恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

もっと愛したい…男が喜ぶ「誕生日のお泊りデート」テク #15

文・小阪有花 — 2018.3.23
ひとり暮らしの独身女性が、友だちや彼氏を部屋に呼ぶ時。おもてなしがチラリと見えるようなテーブルコーディネイトをしたいものですが、かといってお皿やグッズを買いそろえるのは現実的ではない。気軽に手に入るもの、もしくは家にあるもので、どうやったらおしゃれに見えるのか? ただいまテーブルコーディネイト勉強中の保育士・小阪由佳さんが、簡単にマネできるテクニックをイケメンコーディネーターの中野瑞貴さんに教えてもらいます! 今回は、彼や旦那さんなど、大切な人の誕生日をお祝いする特別なコーデをご紹介します!

彼の誕生日をおうちでお祝い

小阪 こんにちは! 今日もよろしくお願いします!
中野 お願いします!
小阪 今日は、エレガントなバースデーコーディネイトですね。
中野 誕生日は誰にでも訪れる特別な日です。なので特別なテーブルコーディネイトをしてあげましょう!

IMG_3794

小阪 今までよりいっそう上品なコーディネイトですね!
中野 1年にたった1度しか訪れない誕生日に、旦那さんや彼氏に喜んでもらうため、大人の品がありつつもエレガントなコーディネイトをしてみました。このような空間でシャンパンを飲みながらゆっくり会話をし、大人の時間を楽しむ。誕生日だからこそ、贅沢なひと時を過ごしてもらいたいですね。

IMG_3793

エレガントは生地の質と色の組み合わせが決め手!

中野 エレガントなテーブルコーディネイトで誕生日をお祝いするため、ランチョンマットにプレイスプレートを置いています。黒のテーブルクロスに、金のランチョンマットを合わせました。
小阪 色の組み合わせがイメージを左右しますね。
中野 この組み合わせは重厚感のある黒に煌びやかな金が加わることでバランスがとれ、豪華に見せる効果があります。これに赤いプレイスプレートを足すことで大人の色気をプラスしてアクセントを出しております。

IMG_3792

ナプキンリングは種類が豊富!
アクセサリーのつもりで取り入れて!

小阪 今回はナプキンリングを使用していますね。
中野 ナプキンリングとはナプキンをきれいに束ねるアイテムで、ナプキンリングの見た目によってさまざまな演出が可能です。今回はゴールドのナプキンリングを使い特別感を出しています。
小阪 ナプキンリングもいろんな種類があるので、テーマが作りやすいですね!
中野 またセンターに飾るお花はバラをチョイスしました。愛や恋の象徴的な花なので、彼氏や旦那さんの誕生日という特別な日にはバラがぴったりでしょう。また、よりテーブル上を華やかにするためにバラの花弁を散らしております。
小阪 バラの花びらを散らすあたりもテクニックですね! バランスよく置くようにしなくちゃ!
中野 テーブルフラワーを用意するのは大変ですが、記念日ではぜひ。ワンランク上のコーディネートができます。
小阪 記念日にはぜひ試してみたいです! 本日もありがとうございました!
中野 ありがとうございました!

Information

Screenshot_20171118-131159

中野瑞貴さん

TV、メディアで紹介されている、イケメンによる紅茶教室『プライベートサロン シェシカ』の講師。テーブルコーディネーター1級、テーブルウェアフェスティバル2017テーブルコーディネートコンテスト2作品入選。

https://www.instagram.com/chezsica

https://ameblo.jp/p-seeker/

http://www.chezsica.jp

小阪さんのインスタもチェック!
https://www.instagram.com/kosakayuka0627/


こさか ゆか/保育園プロデューサー

ただいま長年の夢だった絵本作家になるため、クラウドファンディング(12月28日まで)に挑戦中です。テーマは「子どもの心に寄り添える絵本を作りたい」。ご支援よろしくお願いいたします。
https://faavo.jp/tokyo23/project/3316
リバイバルミーティング代表。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラー、幼児食インストラクター、ベビーシッター資格習得。 2004年ミスマガジングランプリを獲得し芸能界デビュー。グラビアアイドルとして活躍後、2009年に引退。現在は子どもの心スペシャリストとして活動中。


#テーブルコーディネイト 記事をもっと読む。
#イケメン 記事も、さらに覗いてみる♡

#恋愛 記事、
#占い 記事、
#セックス 記事も読む。

男子幻滅…! 乳酸菌コスメで「乾燥かぴかぴ肌」を「もちぷる肌」に

(C)AzmanJaka/Gettyimages