アンアンからニュースを配信します!

鈴木亮平と学ぼう! 海外旅行でリアルに役立つ3フレーズ

2018.4.25
海外旅行の際に知っておきたい英語のお役立ちフレーズ。このたび書籍化されたananの人気連載「鈴木亮平の中学英語で世界一周! feat.スティーブ・ソレイシィ」のなかから厳選した、リアルに役立つフレーズをお届けします。

旅先でのコミュニケーションには、難しい単語や長い構文は不要です。少しの機転とわずかな中学英語を駆使するだけで言いたいことはしっかり伝わります。

質問が聞き取れなかったら…

英語

Sorry?/はい?

鈴木亮平:飛行機を降りて次にぶつかる英語の壁といえば、入国審査。想定外の質問をされて困ることって、みんな結構あるみたいです。

スティーブ・ソレイシィ:審査官に何を質問されるかなんて、完璧には予想できないものだからね。

鈴木:早口だったり、訛りがあったりで、聞き取れないこともあるし。

ソレイシィ:そこで大事なのは、聞き返すこと。わかったふりして下手に“Yes”とか“No”とあいづちを打つと、理解してるって思われちゃうことが多いんです。

鈴木:ただ、とっさに聞き返す言葉が出てこなかったりするんですよね。簡単で便利な聞き返しのフレーズはぜひ知っておきたいところですね。

ソレイシィ:ついつい、“え?”とか“What?”(何?)って言いがちですが、僕がおすすめする聞き返しは“Sorry?”。語尾を上げて言えば、「すみません、もう一回言ってもらえますか?」という意味になって、格段に印象がよくなります。入国審査官への印象はいいに越したことはないからね。

道を上手に聞くコツは…

英語

Where am I now?/(地図を見せながら)私は今どこにいますか?

鈴木:道を聞くことって旅行中必ずあるけど、なかなか厄介なんですよね。“Where is ◎△×?”(◎△×はどこですか?)って聞いて、わかりやすい答えが返ってきたためしがない(笑)。

ソレイシィ:親切な人ほど細かく教えてくれようとして、結局聞き取れない。

鈴木:僕は地図を片手に“Where am I now?”(私は今どこにいますか?)って聞いちゃいます。

ソレイシィ:へえ、面白いね。

鈴木:地図上で自分がいる地点がわかると、たいていのことは解決するんです。グーグルマップでも最初に確認するのは自分の現在地でしょ。なので僕はこれを「グーグルマップ作戦」と呼んでいます(笑)。

ソレイシィ:指をさして“This way?”(こっち方向?)も使えますよ。

鈴木:実は、日本人にとって一番高いハードルは最初のひとことかも。知らない人に声をかける勇気。ここを乗り越えれば、その後のやりとりは難しくないと思うんです。

クレジットカードが使えるか聞くときに…

英語

Do you take this credit card?/このクレジットカードは使えますか?

鈴木:海外での買い物のトラブルって、クレジットカード関係のことも多いですよね。

ソレイシィ:そうだね、旅行先でクレジットカードは今や必須だもんね。特にアメリカは、ほとんどの場所でカードOK。だけど、種類によって使える場合と使えない場合があるんだよね。

鈴木:日本ではポピュラーなカードでも使えないっていうケース、確かにありますよね。

ソレイシィ:そのカードが使えるか確認したい場合の聞き方は“Do you take this credit card?”(このクレジットカードは使えますか?)。

鈴木:なるほど、“take”を使うんだ。

ソレイシィ:“take”には、「受け入れる」という意味があるからね。

鈴木:日本語の感覚だと、“Can I use this credit card?”のほうがスッと出てくるんですが…。

ソレイシィ:ネイティブが使うのはどちらかというと“Do you take”だけど、“Can I use”も問題なく通じるよ。

Ryohei Suzuki 1983年生まれ。兵庫県出身。東京外国語大学卒。2006年、俳優デビュー。’14年、連続テレビ小説『花子とアン』で注目を集める。現在、NHK大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛役を熱演中。映画『羊と鋼の森』が6月8日公開。

Steve Soresi 英会話コーチ、「ソレイシィ研究所」代表。アメリカ出身。NHKラジオ第2『英会話タイムトライアル』メイン講師。『英会話なるほどフレーズ100』(アルク)、『難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!』(文響社)など著書多数。

『こんなに簡単! 鈴木亮平の中学英語で世界一周! feat.スティーブ・ソレイシィ」』鈴木亮平さんによる初の英語書籍。鈴木さんが実体験を通して身につけた実践的な英語フレーズが満載。スティーブ・ソレイシィさんとの掛け合いが楽しい対談では、言葉の持つ細かなニュアンスや使い方も学べます。

※『anan』2018年4月25日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・八木啓紀 ヘア&メイク・宮田靖士(THYMON Inc.) イラスト・長場 雄 文・東海林美佳

(by anan編集部)

#旅行記事をもっと読む。
#英語をさらに覗いてみる!
男子幻滅…! 乳酸菌コスメで「乾燥かぴかぴ肌」を「もちぷる肌」に