恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

長続きカップルの秘訣…食べたらすぐ仲直り「魔法の食材&レシピ」

文・大久保愛 — 2019.4.10
4月は環境が変わり、緊張からピリピリする人も多くなる不安定な季節。しかも、まだ花粉は飛んでいるし、朝と昼の気温差もありすぎだし! そこで、漢方薬剤師の大久保愛先生に、今週の気候に合った、カラダを整える食材や調理方法を教えてもらいます。彼とのデートも今週の仕事も、うまくいきますように。

【カラダとメンタル整えます 愛先生の今週食べるとよい食材!】vol. 3

すぐ拗ねて喧嘩……素直になれない二人が食べるといいかも

ちょっとしたコミュニケーションのすれ違いってどうしてもありますよね。でも、仲が良いほど、小さなことに気がついて拗ねてしまい、暴言をはいて喧嘩になってしまうのだと思います。こんなことに拗ねても無駄だとわかっていても喧嘩を止められないときってありますよね。

理性ではどうにもならない時、どうしたらよいのでしょうか。もしかしたら、それはこの時期特有の問題でもあり、拗ねる前に補うと良い栄養素があるかもしれません。さっそく、今週食べるとよい食材を紹介していきますね。

自然の変化が体調に影響している

漢方医学で人は自然の一部であり、自然の変化は体調に影響を与えると考えられています。気温や湿度、気圧の変化だけではなく、太陽や月の動きまでもが体に影響を与えています。学生の頃、太陽暦や太陰暦を学んだことを覚えていませんか? 一月の日数や季節などは太陽や月の動きから決められていたことはご存知の方は多いと思います。

月や太陽は、配置により引力が変わるため地球では潮の満ち引きが起こりますよね。地球の約7割が水分といわれていますが、同様に人間の体も約7割が水分といわれています。そう考えると、人間も月や太陽の影響を受けることは想像しやすいことだと思います。

中国最古の医学書である皇帝内経(こうていだいけい)にも、月が体調に影響を与えることは記されています。そこで、体調の変化を予測するために気温、湿度、気圧、太陽、月の変化とさまざまなものを指標にするとより細かく評価することができます。

今週は、拗ねやすく素直になれないかも

気候はようやく安定してきましたが、新年度が始まりなんだか雰囲気がピリッとしますよね。冬から今までの気候の変動に耐えてきた体に、4月の緊張感が加わり気を張って生活していると自律神経は乱れやすくなります。漢方医学では、春はイライラしやすいと考えられており、さらに精神的にストレスが加わると気の巡りが悪くなり背中の張り、頭痛、肩こりなども感じやすくなるとされています。

さらに今週の土曜日には上弦の月をむかえ、その後、月はどんどん満ちていきます。今週は、太陽、地球、月が垂直に位置するため地球にかかる引力が小さい状態です。引力は来週に向けて強くなっていきます。

漢方医学的に、今週はまだ比較的安定した時期であるため、気持ちを切り替えたり、体を鍛えたりと心身ともに強化するのに適している時期といわれています。そのため、今週は器の大きい素直な心をつくるために漢方医学で考える血を補い、気の巡りをよくする食材を取り入れてみるのがおすすめです。

今週食べるとよいのは【鮭(サーモン)と香味野菜のソテー】

気持ちを安定させるためには、血を補うためにタンパク質と鉄が必須です。さらに、気の巡りを良くするためには、香味野菜が効果的です。これを一緒にとることができるのが、鮭(サーモン)と香味野菜のソテーです。

血を補う食材:鮭(サーモン)

抗酸化作用のあるアスタキサンチンや必須脂肪酸である EPAやDHAを含むためスーパーアンチエイジングフードとも呼ばれています。またビタミンB12、ヘム鉄、タンパク質を含み血の原料としても優秀です。また、ジメチルアミノエタノールという思考力や記憶力、集中力の向上に役立つ成分もふくまれています。

気の巡りを改善する食材:香味野菜

ミョウガ、シソ、タマネギ、パセリ、ミント、パクチー、バジル、ローズマリーなどがあります。

調理方法

作り方は簡単です。鮭(サーモン)に下味をつけ好きな香味野菜をまぶしオリーブオイルで焼くだけです。

オイル漬けにすると保存がきいて便利です。作り方は、鮭に塩(塩麹でもよい)をまぶし、フライパンに鮭を並べ好きな香味野菜をいれます。そしてオリーブオイルを鮭がかくれるくらい注ぎます。10分程度加熱し、火を通します。蓋つきの容器に鮭を移し、冷蔵保存します。1週間程度、日持ちするので買い過ぎてしまった時にはおすすめです。

彼が拗ねている様子をみると面倒くさく思いますよね。でもそれは、お互いさまです。今週は、器の大きい素直な心を手に入れるために、二人でサーモンの香味野菜ソテーを食べて栄養を補給をするのがおすすめです。寛大な心を手に入れて笑顔で毎日過ごしたいですね。

information

29da7aba42636f3ec47ee8cc1f4c6813

大久保 愛 先生
アイカ製薬株式会社代表取締役・漢方薬剤師。
東洋医学の本場、中国で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方相談、調剤薬局、エステなどの経営を経て商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

男が触れたくなる♡「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法


©Motortion/Gettyimages
©fizkes/Gettyimages
©PeopleImages/Gettyimages