アンアンからニュースを配信します!

多部未華子がセリフを覚えられないときにやる“願掛け”とは?

2018.8.26
舞台『出口なし』に出演する女優・多部未華子さんに、お話を伺いました。

「20代最後は、好きな舞台で挑戦していきたい!」

舞台

大竹しのぶさん、段田安則さんとキャストはほぼ3人だけの戯曲を手にした時の、多部未華子さんの感想は意外なものだった。「やったーって感じ(笑)。大先輩のおふたりですが、お芝居を通してこれだけ近い距離で向き合えるということは、すごく贅沢な時間になるんじゃないかとうれしかったです」

大人計画の『ニンゲン御破算』に続き、多部さんが今年2本目の舞台を踏むのは、ジャン=ポール・サルトルの『出口なし』。これまで世界中で繰り返し上演されてきた、哲学者・サルトルの代表作だ。上演台本と演出は、その斬新な経歴と手法から演劇界で今注目されている演出家・小川絵梨子さんが手がける。

「まだ台本を読み込んでいる段階で、それぞれの人物像を探っているところです。でもここまで少人数の舞台は久しぶりで、直感的に面白そう! と感じて出演を決めました。考えてみれば、台本を手にしてすぐそう思えるのは初めてかもしれません」

物語を進めるのは、窓も鏡もない密室に閉じ込められたガルサン、イネス、エステルのワケありの3人。特に理解し合う気もない初対面の3人が、互いを挑発し合い、言葉によって傷つけ合いながらも、それぞれの人生を語りだすという会話劇だ。

「もし私が密室に閉じ込められたら、鏡は普段からあまり見ないからなくても平気だし、夜景が見えるおしゃれなマンションを望むタイプでもないので、隅っこで静かに座っているかも。あとは、愛犬さえ連れていければ、何も怖くはないですね」

今年、29歳になった多部さん。30代を目の前にして、自身の20代をこう振り返る。

「これまでは、舞台と、ドラマや映画などの映像の仕事をバランスよくさせていただきましたが、20代最後は自分のしたいこと、挑戦したいことだけをやりたい、と初めて事務所の人に伝えました。プライベートでもそうで、みんなと仲良くするタイプだったのが、年齢を重ねるごとに少しずつ人間関係が固まってきて。30代は、年齢も、性別も、職業もバラバラだけど、その居心地のいい人たちと過ごしていくんだろうなぁと考えると、楽しみしかありません」

今作はもちろん、今年踏む舞台は、どれもが多部さんにとっての挑戦なのだそう。

「ミュージカルが好きでこの世界に入ったものの、好きだからこそ手を挙げられなくて遠慮していた部分がありました。でも、頭でできないと思ってやらないのはカッコ悪いじゃないですか。だから今年最後の舞台は、ミュージカルに挑戦することにしました。舞台の魅力? 約2時間で終わる短距離走みたいなところや、一発勝負の緊張感にやりがいを感じていたのですが、さらに最近、自分の好きなセリフを何度も言える面白さを発見しました。『出口なし』でも、そんなセリフを見つけるのが楽しみです」

そうは言うものの、もともとセリフ覚えは遅くて苦手なんだとか。

「特に今回は、セリフがとても多いので不安です。どうしても覚えられない時はいつものように、台本を枕の下に入れて寝ます。効果は、あまり感じないんですけどね…(笑)」

たべ・みかこ 1989 年生まれ。代表作は映画『ピース オブ ケイク』『続・深夜食堂』、ドラマ『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』(NHK)ほか。11月5日から上演のミュージカル『TOPHAT』に出演。

シースルーハイネックトップス¥18,000(シェリー/ハルミ ショールームTEL:03・6433・5395) チェックスカート¥15,000(アダム エ ロペ/ジュンカスタマーセンターTEL:0120・298・133) イヤリングはスタイリスト私物

『出口なし』 ドアが開かない密室に、ワケありの過去を背負った男女3人がやってきた。やがて互いを挑発し合いながら、人生を語りだし、そして、究極のデッドエンドを迎える!8月25日(土)~9月24日(月) 初台・新国立劇場 小劇場 作/ジャン=ポール・サルトル 上演台本・演出/小川絵梨子 出演/大竹しのぶ、多部未華子、段田安則ほか S席8000円 A席5000円 B席3000円(すべて税込み) 当日券あり。シス・カンパニーTEL:03・5423・5906 大阪公演もあり。www.siscompany.com/deguchi/

※『anan』2018年8月29日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・轟木節子 ヘア&メイク・中西樹里 インタビュー、文・若山あや

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#舞台の記事を覗いてみる!
妊婦の9割が経験する! 不安からの”妊婦サーフィン”とは?