アンアンからニュースを配信します!

スイーツプランナーおすすめ! 1日30食限定“フルコースカカオ”

2018.1.13
板チョコから形を変えて、もっと身近に。Bean to Sweetsが続々です。ビーントゥバーを使ったチョコレート菓子は、年々バリエーションが豊富に。

「カカオからチョコレートのプロフィールがわかるため、作り手の創作意欲が、より刺激されるのでは。ボンボンやケーキなど、アレンジは百花繚乱です」(スイーツプランナー・平田早苗さん)

ダンデライオン「シェフズ・テイスティング」

チョコ

本店のサンフランシスコではおなじみ、異なる産地のカカオ豆を使って、一口サイズのスイーツを提供するメニューが、蔵前にも登場。濃厚なチョコレートから、途中、柑橘系でスッキリ…など、カカオの魅力が満載のコース。1日30食限定。¥1,450(ダンデライオン・チョコレートファクトリー&カフェ蔵前TEL:03・5833・7270)

【右から順番に食べるのがおすすめ!】

  1. 最初はコク深いチョコレートから。カヌレ(エクアドル産)
  2. ナッツ感あり。クレームブリュレピスターシュ(グアテマラ産)
  3. 酸味のあるチョコで箸休め。タルトシトロン(ベリーズ産)
  4. ちょっぴりバナナの風味。プロフィットロール(タンザニア産)
  5. カカオの果肉でサッパリ。ジュレ・ド・カカオフルーツ

マジ ドゥ ショコラ「マジ ド カカオ」

チョコ

チョコレート専門店出身の松室和海シェフが、ビーントゥバーで様々なスイーツ作りに挑戦。チョコサンドは、上質なクッキーとチョコレートが融合。6個入り¥2,482(マジ ドゥ ショコラTEL:03・6809・8366)

グリーン ビーン トゥ バー「ボンボンショコラ」

チョコ

プレーンなガナッシュやプラリネなど、すべてビーントゥバーから手作業で作りあげた9種類のボンボンショコラ。右から、黒ごま、みかん 各¥350(グリーン ビーン トゥ バーチョコレートTEL:03・5728・6420)

平田早苗さん スイーツプランナー、ショコラコンシェルジュ(R)。スイーツ全般とチョコレートに関する企画開発などを行うコンサルタントとして活動。チョコレートに関するセミナーも実施。

※『anan』2018年1月17日号より。写真・小川朋央 取材、文・保手濱奈美

(by anan編集部)

#料理について知りたい!
#スイーツ記事を読む。
【参加者全員HAPPY♡】ポッキーまみれの「幸せ結婚式」を覗き見!