恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

恋したいモードに簡単変換!…「恋愛モチベーション」を高める方法 #82

文・おおしまりえ — 2020.8.13
withコロナの今、ズバリ婚活熱は高まっていますか? オンラインデートなど気軽なコミュニケーションがある一方で、気軽に人と繋がれるからこそ、面倒で婚活できない…と嘆く女子も多いものです。 でもその下がった婚活熱、仕組みと対処を知れば、ぐっと上げることができるかもしれません。

【おおしまりえの恋愛道場】vol. 82

コロナ禍で婚活熱が消えてしまった女子が、気持ちをリセットする方法

恋愛 婚活 コロナ禍

コロナをケアしながら過ごす生活が当たり前になった今、婚活熱は以前とくらべて高まっていますか? 実は新型コロナウイルス以降、「婚活熱が下がった」と話す人も少なくありません。

結婚したい! 焦っている! それは本当なのに、婚活する気がなかなか起きない。そんな人のために、今日は婚活熱が下がっている理由と、上げ方についてご紹介します。

実はコロナの変化に対応するだけで手一杯!

人は誰しもさまざまな変化をいつも感じ、そして心と体で受け止めています。withコロナの今は、その受け止める量も多いため、ストレス度合いも半端じゃありません。無意識では、もしかしたらストレスをたくさん受けてしまっており、婚活をする余裕なんて全然ないのかもしれません。

リモートワークに対応したり、人との会い方、コミュニケーションのとり方にも変化がでたり、未来の捉え方もわからない今、心は生きるだけで精一杯…。そんな時は、婚活について考える前に、いっぱいいっぱいの自分をまずは知り、抱きしめてあげましょう。セルフハグには(普通のハグにも)安心感のホルモンを生み出す作用があるといわれています。

心をホッとさせてあげるだけで前向きなエネルギーも高まり、婚活への向き合い方も変わるかもしれません。

婚活をしないで得られるメリットがあるのかも

恋愛 失恋 婚活 コロナ禍

心がホッとしてきたら、「婚活をしないことで得られるメリット」が実はないか、考えてみましょう。人によってさまざまな無意識のネックがあるものですが、悩み相談を受けるとき、おもに2つの傾向が多いように思います。

1:忘れられない恋を、うっすら引きずる

誰しも生きていれば、忘れられない恋はあるものです。意識上は忘れていても、その恋を引きずっていると、なかなか次の縁を引き寄せるのは難しくなります。ここでポイントなのはガッツリではなく、「うっすら」引きずっている状態であること。うっすらなので、彼と再会してもう一回復縁したいというような、強い希望は願っていないし、気づいていません。

例えば「憧れの恋愛を考えるとき、元彼とのエピソードに引っ張られる」という女子は多いですが、これはまさにうっすら引きずっている状態といえます。未来を見ようとしているのに、体は過去を向いている状態のようなもの。まるでブリッジをしながら前方を向いているくらい、無理な体勢なのです。今すぐ体を起こし、まっすぐ前を見据えましょう!

2:あんな傷つき方、もうしたくない!

失恋って、できることなら経験したくないですよね。でも、失恋して「ああ、もうこんな傷つき方は絶対したくない」と思っていると、傷つかない=恋愛をしないという選択を無意識に取ってしまうことになります。

恋愛で傷ついたと感じるとき、そこには「自分の価値が否定された」といった、別の解釈が入っている場合があります。でも、その解釈は心が勘違いした結果起きたこと。本来私たちは、恋愛していてもしていなくても、振られても振っても、本質的な価値は変わらないのです。

だからこそ「もう傷つきたくない」と思っている場合、そもそも私の価値は傷ついていないということを、心から理解してあげる必要があります。

婚活熱を小さく上げる3つのトライ

恋愛 婚活 

原因を少し知れたところで、モチベーションを強制的にあげていくことも、もちろんできます。それは仕組みを変えて取り組み、モチベーション頼みではなく習慣にしてしまうことです。ここでは具体的な3つの方法をお伝えします。

1:1日1アクションから始める

本当に小さくていいので、1日1アクションから初めてみましょう。例えばアプリを起動するとか、誰か1人にLINEを送ればOKとか。最初は負担を感じないレベルからで良くて、慣れてきたら、少しずつ行動を増やしていきましょう。

これは「小さく積み上げていく」という習慣化の大原則を踏まえており、続けるほど積み上げたものは大きくなるだけでなく、気づいた頃には積み上げるのが当たり前になっているというメリットがあります。

2:誰かと一緒にやる

人間は他人に見られていると行動が変わります。婚活もその仕組みを利用し、誰かと一緒にお互いを見守りながら取り組むと、きちんと婚活熱が高まります。ただし、注意が必要なのが、スタート時点で同じくらいの熱量の相手とやることが継続のポイントです。

あなたの婚活熱が低いなら、同じように「婚活したいけど面倒で…」と話す女子を見つけて、一緒に取り組んでいきましょう。

3:毎日の行動を決める

婚活は小さい決断の連続です。ネット婚活なら、プロフィールを読み、写真を見て、メールを1通1通作成し…と、真面目にやると本当に疲れます。そこで毎日の行動をスケジュールに組み込んでしまうことで、無駄な思考や労力をかけずに続けることができます。

例えば「お昼休みの15分と夕飯後の15分だけアプリを触る」とかに決めて通知をオフしておけば、変に労力や思考を割くことはありません。ちまちま考えたり労力を使うようなやり方は、婚活熱が高まらないどころか、想像以上にあなたを疲れさせるのです。

あなたの婚活熱、少しだけでも上がりそうでしょうか? 婚活にタイミングはありません。今したいと思った時が最適なタイミングです。どうかあなたに、素敵なご縁が訪れますように。


おおしま りえ/恋愛ジャーナリスト

10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。本音を見抜く観察眼と、男女のコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。私生活では20代で結婚離婚を経験した後、現在「女性自身」「週刊SPA!」など大手メディアを中心にコラムを執筆中。


©Fabrice LEROUGE/Gettyimages
©Jamie Grill/Gettyimages
©JGI/Jamie Grill/Gettyimages