エッチすると痛い…女性の多くが苦悩する「俺さまセックス」対処法

文・三松真由美 — 2021.5.6
ananwebのInstagramに寄せられたお悩みコメント、今回もなかなかきびしいセックスの相談が寄せられてます。

ananwebのInstagramに寄せられたエッチの不満とは?

セックス 俺さま 

【レスなひとびと 番外編】vol. 19


セックスはお互いを認め、尊敬し合い、大切に扱うことで極上の域に達するのでありますよ。SM的プレイだって、お相手を傷つけないよう大事にすることと信頼感があってこそ成り立つものですから。

今回の悩める乙女の方々の告白を読んでどう思われますか?

「愛してるならそのくらい、いいじゃない」

「えー! 私だったら耐えられない。泣いちゃうううう」

「そんなん普通やし」

「彼氏さんにとってヤルだけの相手になってない?」

などなど。

さて、皆さんはどう感じますか。

「やめてって言ってるのにキスマークをつけられる」


「ゴムをつけようとすると萎えるので、ゴムなしでしようとしてくる」


「私が彼氏の初めての相手だったので最初のうちはAVのようなセックスで痛くて痛くて仕方なかったです、彼曰くスピード重視だとゴムつけて挿れるけど中でイってくれなくて、いつも私の口でフィニッシュする」

キュートな番外コメント

「SNSのタイムラインが水着の女子やバーレスクなどの女の人ばっかり」

この前も伝えましたが、ジャパンの女性はエッチの不満については彼に伝えにくいってやつです。もっと愛撫して、回数増やして、いろんなスタイルでしてなど欲望系不満を口に出すと、ドン引きされそうで言えない。嫌われるのいやだから我慢するというフローに。

性欲モンスター女子に引いてしまう男性は多いので、伝えかたを考えようねとアドバイスしています。彼キャラによって伝え方は変わるので。

今回の悩みはわたしが定義する「俺さまセックス」系統です。

あなたの彼は小学生も知っている「人が嫌がることをしない」という人生の基本を外しているということに気づいてください。

ベッドの上だけでなく、友達と一緒に遊んでいるときに「俺の彼女、スタイルよくないから」「こいつ、あんま頭良くないし」とあなたのことを悪く言ったり、友達の彼女と比べるような発言されたら嫌ですよね。「あんなこと言わないで」と注意して、それでも続くようなら人としてバツ! と感じてお別れを考えるでしょう。

俺さま=すべて正しい

の彼は別れてよし。

ベッドの上でも一緒です。身体が傷つく、心が嫌がっていることをしてくる彼には、「NO!」をはっきり言わないと増長します。直らない。避妊しない男など、彼氏とは言わない! 妊娠したり性感染症になったらどうするかを細かく想像させる話し合いを持たなければだめです。

痛いエッチをする彼氏は、改善の余地有り。ローションを使うとか、あなたのほうが主導権を持って動くとか工夫ができます。「スピード勝負」っていう発言は子どもっぽいので、かわいいと思ってもよいですが。「痛いエッチ続けると私が病気になるよ」と断言しましょうね。

お口でフィニッシュは、人によって「好き嫌い」が分かれます。AVみたいで嫌だっていうひともいれば、彼のペニペニがいとしくてかわいいからお口で受け止めたいってひともいる。わたしの相談所には「お口の中の精液を飲むのがいいですか、吐き出してもいいですか」というマジ相談がけっこうな数寄せられますが(笑)。

あなたにとって「嫌」であれば、意思表明をしてくださいね。そして、あなたの中でイク方法も習得していきましょう。練習しだいで上手になります。

キュートな番外コメント、思わず微笑んでしまいました。でも当の本人にとってはジェラシームラムラです。女のひとの水着姿やバーレスク美女を見るとドキドキするってのは、正常な男の本性ですんで、あまり目くじら立てないで。

わたしもコロナ前はバーレスクに何度か通いました。ほんとにきれいで、ダンスの練習に励んでいて輝いているパフォーマーが多い! 脱毛もしっかりしていて、ツルツルボディです。うっとり。女性から見ても「きれいになろうと努力している意志」が伝わり、見習おうという気持ちになれます。スマホの待受にバーレスク美女と撮った写真入れたこともあります。

「ああん、こんなきれいなおねえさんになりたいわん♪」と。

つまり、嫉妬するより見習うほうがいいってことです!

視点を替えると怒りも鎮まる。

「俺さまセックスをする彼氏、こんなん嫌だと伝えて観察せよ。反応も俺さまならこれ以上セックスする価値なし。無駄なセックスはやめて極上彼氏をすぐに探そう」

参考
https://burlesque-tokyo.com/


三松 真由美 
恋人・夫婦仲相談所所長・コラムニスト。バブル期直後にHanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察し、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。20代若者サークルも運営し、若い世代の恋とセックス観にも造詣が深い。コミック『「君とはもうできない」と言われまして』(kadokawa)好評発売中。

恋人・夫婦仲相談所のオフィシャルサイト令和バージョン!!
http://fufunaka.com/

三松真由美 note 恋と結婚とエッチのテーマ更新中
https://note.com/suzune_16

新刊はこちら
「君とはもうできない」と言われまして


©/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。