恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

2020年は彼氏を作る!…アレを大事にすればOK「目標が叶う」コツ #48

イラスト、文・おおしまりえ — 2019.12.26
一年の初めになんとなく考える今年の目標。でも毎年、気づいたら忘れていて、叶ったことがない……なんて女子はいませんか? せっかく立てた目標も、達成できなければ意味がありません。 では叶いやすい目標の立て方には、どんなコツがあるのか、ご紹介していきます。

【おおしまりえの恋愛道場】vol. 48

2020年は彼氏を作るぞ! 目標を立てるときに、やると叶いやすくなるコツ

「今年こそは彼氏を作るぞ!」。年の初めは気持ちも新たに、前向きな目標が浮かんだりするものです。休みの間に手帳も新しくしたし、髪の毛も切ったし、神さまにお願いもしたし、なんか良いことありそう!

そんなウキウキした気持ちが高まっている人は、ぜひ幸せな恋愛をするためにも、目標をしっかり起こしてみましょう。目標なんていうとすごくかしこまってしまいますが、人は“決めたこと”しか達成できないといわれています。きれいになりたいなあと思っていても痩せないように、「痩せてきれいになる!」と決めるから、人はダイエットに取り組めるのです。

恋愛は自然の流れでできるもの……というイメージから、多くの人が目標なんて立てるものなの? と首をかしげるかもしれません。でも「幸せになりたい」という思いも、しっかり「目標」という言葉にすると、より前に進みやすくなるのです。

今回は、前に進むパワーをさらに後押ししてくれる、目標が叶いやすくなるコツについて、3つご紹介していきます。

叶う目標の立て方1 ちゃんと決める

さきほどもちょっと書きましたが、「これを叶えるぞ!」と意識しないと、だいたいゴールへはたどり着けません(時々ラッキーで叶うこともありますが)。自分の気持ちと無意識、どちらにもスイッチを入れるために「これを叶えたい!」と心から決めることは、とても大切なのです。

また決める際、もし可能ならなるべく内容を具体性のあるものに落とし込んでください。

△…来年は彼氏ともっとラブラブになれるよう頑張る
◎…来年は彼氏ともっとラブラブになるために、いっしょにいる時間を今より増やしたい。旅行も回数を増やすぞ。

この場合、ラブラブの意味がふんわりしているので、「一緒の時間を増やす」「旅行の回数を去年より増やす」など、可能な限り自分のなかで「これならもっとラブラブになれたな」と思える具体的なことを目標に取り入れてほしいのです。

でも、思いつかなければふわっとした目標だけでも全然OK。重要なのは、自分の心のイメージが、より固まりやすい目的を決めるということなのです。

叶う目標の立て方2 ワクワクした気持ちを大事にする

この目標を考えるとき、1番重要なのは「とにかく楽しい気分で考える」ということです。むしろワクワク感がない目標なんて、立てる意味はありません。

先程の例も目標は具体性を持たせることがポイントと書きましたが、もし「旅行の回数を増やす」と考えたときに、ワクワク感が途切れたらそれは正直やらなくてOK。ラブラブになる〜までで留めておきましょう。

なぜワクワクした気持ちを大事にするべきなのかというと、人は思っている以上に怠け者だからです(笑)。楽しいと感じない目標なんて、よっぽどメリットがないと取り組めないのが人間なのです。目標にはゴールした時のメリットが必要。それが”ワクワクして楽しい”という、気持ちよさなのです。

叶う目標の立て方3 書き留める

ワクワク楽しく2020年の目標を考えたら、ぜひそれを書き留めてください。「えー忘れないよ!」と思っても、手帳がある人は手帳に。スマホでスケジュール管理している人は、よく見るメモアプリなどに書き留めてください。

忘れないのになぜ書き留める必要があるのかというと、それは忘れないために書くのではなく、「これは叶えるべきもの」というスイッチを入れるために書くのです(笑)。え、なにそれ!? 意味わかんない……って感じですよね。

そもそも書くことで、目標は初めて「具体的なこと」になります。頭で考えていたイメージや夢が、目の前に文字という具体的な形で現れる(写真やイラストでもOKです)。それだけで、心の中では「これは叶えていくべきものなんだ」というスイッチが入りやすいといわれています。

また目標はそれ自体を忘れないことよりも、「ちまちま思い出すこと」が大事という話もあります。ちまちま思い出したタイミングで「あ、これやらなきゃ」というスイッチを入れ直すことが重要というわけです。だからこそ、目標は文字やイラストなど、楽しい気持ちで書き起こしてほしいのです。

3までやれたら、もう目標の立て方は100点満点といえます。余談ですが、意識の高いビジネスマンのなかにも、目標を立て、それを紙に書き起こしている人は、なんと10%しかいないといいます。つまり3まで進んだ人は、このわずか10%に該当する超凄い女子なのです。

たかだか目標と思うかもしれませんが、立て方や付き合い方にはコツがあります。そのコツを押さえると、気づいた時には夢や目標が叶っているというミラクル現象が起きることも。ぜひみなさん、だまされたと思ってやってみてください。

おおしま りえ/恋愛ジャーナリスト

10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。本音を見抜く観察眼と、男女のコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。私生活では20代で結婚離婚を経験した後、現在「女性自身」「週刊SPA!」など大手メディアを中心にコラムを執筆中。

http://oshimarie.com
Twitter:https://twitter.com/@utena0518

どんな指輪がほしい? 女性200人に聞いた「彼から贈られたい婚約指輪」


©Ada Summer/Gettyimages
©Tony Anderson/Gettyimages
©Catherine Delahaye/Gettyimages