新作ボンボンショコラ8選 最高品質のカカオで作られた繊細な一粒は?

2021.1.14
一粒の小さなチョコレート、ボンボンショコラは、ショコラトリーの永遠の主役。今年の新作は断面をじっくり楽しんでみませんか? そこには発見と喜びが詰まっています。ananのバレンタイン特集では、新作ボンボンからショコラティエの今の想いを読み解きます。

断面から味わう、ボンボンショコラの粋。

層が見事に調和したり、ガナッシュだけでも口溶けとともに味がみるみる変わったり。艶やかなショコラの中身は途方もなく緻密。「果物を入れるにもジュレかコンフィチュールか、ガナッシュに混ぜるのかなどで印象がまるで違います」と『パティシエ エス コヤマ』小山進シェフ。表現したい味のための繊細な構成、断面にはそれが垣間見えるけど、切るのにはもう一つ意味があるという。それは半分にして、ボックスのショコラを一通り味わってから、再び食すことができるということ。「一度体験しているから味覚がより鮮明になり、味の理解も深まります。ぜひ2周味わって」

28

柑橘でナッツを彩る、香りのフュージョン。

右からパスカル・ル・ガック

ボンボンショコラ詰め合わせ
15個入り¥5,400(税込み)

最高品質のカカオと職人の熟練の手仕事から生み出される珠玉のショコラ。「プラリネ オレンジ」はオレンジ皮の香りをつけたプラリネに、果皮のコンフィも散らして。果皮を丁寧に薄く削ぐことで苦味を抑えながらも、心地よい香りはしっかりキープ。口にするとたちまち匂い立つ。伊勢丹新宿店サロン・デュ・ショコラ(1/27~2/3)他で販売。パスカル・ル・ガック 東京 TEL:03・6230・9413

名物をショコラで巡る、甘い世界旅行へ。

ザ・ペニンシュラ東京

ペニンシュラ・アラウンド・ザ・ワールド チョコレート
9個入り¥3,800

NYの「アップルパイ」、上海の「龍井茶」など、ザ・ペニンシュラホテルズがある(できる)12都市をショコラに表現。シカゴの「シカゴピザ」はトマト、バジル、オリーブオイル、ハーブを煮込んでガナッシュに。かじればトマトの仄かな塩味をチョコが包み込み、バジルの後味が爽快。1/25~3/14限定。●ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ/ザ・ペニンシュラ東京B1 TEL:03・6270・2888

人を想い、今何ができるか。利他の心を伝えるショコラ。

パティシエ エス コヤマ

SUSUMU KOYAMA’S CHOCOLOGY 2020
4個入り¥1,600

今年は“ALIVE”をテーマに、自然の猛威と恩恵、生きることを4粒のショコラで語る。「RITA」の主役は奈良時代、旅人のために街路樹に植えた、利他精神を体現する大和橘。クリームに大和橘の花の香りを移し、花を漬けたお酒も使う。蜂蜜、果皮オイル、果汁パウダーとあらゆる技法で大和橘を生かして。清らかな香りがいつまでも続く。●兵庫県三田市ゆりのき台5-32-1 TEL:079・564・3192

原点に戻って進化する、未来へつなぐ新定番。

帝国ホテル 東京

ボンボン ショコラ「ORIGIN~原点~」
10個入り¥4,000(税込み)

開業130周年を記念しリリースされた新作。「原点回帰による進化」を掲げ帝国ホテルのショコラの原点である5フレーバーを、今の技術と感性で進化させた。「木苺」ならラズベリー風味のガナッシュにラズベリーコンフィチュールも重ねて。しっかりショコラを感じながら、両者の口溶けの時差で果実味がグッと鮮やか。●ホテルショップ『ガルガンチュワ』/帝国ホテル本館1F TEL:03・3539・8086

Food

豊かな味わいを一粒に再現、ケーキみたいなショコラ。

右からPatisserie & Cafe(パティスリー&カフェ デリーモ)

ショコラアソートパティスリー6
6個入り¥1,990

艶やかな半球にプリンからショートケーキまで表現した、ケーキみたいなショコラが評判。今年はついにシグネチャーケーキ「デリーモ」もショコラ化。パリ、トロ、カリと楽しい食感で、ブロンドチョコのガナッシュに忍ばせたエスプレッソのかぐわしさがワッと広がり、ヘーゼルナッツプラリネが味の奥行きを深めて…あのケーキの味が蘇る! ●東京ミッドタウン日比谷B1 TEL:03・6206・1196

アートなショコラに秘めたみずみずしさと清廉の香り。

Okada Museum Chocolate

Okada Museum Chocolate 『WHITE』
5個入り¥2,593

アール・ヌーヴォーのガラス作品のような柔らかな色合いとツヤ。ホワイトチョコレートで包むことで、近代フランスのガラス作家、ガレやドーム兄弟の世界観を表した。「グレープフルーツ×アールグレイ」はフレッシュな酸味をホワイトチョコレートのまろみが包み込む。2/2~14日本橋三越本店、2/5~14伊勢丹新宿店で販売。岡田美術館 TEL:0460・87・3931

台湾の食文化が息づくチョコレートの東西融合。

YU CHOCOLATIER(ユウ ショコラティエ)

ショコラアソート 6個入り¥2,900

フランスで学んだショコラティエによる、話題の台湾ショコラブランドが初上陸。「シェリーリュウガン」は、世界が注目する台湾のシェリー樽熟成ウイスキー「カバラン」と薪で燻した嘉義産干しリュウガン、燻製チョコレートのガナッシュ入り。舌になめらかにとろけ、薫香の中でカカオ感や素材の旨みが繊細に調和していく。1/27~2/14日本橋髙島屋で販売。日本橋髙島屋 TEL:03・3211・4111

ショコラの鉱石を採取する、そんな物語のある一粒。

Shohei Manago chocolatier

minerai
1個¥1,389

今年自店を開く予定の、元『パスカル・ル・ガック』眞砂翔平シェフのショコラを一足早く。コロンと小瓶に収まる赤と緑の一粒は鉱石標本みたいに美しい。あえてまだ青い国産ベルガモットを使ったガナッシュは山椒に似た清々しさを放ち、バニラキャラメルのコクがとろり重なる。1月中旬からSocial Kitchenオンラインショップで予約販売。https://socialkitchentora.stores.jp/

※紹介している商品は、掲載アドレス以外に直営ブティックやオンラインショップでも購入可能。ショップや施設の営業時間が変更になる場合があります。

※『anan』2020年1月20日号より。写真・山口 明 スタイリスト・中根美和子 イラスト・酒井真織 取材、文・chico 撮影協力・UTUWA

(by anan編集部)