿勢が崩れにくいので、今まで使っていなかった筋肉や筋膜を目覚めさせるトレーニングになる。

4、ふんばり立ちで足裏アーチを復活。

2252 health6-4

両足の指にぐーっと力を入れ、同時にお尻の筋肉を寄せ合うように力を入れて立つ。両膝はピンと伸ばさない。そのまま10秒キープ。足とお尻の力を抜く。3回繰り返す。

5、長い足指の骨の付け根を押し込む。

health

足指の骨の付け根の中央部分にある、甲の関節を両手の親指でぐーっと3秒かけて押し込む。押すと足の指が動くのを感じて。5回繰り返す。反対の足も同様に。甲高の予防にもなる。

6、ぐるぐると足首を回すだけ。

2252 health6-6

左太ももに右足をのせる。足指の間に左手の指を入れ込み、右手で足首を押さえ、左手で足を回す。外回し、内回しを各5回。反対側も同様に。足首まわりの柔軟性を取り戻せる。

樋川由紀さん 整体師、「せぼねじれ調整院リキュア」顧問。背骨調整と骨格調整を組み合わせた施術が人気。個人の症状や生活に合わせた、セルフケアメニューも提案してくれる。

タイダイブラトップ¥3,990 レギンス¥4,490(共にGapFit/Gap新宿フラッグス店 TEL:03・5360・7800) ヘアバンドはスタイリスト私物

※『anan』2021年6月9日号より。写真・中島慶子 スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・中世古麻衣 取材、文・板倉ミキコ

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。