アンアンからニュースを配信します!

槇原敬之が更年期をテーマに! 水谷千重子の新アルバムが面白すぎる!!

2017.11.15
“芸歴50年、演歌歌手デビュー40周年を超える大物演歌歌手”として老若男女から愛される水谷千重子さんが、待望のアルバム『ジョインがお好きでしょ』をリリース。タイトルのとおり、豪華なアーティストとジョインした曲が収録されている。
水谷千重子

「私ね、『キーポンシャイニング歌謡祭』というコンサートをやっているんだけど、そこで共演してくださった方とか、千重子がファンだった方とかに楽曲を提供してもらったり、ジョインさせてもらったの。『千重子のウインク』は、岸谷香ちゃんに“プリンセスプリンセスちゃんの名曲『M』は水谷の『M』よね。アンサーソングが欲しいな”とお願いしたら実現したの。友近ちゃんが書きなぐった詞に、香ちゃんが宝石の名前をちりばめてかわいくしてくれたから、香ちゃんと友近ちゃんの合作ね。『どうせ始まらない』でジョインしたのは、稲垣潤一ちゃん。じゅんじゅんの『HERVEST』のためにレコーディングしたんだけど、あまりにも素敵な曲なので千重子の方にも入れてもらったの。’80~’90年代のドラマを思わせる世界観を、若い子に味わってもらえたら嬉しいわね」

ほかにも、独特の世界観を楽しめる曲がラインナップ。

「特に感動したのは、二葉・マッキー・敬之(槇原敬之)ちゃんが作詞、作曲した『愛が冷めたわけじゃないの』。だって、更年期をテーマにしているのよ? そんな曲、ほかにある? “千重子さんの声とキャラクターなら重い問題を扱っても、みんなで乗り越えていこうと前向きになれる”と言ってくれたの。この曲に救われる人もいるんじゃないかしら。あと、倉たけし(ロバート・秋山竜次)が作詞した『飛騨の与吉の五平餅』も! 氷川(きよし)くんの『箱根八里の半次郎』のように、人物をテーマにした曲を作りたいと言われて。“サービスエリアにいる、五平餅や鮎の塩焼きを売っている人にスポットを当てたらどう?”と提案したら、この曲に。それになんと曲は、いきものがかりの水野ちゃんよ! 二人は化学反応あり!! って感じに仕上がったわ」

水谷千重子

カバー曲を歌うときには、あることを意識したという。

「末延麻裕子ちゃんのバイオリンがすっごく素敵だったから、世界観を壊さないように、千重子のビブラートを控えめにしているの。クセを出しすぎないように(笑)。提供していただいた曲もそうだけど、曲は千重子ちゃんと歌うのよ! でも『人生かぞえ歌』のNGテイクなんかは、ちょっとふざけちゃってる(笑)。倉たけしと八公太郎(バッファロー吾郎A)とのくだらないやりとりがたっぷりよ。何年も一緒にやってきたから息が合うの。苦楽を共にしてきた3人だってことが、わかってもらえるんじゃないかしら」

本気の歌と、人を笑顔にする力。その両方を持ち合わせているところが、水谷先生が愛される理由のよう。

「やっぱり、笑顔になれることが一番でしょ? 聴いて、笑って、幸せになってほしいわね。千重子も歌っているときが何より楽しいもの。コンサートに行けてない場所もたくさんあるから、もっと多くの人に会えるよう、まだまだ頑張るわよ!」

みずたに・ちえこ “永遠の28歳”“芸人の友近の友人”を自称する、演歌界の重鎮。『恋する大阪』での川中美幸さんとのデュエットが話題に。DVD『水谷千重子キーポンシャイニング歌謡祭2016 in NHKホール』が発売中。

アルバム『ジョインがお好きでしょ』¥3,000 「飛騨の与吉の五平餅」の作曲を手がけたのは水野良樹。春澪とのデュエット曲「抱いてフラ・フラ」や、「フレンズ音頭」も収録。(よしもとミュージックエンタテインメント)

※『anan』2017年11月22日号より。写真・中島慶子 インタビュー、文・重信 綾

(by anan編集部)

【人気記事】
三浦春馬「ヤらせてくれよ」でガチで引かれた?


【驚愕!意外とみられてた!】知っておきたい「脱毛サロン」の選び方4つ