アンアンからニュースを配信します!

田中圭×林遣都…おっさんの恋愛に胸キュン!?

2018.5.19
33歳にして、春田創一(田中圭)にようやく訪れたモテ期。しかし、その相手というのが、オトメな男性上司・黒澤(吉田鋼太郎)とドSな後輩男子・牧(林遣都)で…。そんなナナメ上の設定から繰り出される予想外の展開に爆笑しつつ、黒澤と牧の春田へのピュアな恋心に、共感したり胸キュンしたり。いま、放送中のドラマ『おっさんずラブ』にハマる女子、増えてます!
TV

林遣都:田中圭さんを吉田鋼太郎さんと取り合うドラマだと聞いて、とても興味が湧いたんです。一昨年に単発でやった時のものも拝見したんですけれど、すごく面白くて。

田中圭:意外だったのは、コメディ寄りの作品のつもりでいたのに、演じながら笑いの要素を忘れて、俺自身が切なくなっちゃってること。「なんなんだこのドラマは…」って思いながらやってます。それは、遣都と鋼太郎さんのふたりが、すごく丁寧な芝居で、春田に対して向かってきてくれるからなんですけど…。

林:とにかく、春田さんが好きだという気持ちに嘘がないように、とは思って演ってます。恋愛ドラマの経験はあまりないんですが、俳優同士のコミュニケーションや空気感がちょっとした表情に出る気がするんです。僕の春田さんへの思いも、圭くん本人の人柄が素敵だからこそ自然に引き出してもらえるもので…。

田中:どんどん言っちゃって(笑)。

林:この現場の雰囲気も、すごくいいんです。オリジナルドラマだからこその、スタッフの方々が俳優の芝居を、作品として生かしていこうとしてくれるムードがあって。でもそれも、間違いなく圭くんという存在がいてくれるからで…。

田中:僕は普段からあまり役作りをしない方だけど、今回はとくに作らずに自然でいるようにしてるんだよね。春田は牧に対して恋愛感情はないけれど、人として好きっていう気持ちはあって、それは僕が遣都を好きな気持ちと同じで、嘘はないんです。題材が題材だけに、今回僕がスタッフさんに言ったのは、設定ありきで進んでいかないようにしようってこと。先々を計算した芝居なんて、いらないって思っているんです。だからこそ、遣都と鋼太郎さんが、“春田を好きな男たち”じゃなく、ちゃんと牧と黒澤っていう役を生きてくれているのがありがたいなって。

TV

林:クランクイン前に圭くんにご飯に誘ってもらった時に、誰よりも僕らが真剣に、おっさん同士の恋愛に向かっていこうって話を一緒にしたんです。いまは、最後まで見続けてくれた方が、「気づいたら感情移入しちゃってた」っていうドラマになってたらいいなって思ってます。

田中:いや~、するでしょ~。だって、芝居を受けてるこっちが、こんなに切ない気持ちになっちゃうんだから。ただ、この先…6話くらいに、見ている人は大号泣するんじゃないかっていう特別なシーンが待っているんですよ。そこはめっちゃ不安なんだよね。俺にできるかなって。

林:僕は、ここまでいっぱい濃厚なシーンを圭くんとやってきて、お互いの芝居を感じ合ってやっていけば大丈夫だ、と思えたので、もうあまり不安はないです。

田中:見なきゃソンだと思いますので、ぜひチェックしていただければ。

たなか・けい 1984年7月10日生まれ。東京都出身。近作に舞台『江戸は燃えているか』など。9月には舞台『サメと泳ぐ』に出演予定。映画『美人が婚活してみたら』が2019年公開予定。

はやし・けんと 1990年12月6日生まれ。滋賀県出身。近作にドラマ『FINAL CUT』、映画『チェリーボーイズ』など。映画『コーヒーが冷めないうちに』『ギャングース』が秋公開予定。

不動産会社に勤める春田創一(田中圭)は、上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩の牧凌太(林遣都)に告白される。戸惑う彼の前に、黒澤の妻や牧の元カレが現れ…。毎週土曜23時15分~テレビ朝日系で放送中。

※『anan』2018年5月23日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・佐久間美緒 ヘア&メイク・花村枝美 取材、文・望月リサ

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#ドラマをもっと覗いてみる!
月額300円で「馬主」になれる!?