臭くてムラムラ…彼女が夢中になった「男の意外なコンプレックス」

文・三松真由美 — 2020.12.31
現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、自分の体臭に悩む24歳男性。だが、この悩みをきっかけに運命の出会いが…。三松先生が、セックス時にも注意したい最低限のにおいエチケットをお伝えします!

【レスなひとびと】vol. 101

シュウ(24歳)男臭ムンムンを気にしすぎて地獄の日々。においレスになり彼女がほしいと願う日々

コンプレックス 

「ねえ、この車両くさくない?」

修は、女子高生の言葉にヒヤッとした。俺のことを言っているのか。いや、電車に乗る前に、消臭シートでワキ汗をふいたし、首にはシャボンの香りのコロンをふっているし、顔のテカテカ脂もメンズビオレで丁寧に洗顔して、無印良品の化粧水でしっかり保湿したんだ。

俺ではないはずだ!

「なんだろう。おじさんの加齢臭かな」
「おじさん、いないじゃん。汗臭いっていうか。体育会系の更衣室的に男くさいってかんじ」

俺だ。
完全に俺のことだ。

居づらさを感じた修は、次の駅で一旦降りて車両を変えた。女子高生のクスクスという笑い声が、俺を、俺を、あざけ笑っている気がする。ううう、もう電車地獄はいやだ。家に帰り、ペパーミントアロマをデェフューザーで焚きながら、男性ファッション誌をスマホで読む。

「いいな、こんなローゲージのセーターほしいなあ。でも汗臭い俺がこんなおしゃれなセーターを着ても、蒸れてにおいがこもるだけだ」

ぶつぶつと言っていたら、剣道部なのに全く汗臭くない、むしろ爽やか系弟のジンが話しかけてきた。

「また、においのことで悩んでんの?」

「そうだよ。いいよな、お前は体臭なくて。俺は、オヤジの遺伝子で臭すぎの青春だよ」

「この前、元元元元元カノが教えてくれたんだけど、においを治すクリニックが新宿にできたって。行ってみたら?」

元元元…こいつは一体何人元カノがいるんだ。俺なんてひとりもできたことがない。後日ネット予約したクリニックに足を運んだ。まずは看護師さんに指示にしたがって服を着替える。

「では次の 箱崎さん……」

シュウの名前を呼ぶと同時によろけた看護師さんを、慌てて抱きとめた。名札には「SAKAGUCHI」と書いてある。ぽーっと顔が火照っていて、目も涙ぐんでいる。

SAKAGUCHIさんは一瞬で我に戻って、事なきを得た。会計待ちの時に、小さなメモを渡される。

「仕事のあと、よかったらお話したいです」

「え? そんなんありスカ…」

呆然とするシュウ。

もちろん19時に、クリニックのビルのエントランスで待っていた。

カフェでディスタンスを取り、いろいろ話すことができた。実はSAKAGUCHIさんは、においフェチ。男のひとの脇のにおいでどうしようもなく女が目覚める癖(ヘキ)の女性だった。

そうか。だからニオイ専門クリニックに勤めているのか。

シュウ、24才。コンプレックスが導いたハッピーな展開に突入。


【三松さんからのコメント】

自分の体臭って気になるものです。頭汗・脇汗・足の匂いや、口臭、アソコのにおいなどなど。ただ、気づいて、対策をしているのなら大丈夫です。悪臭なのに、自覚がないケースは周囲に迷惑ですね。私は職業柄、「エッチの時、彼女の膣が臭くてたまらん」というメンズの声をよく聞きます。もちろんその逆もありです。

「舐めるの無理です」という女性の声。とてもデリケートなことだからお互いに言いづらく、スルーせざるをえない。よって本人が自覚できないケースが多いのです。

毎日使えば股間からお花のような香りがするようになるというサプリやソープ。エッチの前後に使うウエットシート。男性向けでは「男の股間にソリューション」というTENGA・VIOメンズシートなんて、超すぐれものですぜ。

脇汗シュッシュスプレーだけでなく、さまざまなアイテムが出揃ってます。いろいろ試して匂いエチケットを守っていきたいものです。

消臭アイテムを駆使してもダメな場合は、クリニックに行ってください。原因が何か探ることで、解決の仕方がわかります。食べるものが偏ってる場合もあります。性器官の匂いは病気の可能性も否定できません。メンズもレディースも。早めに行きましょうね。

そして全人類マスク時代。マスクをしているから大丈夫! と言ってニンニク系を食べていき、実は向こうにはしっかり臭っているなんてこともあります。

そうそうエッチ時「あそこにもマスクしろ」って思われてるのは悲しいことです。面倒だからシャワー浴びずにしてしまおうなんてことは止めて!

「お口も脇もお股も完全無臭化はむずかしい。でも最低、エッチの時にキスするの無理…と言われない“においボーダーライン”は意識してね」

コンプレックス セックス エチケット

おすすめ:https://www.tenga.co.jp/products/vio-mens-sheet/vio-mens-sheet/

三松 真由美 
恋人・夫婦仲相談所所長・コラムニスト。バブル期直後にHanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察し、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。20代若者サークルも運営し、若い世代の恋とセックス観にも造詣が深い。コミック『「君とはもうできない」と言われまして』(kadokawa)好評発売中。

恋人・夫婦仲相談所のオフィシャルサイト令和バージョン!!
http://fufunaka.com/

三松真由美 note 恋と結婚とエッチのテーマ更新中
https://note.com/suzune_16

新刊はこちら
「君とはもうできない」と言われまして


©Westend61/Gettyimages
©Jon Feingersh Photography Inc/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。