恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

最近アレしてない!…女性に聞いた「彼氏への不満」

文:三松真由美 — 2020.9.3
ananwebのインスタグラムで「性のお悩み」を募集したところ、たくさんの悩みをいただきました。レス人でおなじみの三松真由美先生に分析、回答していただく、レス人番外編第10弾! 今回は「彼氏への不満」。最も多い回答はまさかのアレでした!

【レスなひとびと 番外編】vol. 10

「好き」という言葉がレスな今どき男子。愛情表現を求める女子多発中。

男の本音 彼氏 恋人 不満

ananwebのInstagramに寄せられた、女性のお悩み。今回は彼氏への不満を聞てみました。

「電話しようと言ってもサラッと流されてしてくれない」

「仕事が忙しくてなかなか構ってくれない」

「自分に興味がなさそう。彼氏から質問してくることがない」

「最近好きって言ってくれない」

「バイトの日程を教えてくれない」

「愛情表現が少ない」

「会おうと私から言わないと会ってくれない」

「ホワイトデーに会おうと言ってこない」

「彼氏からデートに誘ってくれない」

「最近LINEが少ない! 1か月こないのはおかしいですか??」

「名前を呼んでくれなくて好きとも言われない」


えええええっ? 『anan』ですよ。推定年齢20-30代の女性のみなさんですよね。彼への不満の数々が「好きって言ってくれない」系の愛情表現不足なのか。かわいいです。ティーンエイジャー(死語かも…)みたいに可憐な乙女心。「彼が好きって言ってくれない」は、何人もコメントしていましたので、ニッポン男子は、言葉で愛を伝えてないってことがよくわかりました。

好きを言わない男性は、大きく3つに分かれます。

A 好きだけど照れくさい(いちいち言うのも面倒だし)
B ほんとに好きじゃない
C 好きか嫌いか自分でもわかっていない

もちろんAタイプが多数派でしょうが、うっかりBタイプとお付き合いを続けていると恋愛ドラマでいう脇役女子的展開になる可能性がありますので、注意あそばせ。

Bタイプ彼氏からするとこうです。

  • 長いこと付き合ってるから会えないとなると寂しいかも
  • 暇な時間に遊ぼうと言えば来てくれるから退屈しない
  • 友達はみんな彼女持ちだから、なんとなく合わせとこう
  • もっといい彼女ができるまで置いとこう
  • エッチがいいからそれでいい

etc.

都合がいいことばっか言いますよ。脇役女子の立ち位置にいると、寂しい展開になるのは目に見えています。ある日彼氏好みの「もっといい女」が登場したとき、彼のハートはあなたに振り向きもせずそちらに突進。

「悪い、俺たち、別れたほうが幸せになれると思うんだ」
「え? なんで? 意味わかんない…」

今の時代、対面でなくLINEで「ゴメン、俺たち」で別れを告げる男性も少なくない。ひどいわ。女性の心を(カラダも)もてあそんで一方的に別れるなんて。こんなドラマシーン、腐るほど見てきたでしょう。視聴者からすると、振られるほうは脇役に見える。

そんなきっついLINEが届く夜を想像して、今のうちにAタイプかBタイプかを見極めておきましょうね。

「バイトの日程を教えてくれない」
「最近LINEが少ない! 1か月こないのはおかしいですか??」

と具体的な彼の態度を訴えているあなたがた。はい。彼はBタイプに分類されるでしょう。もしかすると前回、「レスびと」で書いた”セフレ”に位置づけられてるかもしれない。仕事がない日を教えると、あなたから「会いたい」と言われる。しかし会いたいのは、違う女性…とか。いえ、男友達とサバゲーとかフットサルしたい場合もありますが、それならそう言いますよね。

LINEが1か月来ないのも、おかしなことです。S男のイジメに放置プレイというのがあります。まさか、それをLINEでするとは考えられない。別れる気持ち満々。あなたのほうから去っていくのを待っているズルイ男。いや待て。まじで仕事が忙しいかもしれないので、そこは確認しましょう。

そんな恋の駆け引きを楽しむことができる女性なら、AタイプでもBタイプでもお付き合いは続けてよし。しかし、スリリングな恋を楽しめない、ティーンエイジャー(やはり死語だな)的乙女なら、その恋は終わりにしましょうね。

Cタイプ彼氏? 自分の気持も把握できないフニャフニャクラゲ男は、流れで結婚したとしてもきっとアクシデントが起こります。それでも好きなら一回結婚してみろ。人生経験がひとつ増えてオトナになれるから。

「好きレス男は3タイプ! 好きと言われなくても好きならしょうがない。Bタイプとの哀しい恋愛体験は糧となり、よりよい彼氏を見つける眼力を養う」


三松 真由美 
恋人・夫婦仲相談所所長・コラムニスト。バブル期直後にHanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察し、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。20代若者サークルも運営し、若い世代の恋とセックス観にも造詣が深い。コミック『「君とはもうできない」と言われまして』(kadokawa)好評発売中。

恋人・夫婦仲相談所のオフィシャルサイト令和バージョン!!
http://fufunaka.com/

三松真由美監修ブイチューバー『保健室の未遊先生』 
配信スタート!  恋と性のお話しようね
https://www.youtube.com/channel/UC5g3tx7uJqSTszEHTwWYCIA?sub_confirmation=1


©Drazen Zigic/Gettyimages