え、「こんにゃくコスメ」って何!? 美容のプロの“偏愛コスメ”

2021.2.26
「‘21年春のモテコスメ大賞」の季節です。美容のプロたちが愛する「これがないとムリ!」「買わずにはいられない」など、熱量高めの偏愛コスメをヒアリング。鍼灸あんまマッサージ指圧師・橋爪佐和子さんの偏愛コスメは「こんにゃくコスメ」です。

5・2・9がつく日は、こんにゃくアイテムDAY!

和食材としてはもちろん、スムージーやスープなどにしてこの8年間、毎日1枚以上必ず食べているこんにゃくラバーです。食材としてだけではなくコスメとしても優秀で、天然成分だから安心して使えてお肌がつるつるに。こんにゃく愛は深まるばかり。

【しっとりもちもちの吸いつく肌に 賞】マンナンジェリー ハイドロウォッシュ

8

新感覚の潤いたっぷりこんにゃくゼリー洗顔。
肌をやさしくほぐしながら、毛穴の汚れをオフ。「柔らかいマンナンジェリースクラブは、ぷにぷに感も気持ちよく、スクラブは痛いから苦手という人にもおすすめ。顔色も良くなる」。120g¥3,500(PLUEST)

【真珠のように肌がきらめくで 賞】純粋こんにゃくスポンジ(真珠)

9

お湯に浸すと1.5倍に! 膨らむ様子も楽しい!
群馬県産こんにゃく芋100%使用。「いつものケアだけだとどうしても素肌に汚れがたまりがち。そんなときの特効薬がコレ。毛穴汚れが落ちるだけでなく、顔全体のトーンアップもできる」。¥1,000(ヤーマン)

【体のすみずみまでつるんと磨く 賞】こんにゃく美肌 たおる

Beauty

130年以上続く伝統製法で手作り。
敏感肌の人も低刺激で肌を洗える。「ゴニョゴニョしたこんにゃく天然純植物繊維のタオルは、素肌を傷めることなく汚れを落とせて、洗い上がりはさっぱりなめらか」。約17×22cm¥800(畑中義和商店)

※『anan』2021年3月3日号より。写真・さとうしんすけ 取材、文・岡井美絹子

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。