小説

将棋×ミステリー “夢”を見ることの希望と闇を描く、小説『神の悪手』anannewsEntame 将棋×ミステリー “夢”を見ることの希望と闇を描く、小説『神の悪手』2021.7.27奇妙な能力を持つ三つ子の大冒険譚 万城目学『ヒトコブラクダ層ぜっと』執筆秘話anannewsEntame 奇妙な能力を持つ三つ子の大冒険譚 万城目学『ヒトコブラクダ層ぜっと』執筆…2021.7.18物語をぐっと魅力的に!? “女同士の関係を印象的に描いた”コミック&小説3選anannewsEntame 物語をぐっと魅力的に!? “女同士の関係を印象的に描いた”コミック&小説…2021.7.17きっかけは、カルト集団施設跡地の白骨死体…辻村深月の新作小説『琥珀の夏』anannewsEntame きっかけは、カルト集団施設跡地の白骨死体…辻村深月の新作小説『琥珀の夏』2021.7.13注目作家オススメの“官能小説” 官能を書く喜び、読む楽しみを語るanannewsEntame 注目作家オススメの“官能小説” 官能を書く喜び、読む楽しみを語る2021.7.11相模原の殺傷事件から着想 “社会の闇”を描くミステリー小説anannewsEntame 相模原の殺傷事件から着想 “社会の闇”を描くミステリー小説2021.7.5道尾秀介の“神”シリーズ完結! 『雷神』で描いた「逃れられなかった何か」とは?anannewsEntame 道尾秀介の“神”シリーズ完結! 『雷神』で描いた「逃れられなかった何か」…2021.6.28“片づけ”を通して自身と向き合う…アラフォー女性の再生を描く『片をつける』anannewsEntame “片づけ”を通して自身と向き合う…アラフォー女性の再生を描く『片をつける…2021.6.22高橋久美子、初の小説集は「何回も読み返せる“スルメ小説”」anannewsEntame 高橋久美子、初の小説集は「何回も読み返せる“スルメ小説”」2021.6.8サスペンス満載の恋愛短編集 “ハラハラする”十市社の『亜シンメトリー』anannewsEntame サスペンス満載の恋愛短編集 “ハラハラする”十市社の『亜シンメトリー』2021.6.5皮肉&ユーモアも…女性同士の緩い繋がり描く 松田青子の掌編&短編集anannewsEntame 皮肉&ユーモアも…女性同士の緩い繋がり描く 松田青子の掌編&短編集2021.5.30不妊女性に被害者遺族…書評家が「今年の大注目作」と絶賛の短編集とはanannewsEntame 不妊女性に被害者遺族…書評家が「今年の大注目作」と絶賛の短編集とは2021.5.23朝井リョウ、作家生活10周年記念作 タイトル「正欲」に込めた意味anannewsEntame 朝井リョウ、作家生活10周年記念作 タイトル「正欲」に込めた意味2021.5.18平穏な住宅地に脱獄犯が! “ナイトスクープ”のエピソードも入れた津村記久子の新作anannewsEntame 平穏な住宅地に脱獄犯が! “ナイトスクープ”のエピソードも入れた津村記久…2021.4.20“代理母ビジネス”を通して社会の課題がリアルに…『代理母、はじめました』anannewsEntame “代理母ビジネス”を通して社会の課題がリアルに…『代理母、はじめました』2021.4.13奇妙で痛快、着ぐるみが媒介となる物語 村木美涼の新刊anannewsEntame 奇妙で痛快、着ぐるみが媒介となる物語 村木美涼の新刊2021.4.5“一気読み&二度読み必至”に納得 小説『ヴィクトリアン・ホテル』の仕掛けanannewsEntame “一気読み&二度読み必至”に納得 小説『ヴィクトリアン・ホテル』の仕掛け2021.3.30いじり笑いをイヤだなと感じていた…作家・大前粟生がジェンダー差別に切り込むanannewsEntame いじり笑いをイヤだなと感じていた…作家・大前粟生がジェンダー差別に切り込…2021.3.17松井玲奈、2作目の小説 「パパ活」中の女子との出合いが執筆のきっかけにanannewsEntame 松井玲奈、2作目の小説 「パパ活」中の女子との出合いが執筆のきっかけに2021.3.15「性被害の問題に関心を持つきっかけに…」 木崎みつ子の力作『コンジュジ』anannewsEntame 「性被害の問題に関心を持つきっかけに…」 木崎みつ子の力作『コンジュジ』2021.3.15