恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

愛が深いほど…長続きカップルが普通にしている「簡単な習慣」

文:三松真由美 イラスト:犬養ヒロ — 2019.7.11
現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、転職したてでメンタル弱めなアラサー女子。多忙な彼とは夜に会いセックスするだけ……。どんどん不満が溜まる彼女に、三松先生のお答えは?

【レスなひとびと】vol. 37

恵梨香29歳、「一緒にいる時間レス」で寂しすぎ。

れす#37

化粧品会社で事務の仕事をしている恵梨香は転職サイトを微動だにせず眺めていた。未経験の転職は20代のほうが有利と聞いた。

そして、ついに転職を決行したのだ。人材紹介会社で、営業としてのキャリアがスタートした。

不安でいっぱい。転職先で一から人間関係をやり直すのは大変だ。しかもその会社は、昭和上司が偉そうに部下を叱咤する、ひと昔前の社風。恵梨香も髪振り乱し、エイエイオーで売り上げを達成しなければ、みんなの前で怒鳴られかねない。

早起きして営業項目を勉強する日々が始まった。頑張る自分を褒めてあげたい毎日。

そこに「おつかれさま」とペンギンのスタンプ。

「あーん、タケぽーん」

いっぱいいっぱいの恵梨香の唯一の癒しが、彼氏の武志とのLINE。付き合って1年と少しだ。別の人材会社で営業マネージャーを務める武志。彼が仕事をいきいき楽しむ姿にあこがれて転職を決心した。

「おつかれさま! 新しい会社どう?」

やさしいLINEにニンマリ。

「うん! タケぽんにはやく会いたいな♡ 次はいつ会える?」

仕事のガチ相談をしたいが、それはLINEではなく直接がいいだろう。

「来週まで夜は埋まってるなあ」

「再来週は?」

「そんな先の予定はわからない」

じゃあ、いつなら会える! いつもそっちの予定が優先なんだから! 私に合わしてくれたことないっしょ。なんて言えるはずがない。ぐっと抑える。

「じゃあ今日、家で待ってる。ちょっとでも会いたいし」

OKのスタンプ。

常に予定いっぱいの武志と付き合うようになり、仕事終わりの家集合が、デートの定番コース。今日も中目黒の川沿いにあるマンション、武志の部屋で待つ。

待ち疲れてウトウト。深夜2時、酔った武志が帰ってきた。

「恵梨香ちゃあぁん」

近所のジムで鍛えているムキムキな二の腕が恵梨香の体をムギュウと抱きしめる。

眠気が飛ぶ。下半身がキュン。抱きかえす。武志の舌が恵梨香の舌に絡んでくる。左おっぱいをギュッと揉まれ、そのままセックスに突入。武志に触れられた場所すべてが気持ち良く「好きっ」の気持ちでいっぱいに。

朝…。

恵梨香が髪をまとめて玄関を出る。ベッドから手をふる武志。

会えば優しい。文句はない。好きなんだけど。夜中に会ってセックスして、朝解散の繰り返し。これじゃあセフレじゃない? 仕事の相談もできない。会社で話せるような同期もまだいないし、なんだか孤独。新職場慣れない症候群だ。

数か月が経った。相変わらず武志は、自分から会えるよう努力する気配はない。俺優先の男。会えない時間の積み重ねで、武志が何を考えているのかわからなくなってきた。もしかしたら浮気してる? わざと避けられているのかも。

不安はマックス!


「会えない時間が愛を育てる」とは言いますが、限度があります。

LINEでつながっているとは言え、愛する彼とは直接顔を見て吐息を感じながら喋りたいもの。自分ばかりが追いかけることで

「は? 私だけが彼のこと好きなのか」

と疑惑が生じる。

「男性が愛を与え、女性がその愛を受け取る」のが、良いパートナーシップを生む方程式だという説があります。愛を受け取れば返したくなるので、好循環が生まれる。恵梨香さん、それが崩れてしまっています。会えない場合、理由を彼女が納得するように説明してあげて。言わなくてもわかるだろう、はありません。そして「寂しい」ことも伝えなければわかりません。

大事な人ほど、言葉にして伝え合う習慣をつけましょう。結婚後、男女は「夫婦ならわかるだろう」と根拠がない自信を持ち、すれ違っていきます。

恵梨香さんも、ひとりでジクジク不満をためてはダメ。「相談したいことがあるから、ゆっくり会える日を作って」と連絡し、連絡が来るまで待つ。安易にセックスしない。

「愛の一方通行に気づいたら、即刻調整。恋愛感情はシーソーみたいなもの。ずっと下にいても上にいても面白くない。ギッコンバッコンお互い楽しめ」

ぎったんばっこん??

三松 真由美 
恋人・夫婦仲相談所所長・コラムニスト。バブル期直後にhanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察し、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。日本性科学会会員。ED診療ガイドライン作成委員。20代若者サークルも運営し、若い世代の恋とセックス観にも造詣が深い。

恋人・夫婦仲相談所のオフィシャルサイト令和バージョン!!
http://fufunaka.com/

男が触れたくなる?「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法