アンアンからニュースを配信します!

正しくケアしないとダメ! 目の疲れの解決法を専門家が5つ伝授

2018.11.17
なんだか目が疲れて、体もだるい…。そんな時どうしてる? 自己流でケアをしているという人は要チェック! それぞれの症状に合った改善法を知って、目の不調を解決しましょう!
カラダ

正しいケアしていますか? 眼精疲労に効くアイケアQ&A。

スマホやPCが手放せない今の時代、目の疲れや痛み、さらには目がかすんだり、頭痛がしたりといった眼精疲労を、慢性的に感じている人は多いのでは。

「それは、長時間“近く”を見続け、目の筋肉が収縮している状態が続くことが原因です。スマホやPCを見ている時が、まさにそう。また、スマホやPCから発せられるブルーライトと呼ばれる寒色系の光も、眼精疲労の一因です。ブルーライトはチラつきが多いため、それを見ている目は、ずっと痙攣しているような緊張状態に。こうして目を酷使することで、さまざまなトラブルが起こるのです」(医学博士・林田康隆先生)

そんな眼精疲労を「たいしたことない」と侮るなかれ。

「放っておくと近視のリスクが高まり、若い人でも緑内障や黄斑変性など失明に至るケースも。日頃から目をいたわるようなケアを心がけ、目の健康を保ちましょう」(医学博士・日比野佐和子先生)

Q:毎日仕事が終わる頃には目がしょぼしょぼでピントが合わない…。

【A:目の緊張やコリが積み重なっている証拠。温めて目元の血流を促して】
目がしょぼしょぼする原因は、眼球にある、目のピントを合わせる“毛様体筋”という筋肉が関係している。「毛様体筋は近くのものを見ると収縮し、緊張状態になりますが、それが長時間続けば凝り固まり、目がしょぼしょぼします。そんな時は目元を温めること。ホットタオルや専用のグッズで人肌より少し温かい程度の温度で温めると、血流が促され、症状が緩和します」(日比野先生)

Q:スマホやPCの画面を見すぎ!? 充血が取れません!

【A:充血は角膜の乾燥が原因。ヒアルロン酸入りなどの目薬で潤しましょう】
「人は、通常3秒に一回ほど瞬きをしますが、スマホやPCの画面を見ているとそれが激減し、10秒以上しなくなることも。結果的に目が乾燥し、傷ついて炎症を起こし、充血するわけです」(林田先生)。「対処法は、しっかり瞬きをすること。また、目薬をさすのも有効です。なかでも保湿性の高いヒアルロン酸入りのものや、PC用に処方された目薬を選ぶといいでしょう」(日比野先生)

Q:目が疲れて仕事に集中できません。眼精疲労の即効ケアは?

【A:「晴明(せいめい)」「瞳子(どうし)りょう」「風池(ふうち)」というツボを3~5秒押してみて】
仕事中、「今すぐ目の疲れを取りたい!」なんて時に即効性が期待できるのが顔まわりのツボ押し。「とくに『晴明』と『瞳子りょう』というツボは、押すと目元の血流がよくなり、眼精疲労の解消に効果的。また、首元にある『風池』は、すぐ近くに脳の視界野があり、視力回復とともに、脳の活性化にもおすすめです。これらのツボを、それぞれ3~5秒押しましょう」(日比野先生)

Q:目にいい食材を摂ることで、内側から目は健康になる?

【A:ビタミンA、C、Eなど、抗酸化成分を豊富に含む食材がおすすめ】
目の健康は、食べ物からでも促進可能。「そのカギは、抗酸化作用のある食材を摂ること。人の体は、ストレスや紫外線、加齢の影響で酸化し、老化してしまいますが、それは目も同じ。食生活で酸化を防ぐことが、目の健康にもつながります。抗酸化成分が豊富なのは、緑黄色野菜に含まれるビタミンA、C、Eや、ポリフェノール、アスタキサンチンなど。サプリでもOK」(林田先生)

Q:スマホ・PCを長時間使うので、ブルーライトが気になる…。

【A:ブルーライトカットは必須。画面との距離にも注意して、網膜を守りましょう】
「実はブルーライトは完全悪ではないのですが、浴びすぎると目に有害。スマホやPCをよく使う人は、30%前後ブルーライトをカットする画面の保護シートや眼鏡を取り入れるといいでしょう」(林田先生)。「画面との距離も大事。近距離で凝視しないよう、50~70cm離すことを意識して。角度はうつむくと首に負担がかかり、目の疲れにもつながるので視線と水平に」(日比野先生)

日比野佐和子先生 医学博士、抗加齢医学専門医。康梓会Y’sサイエンスクリニック広尾総括院長。林田先生との共著『目がよくなると、10歳若返る』(ゴマブックス)も。

林田康隆先生 医学博士、眼科専門医。康梓会 Y’sサイエンスクリニック広尾理事長、院長。眼科の領域はもちろん、日比野先生と共にアンチエイジング療法にも注力。

※『anan』2018年11月21日号より。イラスト・松元まり子 取材、文・保手濱奈美

(by anan編集部)


#健康記事をさらにチェック!
#美容の記事を覗いてみる!
男が触れたくなる…?「愛されモチモチ肌」を手に入れるスキンケア方法