アンアンからニュースを配信します!

芝居でストレス発散も? 川栄李奈が初主演映画で大杉漣さんに学んだこと

2018.10.11
今、映画やテレビ、CMにとひっぱりだこの女優・川栄李奈さん。10月20日に公開される『恋のしずく』は、彼女にとって初めての主演映画としても話題になっている。
川栄李奈

「主演と聞いて、もちろん今までにやったことがないので、すごくありがたいと思いました。キャストのみなさんがいい方ばかりで、本当に救われたんです。現場では変に気を張ることなく過ごせたし、小市(慢太郎)さんをはじめ、まるで親戚のおじさんのような気持ちで会っていました(笑)。クランクイン初日は、酒蔵を楽屋としてお借りしていたのですが、そこにコタツが置いてあって。みんなで囲みながらお昼を食べたり、『なんかいいね~』と話したことが思い出に残っています」

演じる橘詩織は農業大学に通う3年生。ワイン好きながら、意に反して、酒蔵へ実習に行くことになる。

「私も詩織と同じで日本酒が苦手なので、演じやすい部分はあったと思います。ただ、役を通してお酒が造られる過程を見て、完成までの苦労や酒蔵の方の深い愛情、長い歴史などを学びました。日本酒に対するイメージはどんどん、いいものへと変わっていきました」

映画の撮影は広島県で行われた。

「私たちが撮影をしていた東広島は、酒蔵や、湯気が立ちのぼる煙突があったりと、ものすごくきれいな所でした。このあいだの豪雨で被害を受けた地域もあると思うのですが、映画には美しい景色が映り、残っているので、地元の方にはぜひ観てもらいたいです。撮影のときにも、たくさん協力してくださって…。毎日のように差し入れをいただいたし、お肉屋さんが持ってきてくれたお肉を焼いたりと、本当に楽しかった。おかげさまで、めちゃくちゃ太りましたけどね(笑)。もちろん、美味しいお酒も持ってきてくれるので、共演者の方たちは毎日のように飲んでいましたね。なかでも宮地(真緒)さんは日本酒が好きで、ずーっと飲んでいた記憶があります(笑)」

川栄李奈

本作は、先ごろ亡くなられた大杉漣さんの映画としての遺作でもある。

「大杉さんはすごく優しい方で、役に対して自分から提案をなさるなど本当に真面目に向き合っていて、学ぶところがたくさんありました。関係者全員が同じように思っていると思います。大杉さんの優しさや温かさ、お芝居への熱量がこもっているので、そこも見てほしいです」

演技のお仕事が「大好き」だという川栄さん。

「自分とは違う人になれる喜びがあります。私自身は喜怒哀楽を出さないタイプなので、お芝居で泣いたり笑ったりすることが、ストレス発散になっています。あとは、いろいろな人に出会えること。ひとつの作品が終わるたびに新しい作品や違う人と出会って…という繰り返しで、それが楽しいです。興味があるのは“人対人”のやり取りが描かれた、心が温まる作品。私が人が好きということも、影響しているかもしれません。『恋のしずく』もそうですが、家族の物語や人間味が感じられる作品に出演して、観る人に感動してもらえるような演技をしたいですね」

かわえい・りな 1995年2月12日生まれ。神奈川県出身。映画『人魚の眠る家』(11/16公開)、『泣くな赤鬼』(来年公開)に出演する。『A‐Studio』(TBS系)のサブMCをつとめる。

ワンピース¥30,000(YEAH RIGHT!!/YEAH RIGHT TEL:03・6427・8612) ベスト¥21,000(zaziquo info@zazizazizazi.com)

『恋のしずく』日本酒の蔵へ実習に来た詩織は、蔵元(大杉漣)や、やる気のない息子の莞爾(小野塚勇人)、厳格な杜氏の坪島(小市慢太郎)たちと出会う。そのことをきっかけに、彼らの人生は転がり始め…。10月20日から全国公開。©2018「恋のしずく」製作委員会

※『anan』2018年10月17日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・武久真理江 ヘア&メイク・遠藤真稀子(UM) インタビュー、文・重信 綾

(by anan編集部)


#タレント記事をさらにチェック!
#映画をもっと覗いてみる!
女らしさを演出…お泊りデートで用意しておきたい雑貨