アンアンからニュースを配信します!

アノ人と一緒に…豪華すぎるカラオケを岡崎体育が告白

2018.5.27
岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「カラオケ」です。
岡崎体育

カラオケ、好きです。最近は先輩ミュージシャンの方々と行く機会も増えました。以前、このコラムでも書きましたが関ジャニ∞の丸山さんや、あとは先日、SEKAI NO OWARIのFukaseさんともご一緒しました。Fukaseさんが「RAIN」を歌ってくれて。これ、ファン垂涎ものですよね。カラオケBOXの個室でですよ。すごい距離感です。「うわ、チケット代にしたらいくらなんやろ…」と少しゲスいことを考えてしまいました。

僕も一応、自分の持ち曲を歌わせてもらったりもしますが、たいてい1番のみですね。1番歌ったら、演奏停止しちゃいます。もう、それが限界です。基本的に恥ずかしがり屋なので、人目を気にしてしまいます。何千人も前にしてライブやってんのに何言っとんねんと言われそうですが、やっぱりそこは別なんです。カラオケのときは、もう、あきらかにオフです。オフモードになっています。素の自分が出てしまいます。なので、人を楽しませようとか、場を盛り上げようという気にはまったくならないんです。でも、あえて場を盛り下げることや失礼なことはしたくないんで。それで、1番だけ歌います。そのあとはずっと手拍子してます。

だから、もしカラオケに女の子たちと一緒に行くとしても、僕と同じタイプの子に共感してしまいますね。自ら1曲目入れる! とか、みんながよう知らんのにガンガン好きな曲ばかり入れるような子は、「あかん、この子とは性が合わない、生活は共にできない」と思ってしまいそうです。僕は、周囲から勧められても歌わないタイプの子が好きですね。恥ずかしそうにしている子がいいです。あとは、なんやろな、昔好きだったアニメの曲とか歌う子がいいです。しかも男の子向けのアニメの曲とか。そういうの歌われると、同じもの見ていたんやと親近感が湧きます。

逆に、僕は女の子の前では洋楽の曲は歌わないようにしています。男友達とカラオケ行くとガンガン歌うんですけど…。なんか雑誌でそういうのを読んだんです。英語の歌を歌うと「そんな歌知らないし、何言ってるかわかんないし」って女の子がなるって。どうなんでしょう? 僕の中では「20代女子のこんな男子はダメ!ランキング」の第2位くらいに入っている印象なんですけど、実際どうなんでしょうか。anan読者のみなさんに正直な意見を聞いてみたいところです。

おかざき・たいいく タイアップ曲満載の企画アルバム『OT WORKS』が発売中。NHK総合の新番組『テンゴちゃん ~土曜深夜の辺境レボリューション~』(土曜24:05~、次回放送未定)パーソナリティ。

※『anan』2018年5月30日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・村田真弓 文・梅原加奈

(by anan編集部)

#音楽記事をさらにチェック!
#タレント記事をさらに覗いてみる!
【男の本音調査】お泊まりデートで「男が惚れ直す」 女の香り3選