恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

復縁したい…20代女子の悲痛な叫び|12星座連載小説#16~魚座1話~

文・脇田尚揮 — 2017.2.13
12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

【12星座 女たちの人生】第16話 ~魚座-1~

前回までのお話はコチラ


―――身体や心を超えた、“魂の癒し”ってどこにあるのかしら

『頑張ってね。陰ながら応援してるわよ』

お客様に精一杯のエールを送る。時間的にも、今日はこれで最後かしらね。ニッコリ微笑んで、彼女の背中に幸せを願う。


「フレイア先生、お疲れ様でした。本日はあと1人ご予約が入っております。そちらの方で最後になります。」

受付スタッフの藤本さんから、声が掛かる。

私は本名・和辻花子。占い師『フレイア華』として、ここ新宿の占い館『フォーチュン・ハウス』で、様々なお悩みを聞いているの。

高校時代から占いには興味があったんだけど、タロット占いを友達にしてあげたのがきっかけで本格的に。
霊感とかそういったことはよく分からないけど、友達から「当たってる!」と言われることが多くて、5年前からプロとしてスタートしたのよね。

まぁ、はじめは、子供の習い事費用の足しにと思って始めたんだけど、これがやってみるとハマっちゃって……。

占い師なんて、ちょっと変わった職業だけど、夫のてっちゃんは理解を示してくれていて、今もこうして続けることができている。感謝♡

『ゴクゴク……ふぅ』

ペットボトルの紅茶飲みながら、一息つき心の中をリセットする。

いろんな人たちの悩みを聞いていると、やっぱり疲れちゃう。占い師さんによっては「“良くない気”を貰ってしまう」と言う人もいるけど、どうかしらね。

お客様の相談は、生きるか死ぬかというレベルの深い悩みから、そんなことを悩んでいるのね!と思う可愛らしいものまで様々。

どんなお悩みも、私たち占い師は真剣に受け止めるもの。気疲れするのは当然だと思うわ。

まぁ、ベテラン先生たちに比べれば、私なんてまだまだだけど。せっかくの一期一会。少しでも道筋を見つけて帰ってもらえたら、私も嬉しいわ。

「フレイア先生、ご予約のお客様がおみえです。よろしくお願いします」

あ、藤本さんの声。

よしっ、頑張んなくちゃ! タロットカードを準備し、パソコンの占星術ソフトを立ち上げる。

「あの……よろしくお願いします」

お客様が鑑定ブースに入ってきた。年は……そうね20代前半かしらね。恋愛のお悩みかしら。

『初めまして、フレイア華です。よろしくお願いします。今日はどんなご相談?』

私はいつも通りに笑顔で軽く挨拶する。

「先生、私、彼氏に捨てられたかも……連絡が来なくなって。でも、彼のことが忘れられないんです。彼と復縁したくて……」

ああ…可哀想に。復縁の相談ね。

『そうだったのね。それは辛かったね……。分かりました。そしたら、あなたと彼の生年月日を教えてもらえますか?』

私は、西洋占星術とタロットを組み合わせて鑑定をするスタイル。場合によっては風水も取り入れて見させて頂く。

カタカタ……

彼女と彼の生年月日を、占星術のソフトに打ち込んでいく。

『彼とはどういうきっかけで付き合って、いつから連絡がないの?』

彼女の顔を見ながら、並行してヒアリングも。

「付き合いは友達の紹介で、1年くらいの関係です。連絡がないのは10日前からです。」

『彼は何て言ってたの? 他に好きな人ができたとかは?』

連絡なくなって10日か……復縁は1年経つと格段に難しくなるから、まだ可能性はありそうね。何とかなってくれるといいけど……。

「今、仕事も忙しいし、友達との付き合いもあるから、恋愛に集中できない。いい加減な付き合いしたくないから、ごめん。って言っていました……」

う~ん、男が別れを切り出すときの常套句ね。ただ、相性は……そうね、まずまず。そんなに悪くなさそう。
でも、この子ちょっと運気がイマイチ。2週間前から水星の逆行をモロに被ってるな。彼に対して少し重たいこと言ったんじゃないかな。

『なるほどね。あのね、あなたと彼の相性は、そんなに悪くなくて、むしろ良い方なの。でも……少し前から、彼にちょっと重たいメール送ったりなんかしてない? う~ん例えば、今どこにいるの?、誰といるの?、私のこと好きなの?、みたいな』

「あっ! そうです、そう。彼からの返事がなくて、心配で何度もメールして気持ちを確認してました……」

ビンゴ! ん、少し原因が見えたぞ。タロットでもう少し深く探ってみようか。

『そうだったのね、ちょっと待って。タロットで見てみるから』

「先生、彼は私のこと、もう嫌いになったんでしょうか」

泣きそうな顔で彼女が訊いてくる。

まだ、あなたは若いんだから。気持ちはわかるけど、そんな顔をしないで……。

私はタロットをシャッフルし、カードを展開する。

「待って。今から、彼の気持ちと今後の二人、そして対策を見させてもらうわね」

さて、腕の見せどころね。私は今この瞬間、彼女のことだけを世界で一番愛している。

そして、カードがめくられた―――


次回、“第17話 「占い師の顔を持つ2児のママ」”は2月14日(火)配信予定。

【これまでのお話一覧はコチラ♡】

【今回の主役】
和辻花子(フレイア華) 魚座33歳 占い師
既婚者であり、夫に和辻哲夫、子供に和辻長輝(9歳)と和辻夢叶(5歳)がいる。家庭と仕事の兼ね合いで悩みつつも、占い師としてそこそこの人気を得ている。しかし、あるお客の鑑定をきっかけに、占いの限界を感じて心理カウンセラーの資格を取ろうと考える。

(C)Africa Studio / Shutterstock
(C)Nestor Rizhniak / Shutterstock