私のアソコ、臭いかも…! エッチでドン引かれない「デリケートゾーン簡単マル秘ケア」

文・三松真由美 — 2021.9.16
現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、アソコや足、脇などの体臭が原因で彼にフラれた24歳女性。三松先生が、デリケートゾーンのお手入れ法とおすすめアイテムを教えてくれます!

ツグミ(24歳)靴とパンツを脱ぐと振られてしまう…体臭レスな女になりたい

デリケートゾーン セックス エッチ ケア フェムケア VIO

【レスなひとびと】vol. 131


また男に逃げられた。

目がさめて横を見ると、枕の上にメモの走り書き。「今の時代に置き手紙かよ?」と読んでみて引きつる。

ツグミちゃん、悪い。やっぱ別れよう。
ツグミちゃんの香りに僕は耐えられない。
香りにも相性があるって友達が言ってたから、
僕ら相性悪いんだよ。じゃあね。
             啓斗

右腕を上げてワキのニオイを嗅いでみる。クンクンクン。

「うーん、ちょい汗臭いけど、ここはみんな臭うでしょ。私だけ臭いのかな?」

思い起こせば大学3年のクリスマス前々日。やっぱり男に逃げられている。
付き合って初めてのクリスマスイブに、チキン料理を作ってあげる約束をした。仕込みがあるからと、イブ前日にスーパーで材料を買ってカレぴょんの部屋に行ったのだ。

うまくゆけば、23、24日とカレぴょんの部屋で2連泊!! なんてステキなクリスマスーー♡

のはずだった。寒い日。もちろんロングブーツを履いている。女子大生だもの。なぜか、お部屋に上がったときからカレぴょんは、うろたえていた。窓あけたり、ファブリーズしたり。

ニトリで買ったというかわゆいコタツでお話していると、掛け布団をパタパタしながら、

「ツグミちゃん、あのう…シャワー浴びて」

と切り出された。

「ついに初エッチ…」

ツグミは、シャワーをあびてベッドでスタンバる。

カレぴょんは、ツグミのブラをはずし、パンティをズリズリずらす。

「うぐっ」

カレぴょんの声にならないうめき声…。

「ごめん、僕、なんか急に風邪ひいたみたい。今日は帰ってくんない?」

ってことで、ツグミは追い返され、連絡遮断。2泊3日のラブクリスマスの予定は、ゼロ泊でストップ。恋もストップ。

この苦い経験をまたも繰り返すなんて。啓斗のLINEは未読になってしまう。

「やっぱ、私、臭うのかな」

友達のミサトに電話してみる。

「言いにくいけど、相当きついよ。制汗剤レベルでは対処できないくらいだよ。でも気にするといけないから黙ってたの」

あああ、男が逃げるほどの嫌な臭いをずっと撒き散らしてきたのかあ。臭いレスな女になって、ちゃんとエッチしてくれるカレシがほしいよう。

ツグミは、強めの制汗剤と消臭剤を買うためにマツキヨに向かうのであった。


【三松さんからのコメント】

ツグミさん、足もボディも特有の臭いを放つ体質なのですね。ワキガは遺伝なので、そりゃしかたないんですよ。洗い方が足りないわけでもないし、あなたが不衛生なわけでもない。自分では気づきにくいのが臭いというもの。思春期の頃、おかあさんが注意喚起してくれればよかったですね。

ワキガの原因、特有の臭いを出すアポクリン腺はおっぱいや性器の周りにもあるので、いろいろな部位が臭くなる。以前、加藤鷹さんが「おへそが臭い女性がいる」とおっしゃった時、アポクリちゃんのせいだなと理解しました。(おヘソの掃除してない場合もあるが)

ということはエッチの時も股間から臭いを発しまくるでしょう。シャワーだけでは取れない。さて困った!

「この香りに萌えるよ」というメンズを探すか、臭いを遮断するしかない。食べ物に注意するとか、ストレスをなくすのは基本だけど、お肉やコロッケ…食べたいですよね。

ひどい場合は、病院を探して注射や手術というのが王道です。

女性器のほうは、日々のメンテナンスも大事。腟専用ソープでていねいに洗う。トイレの度にスプレーで吹く。腟専用オイルで会陰マッサージをするなどなど。VIO脱毛も考えてみてね。臭う箇所を清潔にしたうえでエッチに望むのがカレシさんへの礼儀です。

最近はフェムテック、フェムケアというジャンルが出てきています。フェムゾーン(女性器周り)の悩みを解決しようというムーブメント。月経ショーツや月経カップ、フェムゾーン専用コスメなどが開発されているので、試してみるのもいいでしょう。

「臭いゼロな女になる必要はありません。フェロモン要素は必要ですから! でもブーツを履くときの足臭や、夏場の脇汗、エッチ時の股間臭は対処できる。手を抜くな」

推し腟ソープ
https://animomedical.thebase.in/
(クーポンにgladと入れるとお得に)

推しスプレー
https://iroha-intimate-care.com/item/deo-refresh/

推しローション
https://intime-cosme.com/shopdetail/000000000030

三松 真由美 
恋人・夫婦仲相談所所長・コラムニスト。バブル期直後にHanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察し、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。20代若者サークルも運営し、若い世代の恋とセックス観にも造詣が深い。コミック『「君とはもうできない」と言われまして』(kadokawa)好評発売中。

恋人・夫婦仲相談所のオフィシャルサイト令和バージョン!!
http://fufunaka.com/

三松真由美 note 恋と結婚とエッチのテーマ更新中
https://note.com/suzune_16

新刊はこちら
「君とはもうできない」と言われまして


©M-Production/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。