アンアンからニュースを配信します!

「誰も友達がいなくて」占い師しいたけ.さんによる “悩み解決法”がユニーク

2018.11.26
なんだか不安&同じことでずっと悩んでいる…。そんなあなたは占い師・しいたけ.さん&精神科医・名越康文さんがおススメする自問自答メソッドにトライしてみては?

現代人が感じている生きづらさ。そのもやもやを解決する一つの方法として“架空の第三者との対話”をおススメしている名越さん。しいたけ.さんも実は自分の悩みと向き合う際にその方法を行っていました。

自問自答メソッド

S(しいたけ.さん):架空の人物と対話する…。それ、実は僕もよくやっています。僕の日常を架空の取材班が追ってくれる、いわば「ひとり密着番組ごっこ」です。なんかつらいなぁという時に、自分を整えるためにやるんですけど、昨日なんかは朝起きた時から、もう密着取材が始まっている。そして、ちょっと不機嫌な感じでスタッフさんに「おはようございます」って挨拶して。

N(名越さん):わかる、わかる。カメラの存在にも慣れてき始めている感じ(笑)。

S:今日もずっと一緒かって思って。「仕事、何時からですか?」「13時からなんですよ」みたいな。

N:密着、3週目に入った朝くらいかな。

S:この「ひとり密着番組」のいいところは、たとえ架空でも、対話の中に第三者が入ることなんです。自分の本意って、自分がわからないところにあったりもするから、誰かに聞いてもらうことが大切な気がしていて。そういう時に番組のディレクターが、「どうしたいんですか!?」って突っ込んできたりする。すると、「仕事やりたくないよ。でも、この原稿を書ききりたいよ!」とか、自分のまっすぐな意見をぶつけられるという。これは僕が誰も友達がいない時に編み出した技なんですけど…。

N:けっこうギリギリの人生。

S:そうですよ、ほんとに(笑)。ただ、生身の人が相手だと、結局、格好つけてしまったりして、本心が言えない部分もあるから、友達がたくさんいる人でも、自分の気持ちに素直に耳を傾けたい時は、「ひとり密着番組ごっこ」はおすすめですよ。

N:確かに。自分で自分の問題を解決する“セルフカウンセリング”って、実はきちんと教育を受けたことがあるプロでないとできないくらい、とても難しいんです。でも、「ひとり密着番組ごっこ」のような飛び道具を使えば、自分を癒すこともできるかも。そうやって、ある意味、自問自答していくうちに、たとえば「なんだかもやもやする」といった漠然とした悩みの本質にも行き着くのでは。

S:行き着きます!

N:言いきったねー!(笑) 論理的ではないけど、とにかく説得力がある。

S:これ、すごく恥ずかしいんですけど、「ひとり密着番組ごっこ」も、僕の中ではもう何段階も熟成されているんです。DVD化できるくらいまでいっていて、そうすると場面によってインタビュアーが変わってくる。

N:(爆笑)

S:最初は経験の浅い若者で、「何を悩んでいるんですか?」「私もわかります」とか、どんどん突っ込んでくるんです。勢いづけたい時はそういう人でもいいんですけど、本音を探りたい時は、おじいちゃんインタビュアーの登場。すると肩の力が抜けて、「実はあの仕事のプレッシャーを受け止められるか不安なんですよね」とか、ぽつりぽつりと話しだす。

N:そうやって設定がしっかりあると、リアリティも増すよね。

S:そうなんです。あと、“老人”っていうところも僕の中ではポイントになっているようで、「ひとり密着番組ごっこ」以外にも悩んだ時にやっているのが、50~60年後の自分を思い浮かべることなんです。

N:それはどうして?

S:問題の渦中にいると夫婦喧嘩のように、「今日のごはんはいい加減なものだったし」みたいな生々しい感情が入ってきちゃうけど、そこからいったん離れて、老人になった自分の視点から見ると、いろんなことが、いい意味でどうでもよくなっているというか。極端な話、“老い先が短い”みたいなところまでいって、やっとシンプルに、大切な答えが見つかるような気がするんです。

N:なるほど。たとえば渦中から離れるなら、茶道とか華道とか、日常の自分とはまったく関係のない趣味を持つことでも、できそうですよね。そういう“別の場所”があると、自分を整えられたり、あるいは人と理解し合えたりもするのかな。

S:そうですね、そんな気がしますね。

N:しかし、「ひとり密着番組ごっこ」の話は、「しいたけ.一代記」を聞いているようで面白かったなぁ(笑)。カメラで撮られている時点で、冒頭で話した“日常の底上げ”にもつながるし、非常にいいと思います!

しいたけ.さん流自問自答メソッド ひとり密着番組ごっこ

密着取材の主人公になり、あれこれ質問を受けよう。

自分がドキュメンタリー番組の取材班に密着されるという妄想を開始。インタビュアーは、ある時は血気盛んな若手、ある時はライバルとなり得る同年代、そしてある時は定年間近の年配…。こうして架空という片肘張らない世界の中で、さまざまな相手から取材を受けるうちに、本心を探り当てられる。

なこし・やすふみ 精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。NTV系『シューイチ』ほか、さまざまなメディアでコメンテーターとしても活躍。著書多数

しいたけ.さん 占い師。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究するかたわら占いを学問として勉強。著書に『しいたけ占い 12星座でわかるどんな人ともうまくいく方法』(小社刊)ほか。最新刊『しいたけ.の部屋 ドアの外から幸せな予感を呼び込もう』(KADOKAWA)が12月15日に発売予定。しいたけのブログ https://ameblo.jp/shiitake-uranai-desuyo/ 名越先生から「体癖」について学ぶなど師弟関係にある。ツイッターでのふたりのやりとりに注目者多数

※『anan』2018年11月28日号より。写真・大嶋千尋 イラスト・100%ORANGE 文・保手濱奈美

(by anan編集部)

#悩み記事をさらにチェック!
#占い記事をさらに覗いてみる!
あなたは大丈夫…?男が吸い付きたくなる「モチぷる肌」