ステージを引っ張る!…SEVENTEENのPERFORMANCEチームインタビュー 【K-POPの沼探検】 #128

写真・矢吹健巳(W) スタイリスト・壽村太一 文・小泉咲子 — 2020.2.10
押しも押されぬK-POPアイドルのスター、SEVENTEENをanan2187号(2020年2月5日発売)で取材しました。こちらでは、本誌に書けなかったPERFORMANCEチームのインタビューを、オリジナルの画像と恒例の質問動画とともに紹介します。SEVENTEENの定評ある舞台をリードするパフォチの、貴重なコメントをどうぞ!

【ペンになってもいいですか!?】vol. 127

2_0255

左から、ディエイト、ジュン、ディノ、ホシ。

ドームツアーについて、PERFORMANCEチームに聞きました!

――ドームツアーはSEVENTEENが日本デビューする前から夢だと語っていましたが、夢を叶えた今の気持ちは?

ホシ 「ついにやれるんだ」という気持ちですね。アーティストなら誰もが立ちたいと思うドームのステージでパフォーマンスができ、各地のドームを巡れて嬉しいです。同時に、大舞台に立つことに責任も感じています。本番では、けっこう緊張すると思います(笑)。

ジュン 練習生の頃、韓国の先輩のドーム公演の映像を見たことがあります。衣装をなびかせながら熱唱しているシーンがすごくカッコよくて、「いつか僕らもあそこでできたらいいなあ」と思っていた舞台に立てるなんて、すごく不思議な感覚です。

ディエイト SEVENTEENが、一歩一歩、確実に成長していると実感しています。そして、その歩みにずっとついてきてくださるファンのみなさんに感謝しています。会場が大きくなるごとに、僕はCARATに輝かしてもらっているんだなってしみじみ感じます。

ディノ 初めて聞いた時は、信じられなかったです。歌手を夢見た頃から、「ドームは大きなステージ」という認識があって、こんな早くに立てると想像していなかったので。会場の端っこにいる方々にも、僕らのパフォーマンスや思いが伝わるように頑張ります!

――ドームツアーのあと、これからやりたいことは何ですか?

ホシ ドームツアーが終わってみないと、はっきりと“何”とはわかりません。ただ、長い間活躍を続けているK-POPの先輩たちのように、世界中で長く続けられるアイドルでいたいです。

ジュン 活動を続けながら学んだ新しいことを見せていきたい! そして「より多くの人にSEVENTEENを知ってほしい」という思いは、ドームツアー前も後も変わらないと思います。

ディエイト もっともっと先も、SEVENTEENとして多くの愛を受けるために、そして、いただいた愛に精一杯応えるために、努力を怠らないことが、ドームツアー以降も続く僕らの目標です。

ディノ 2年くらい前までは、スタジアム公演をして「僕らが世界をモノにしたい!」と思っていました。でも今は、長くSEVENTEENを続けていくことが、僕の夢です。

――10年後、SEVENTEENはどうなっていると思いますか?

ホシ 10年経ってもSEVENTEENの激しいダンスを踊れてるといいなと(笑)。今から各自、しっかり健康管理をしないといけませんね!

ジュン 確実に10歳、年を重ねてますよね(笑)。そのぶん、もっとカッコよく、面白くなってるはず。ステージでいたずらっ子になっちゃうところは、変わらなさそう(笑)。

ディエイト 未来について、語ることはあまり得意ではないんですが、みんな、カッコよく年を重ねているんじゃないかな。

ディノ 10年後も、その先も、ステージへの情熱は絶対に失いたくないです! でも、すべてを見せ尽くしてしまい、キャラが崩壊しているかもしれません(笑)。

【Q&A】3つの質問に答えて!


2_0181

ホシ パフォーマンスチームリーダー 1996年6月15日生まれ、双子座、B型。
パンツ¥22,000(N.ハリウッド コンパイル/ミスターハリウッド☎03・414・5071) ベルト¥12,000(サイ/マスターピースショールーム☎03・414・3531) ジャケット、Tシャツはスタイリスト私物

ホシ
Q1. スマホ、PCなしで何日過ごせると思う?

2日。以前、スマホを持ったままガンガン潜水したら、ダメにしちゃったことがあって。防水機能付きだったんですけどね(笑)。それで、移動や修理で2日間使えなかったんですけど、意外とスマホがなくても大丈夫でした。

Q2. SNSの返信は早くするほう?

早いです。5分以内には返信します。メンバーだと、ジョシュア兄さんが遅めで、エスクプス兄さんが早いほう。既読スルーされたら? 「なんで返信しないの?」って送ります(笑)

Q3. 子どもの頃、楽しみだった行事は?

昔、住んでいたアパートの近所に、3か月に1度、移動遊園地がきてたんです。それがすごく楽しみでした。友達と一緒に、お小遣いで小さなバイキングに乗ったり、カルメラ焼きを買ったり。楽しかったなあ~。

撮影の都合で、細切れになってしまったインタビュー(すみません!)。それでも嫌な顔ひとつせず、離席するたびに日本語で「ありがとうございました」といいながら、ぺこりと頭を下げてくれるホシさん。階段に座って行われた13人での撮影では、カメラマンが何を求めているのか、いち早く察知! 座ってた下のほうから声を張って全メンバーに指示を伝え、現場をまとめてくれました。ランチタイムには、ドギョムさんに薦められたお寿司を口にして、「おいしいっ!」と満面の笑み。その目は、しっかり10時10分でした!


cut2_0235

ジュン パフォーマンスチーム 1996年6月10日生まれ、双子座、B型。
ジャケット¥110,000(イエスタデイズトゥモロー/ベンダー☎03・452・072) シャツ¥26,000(N.ハリウッド コンパイル/ミスターハリウッド☎03・414・5071) パンツ¥30,000(ダイリク/シック☎03・464・321) Tシャツ、スタイリスト私物

ジュン
Q1. スマホ、PCなしで何日過ごせると思う?

1週間は大丈夫だと思います。というのも、『13少年漂流記』という番組をやっていたときに、そのくらいの期間、使えなくても平気だったので。

Q2. SNSの返信は早くするほう?

スマホが近くにあればすぐにします。僕は「こんにちは」「何してるの?」って細かくメッセージを送るタイプ。「まとめて送ればいいのに」って、自分でも思うんですけど、ガンガン区切る(笑)。最後の合図に、スタンプを送ります。

Q3. 子どもの頃、楽しみだった行事は?

お正月! 学校が休みだし、花火大会やお祭りがあって街も華やか。お年玉ももらえますしね。友達が家族と帰省しちゃって会えなくなることが、唯一の欠点……。早く帰ってきて、また会える日がくるのが待ち遠しかったです。

持ち前のユーモアセンスで場をなごませてくれるジュンさん。インタビューが始まる前には「いらっしゃませ~」と迎え入れてくれました。パフォーマンスチーム4人での座談会の時も、笑いを巻き起こすムードメーカー! それでも、メンバーやCARATとの絆に対する質問を答えるときは真剣そのもの。“CARATへひと言”(本誌掲載)では、ものすごく照れながらもキュートにコメントしてくれました。何度も口にしているであろうフレーズに照れてしまうのは、いつだって本心から言っているからなのでしょう。CARATへの純度の高い愛を感じました。


2_0051

ディエイト パフォーマンスチーム 1997年11月7日生まれ、蠍座、O型。
ジャケット¥98,000(サカイ☎03‣6418‣5977) 中に着たジャケット¥31,000(ウィーウィル/ウィーウィル ギンザ☎03・264・447) シャツ¥44,000(トーガ ビリリース/トーガ 原宿店☎03・419・8136) パンツ¥89,800(ノンネイティブ/ベンダー☎03・452・072) 

ディエイト
Q1. スマホ、PCなしで何日過ごせると思う?

スケジュールがある日は、絶対に手放せないです。ファッションの勉強もしたいですしね。あるとどうしても気になって見ちゃうから、ひとり旅行とか持たなくていい状況なら、あえてスマホなしで過ごしてみたいです。

Q2. SNSの返信は早くするほう?

状況によりますね。仕事関係の重要な確認事だったら即レスしますけど、僕と話したくてメッセージをくれたんだったら、すぐには返しません。じっくりやりとりできる時間ができるまで待って、たくさん話すようにしています。

Q3. 子どもの頃、楽しみだった行事は?

誕生日。みんなが「おめでとう」と言ってくれて、プレゼントもくれて、その日は “自分が主役”の気分でいられたので楽しみでした。

数ある飲み物から、緑茶を選んだヘルシー志向のディエイトさん。パッケージの漢字を見て「なぜ、この漢字が使われているのですか?」とスタッフに問うと、ジュンさんは「おいしければ、何でだっていいじゃん!」と茶々を入れます。仲良しだからこそ成立するやり取りですが、二人の性格の違いが端的に表れた会話に、ホシさんやディノさんも爆笑! 取材の合間には、読書にふける姿を目撃。この日、読んでいたのは中国の詩人の本。ディエイトさんが発する言葉に深みがあるのは、本好きなことも大いに関係していそうです。


2_0093

ディノ パフォーマンスチーム 1999年2月11日生まれ、水瓶座、A型。
ライダース¥148,000(チンクアンタ/シップス 銀座店☎03・564・547) シャツ¥25,000(アー・ペー・セー/アー・ペー・セーカスタマーサービス vpc@apcjp.com) パンツ¥27,000(ラッド ミュージシャン/ラッド ミュージシャン 原宿☎03・470・760) サスペンダーはスタイリスト私物

ディノ
Q1. スマホ、PCなしで何日過ごせると思う?

5分。デジタル世代なので(笑)。もし、部屋に忘れて家を出てしまったら、開き直る! そして、スマホが手元にないそのツラさを噛み締めながら、もう二度と忘れないように自分を戒めます(笑)。

Q2. SNSの返信は早くするほう?

早いですね。既読スルーは、僕がしないタイプなので、されると我慢できない~! ちょっとイライラしちゃうかも(笑)。メッセージの最後はスタンプか絵文字を必ずつけます。ないと寂しいんですよね。

Q3. 子どもの頃、楽しみだった行事は?

クリスマス。昔、クリスマスの日に白い雪が舞っているのを見て、あったかい気持ちになったこと今でも思い出します。

前回までのインタビューでは、真面目な印象が強かったディノさん。昨年11月のコンサートMCで「僕らの真心を受けとめてくれてありがとうございます」と語っていましたが、どんなにシンプルな質問でもけっして流さず、真心を込めてひとつひとつ答えてくれているのが伝わってきました。ただ、今回は今まで通りの真面目さ+真心に、ユーモアが加わっていたことにびっくり! その面白さは、ディエイトさんも太鼓判。SEVENTEENが表紙を飾った本誌の特集は“潜在能力”ですが、ディノさんにはまだまだいろんな力が秘められていそうです。

cut6_0036

ジョンハン・ベルト¥9,000(トーガ ビリリース/トーガ 原宿店☎03・419・8136) 靴¥58,000(フット・ザ・コーチャー/ギャラリー・オブ・オーセンティック☎3・808・515) シヤツ、パンツはスタイリスト私物 ジョシュア・シャツ¥28,000(チルドレン オブザ ディスコーダンス/スタジオ ファブワーク☎3・438・575)パンツ¥22,800(ノンネイティブ/ベンダー☎3・452・072) 靴¥63,000(トーガ ビリリース/トーガ 原宿店) ウジ・シャツ、パンツ、靴はスタイリスト私物 ドギョム・シャツ¥18,000(フリーマンズ スポーティング クラブ/フリーマンズ スポーティング クラブ 大阪心斎橋店☎6・484・287) パンツ¥41,000(ピーティーゼロウーノフォワード/ピーティージャパン☎3・485・058) 靴¥62,000(フット・ザ・コーチャー/ギャラリー・オブ・オーセンティック) スングァン・シャツ、パンツ、靴はスタイリスト私物
エスクプス・シャツ¥26,000(N.ハリウッド/ミスターハリウッド☎3・414・5071) パンツ¥34,000(イエスタデイズトゥモロー/ベンダー☎3・452・072) 靴¥50,000(ラッド ミュージシャン/ラッド ミュージシャン 原宿☎3・470・760 ) ウォヌ・シャツ¥42,000(ファセッタズム/ファセッタズム 表参道☎3・459・223) 靴¥58,000(フット・ザ・コーチャーギャラリー・オブ・オーセンティック☎3・808・515) パンツはスタイリスト私物 ミンギュ・シャツ¥20,000 タイ¥6,000(共にラッド ミュージシャン/ラッド ミュージシャン 原宿) パンツ¥14,000(ラングラー×アーバンリサーチ×にしのや/にしのや☎3・434・983) 靴はスタイリスト私物 バーノン・シャツ¥25,000(イエスタデイズトゥモロー/ベンダー) パンツ¥23,000(ラッド ミュージシャン/ラッド ミュージシャン 原宿) 靴¥68,000(フット・ザ・コーチャー/ギャラリー・オブ・オーセンティック)
ジュン・シャツ¥28,000(ファッチーズ/シック☎3・464・321) パンツ、靴はスタイリスト私物 ホシ・靴¥72,000(フット・ザ・コーチャー/ギャラリー・オブ・オーセンティック☎3・808・515 ) シャツ、パンツはスタイリスト私物 ディエイト・シャツ¥72,000(チルドレン オブ ザ ディスコーダンス/スタジオ ファブワーク☎03・438・575) パンツ¥65,000(サカイ☎3・418・5977) 靴¥85,000(ファセッタズム/ファセッタズム 表参道☎3・459・223) 帽子はスタイリスト私物 ディノ・シャツ¥24,800(ノンネイティブ/ベンダー☎3・452・072) パンツ¥40,000(ピーティーゼロウーノフォワード/ピーティージャパン☎3・485・058) 靴はスタイリスト私物

Information


SEVENTEENがanan2187号(2020年2月5日発売)に32P、ポスター、ステッカー付きで登場。

2月11日以降も在庫があれば、書店で取り寄せのご注文、ネット書店でバックナンバー購入が可能です。
HMVでは特典のフォトカード付き!
https://magazineworld.jp/anan/anan-2187/

【ananwebの特別インタビュー、他チームもチェックを!】
ボーカルチーム
https://ananweb.jp/column/kpop/272042/
ヒップホップチーム
https://ananweb.jp/column/kpop/271974/

【SEVENTEEN 詳しくはこちら】
https://seventeen-17.jp/
4月1日発売、JAPAN 2ND SINGLE「舞い落ちる花びら(Fallin’ Flower)」
https://seventeen-17.jp/statics/fallin_flower
ドームツアー
https://seventeen-17.jp/statics/2020_dome_tour


エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

♡ 15秒でプロ脱帽のネイルアート!? いまなら無料で体験!
https://ananweb.jp/anan/269428/