アンアンからニュースを配信します!

意外? デコルテは皮脂が多いから…「ボディニキビ」予防法を皮膚科医が伝授!

2017.5.27
ノースリーブや水着になった途端、黒ずみやボツボツがあらわに…! なんてことにならないためにどうすればいい? 夏までにやっておきたいボディのスキンケアについて、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子さん、パーツモデルの金子エミさんに教えていただきました。

お悩み1:肌表面のボツボツ&ザラザラ。

二の腕や背中にできがちなボツボツ&ザラザラは、毛穴の角化異常のひとつ。「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)といい、剥がれ落ちるはずの古い角質が毛穴に詰まって角栓となった状態。角栓の先端部が表皮に飛び出て、ブツブツができることで、肌表面がザラザラになってしまうのです」(慶田さん)。

セルフケアできる医薬品のほか、クリニックでの治療も取り入れて、夏までにすべすべ肌を目指そう!

肌

ターンオーバーを促進する医薬品を。
尿素やビタミンA油などの成分が肌の生まれ変わりを促進。第3 類医薬品。メンソレータム ザラプロA 35g ¥1,200(ロート製薬)

肌

クリニックでマシンを使った集中治療。
ケミカルピーリング、脱毛用レーザー、皮膚代謝を促進するロングパルスNd;YAGレーザーを同日に施術する、集中ケア。「銀座ケイスキンクリニック」 東京都中央区銀座1-3-3 GIビル5F TEL:0120・282・764 11:00~19:00 日・祝日休 完全予約制 毛孔性苔癬集中治療(両上腕・背中・ヒップのうち1部位)¥39,000/回

お悩み2:過剰な皮脂によるボディニキビ

「デコルテや背中の上部は体の中でも皮脂が多い場所。それだけにニキビができやすいのです」(慶田さん)。広範囲に使うなら皮脂バランスを整えながら保湿できるミストが簡単。「気になる部分にムラなくつけられます。逆さにしてもスプレーできるものだと、背中にも使いやすいです」(金子さん)。ニキビ予防と同時に保湿もしっかりできるから、日焼けしたときにもぴったり。

肌

ニキビ予防ミストでスキなし!
ニキビの原因といわれるマラセチア菌、アクネ菌などにアプローチ。医薬部外品。薬用VCボディミスト 200ml ¥6,000(シーボディ)

お悩み3:カサカサの粉ふき乾燥。

ひざ下やひじは、夏でも乾燥していることが多いもの。特に、日焼けをしたときはなおさら。「ひざ下は皮脂腺が少ないので、特に日焼けした日などはケアをしないと夏でも粉をふくことが。おすすめは、お風呂上がりにオイルでマッサージしながらのケア。体が温まった状態なので浸透しやすく、保湿効果がアップします」(金子さん)。冷房で冷えた脚のむくみケアもできて一石二鳥!

肌

お風呂上がりのオイルで効率よく保湿。
肌に栄養が補給され瞬時にやわらかく美しい脚に。WG コントアリング オイルフォー レッグ 150ml ¥17,000(シスレージャパン)

慶田朋子さん 銀座ケイスキンクリニック院長。皮膚科専門医。切らない若返り治療を叶える美容医療に尽力。著書『365 日のスキンケア』(池田書店)が好評。

金子エミさん パーツモデル。TBS系『キニナル金曜日』に出演中。『ドクター・ショール式パンサー美脚ダイエット』(ワニブックス)を監修。

※『anan』2017年5月31日号より。写真・河野 望 中島慶子 村上未知(クリニック) イラスト・835 文・古屋美枝

(by anan編集部)

【人気記事】
千葉雄大 父に「ベッドシーン」を見られる
【代謝コントロール】 ダイエット部ためこみ改善メニュー紹介 PR

【赤裸々男の体験談】女からきた「ゾッとしたLINE」3選