恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

SEVENTEEN マンネラインに質問、食べものエピもたくさん! 【K-POPの沼探検】#104

写真・酒井貴生/スチール(aosora)、千葉 諭/ムービー スタイリスト・壽村太一 文・小泉咲子 撮影協力・AWABEES、STUDIO BASTILLE — 2019.6.3
雑誌『anan』2153号(5月29日発売)で、表紙を飾ったK-POPの男性グループSEVENTEENがananwebにも登場。本誌に書ききれなかった質問の答えをラインごとにまとめました。ananwebだけの質問もありますよ! 末っ子のマンネラインは案外しっかりしてます。ananweb恒例の特別動画もお楽しみください。

【ペンになってもいいですか!?】vol. 104

13-497

SEVENTEENの1998~1999年生まれのマンネラインは、スングァン、バーノン、ディノ。のびのびした末っ子らしさと、お兄さんたちへの信頼とがミックス!

【質問】

Q1. 生まれて初めて行った海外は?
Q2. ステージに上る前のジンクスはある?
Q3. 気づいたらついやっちゃうクセは?
Q4. 自信のある顔・体のパーツは?
Q5. 絶対に叶えたい夢は何?
Q6. 好きなお寿司のネタは?
Q7. コンビニに入るとつい買ってしまうものは?
Q8. 好きな記念日・イベントは?
Q9. 好きな飲み物は?
Q10. チゲは何が好き?何から食べる?
Q11. 最近、気に入っている名言は?
Q12. 過去の自分に言いたいことは?
Q13. 印象的だったハプニングは?
Q14. 最近、テンションが上がった出来事は?

スングァンがメンバーに褒められるパーツとは?

11-124

SEUNGKWAN スングァン
ボーカルチーム 1998年1月16日生まれ、済州島出身、山羊座、B型、つややかな声と圧倒的な声量で魅せるボーカリストであることを、うっかり忘れてしまいそうになるほど、バラエティ感覚も抜群!

A4
あごのラインがキレイにみえる時があります(笑)。それと、お尻。ピラティスを始めてから、ホシ兄さんとドギョム兄さんがすごく褒めてくれるんです。今まで、大きくて恥ずかしかったパーツだけど、今は自信があります!

A5
ピアノをマスターしたい。新年になると毎年「今年こそは」と言ってるんですけど(笑)。

A7
生クリーム&イチゴジャムのコッペパン、レジ前にあるチキン……。日本のコンビニは全部美味しくて、行くと興奮が止まりません!(笑)

A8
僕の誕生日。今年は、バーノンが奮発してカッコいいTシャツをプレゼントしてくれました。プレゼントは、モノそのものだけじゃなくて、僕のことを思って選んでくれることがすごく嬉しいです。

A10
お母さんが作ってくれるキムチチゲが最高! サムギョプサルが入っているのが特徴で、キムチと一緒に食べます。

A12
「きっと幸せになれるから、頑張るんだぞ」。せっかく練習生になれたのに、歌手になる夢を叶えるチャンスを諦めたら、その後、何もできないと思っていました。自分との闘いを耐え抜いた今、本当に幸せなので、あの頃の自分にそう言ってあげたいです。

【スタッフから】
バラエティ能力の高いスングァンさんは、朝イチのインタビューでもギア全開&サービス精神満点! ひとつ聞けば、2も3も返してくれ、オチまでつけてくれるので、終始笑いが絶えません。本誌のテーマ “デトックス&チャージ” について話す時は、「よくぞ聞いてくれました!」とばかりに前のめり気味に。メンバーからの笑いもものともせず(笑)、熱量たっぷりに答えてくれました。それもそのはず、美容へのこだわりがとにかくすごい! 体内コンディションにも気を配るスングァンさん、見習いたいものです。

バーノンがやってしまう癖はアレが関係してました!

10-120

VERNON バーノン
ヒップホップチーム 1998年2月18日生まれ、アメリカ・NY出身、水瓶座、A型、抜群の発音で繰り出すパワフルなラップ、英語と韓国語をミックスさせるリリックセンスには脱帽!

A3
電話中、歩き回ること。思考が止まっちゃうので、座ったまま電話ができないんです。独り言も多いですね。僕の頭の中にいる架空の人と会話すると、考えがちゃんとまとまるんです。

A4
右手にある生まれつきのあざ。自信があるわけじゃないけど、気に入ってます。

A5
世界旅行。仕事ではたくさんの国に行ってますが、いつかプライベートで世界中を旅したい。仕事面では、自分が作った作品をより多くの人に見せたいです。

A6
マグロ。好きなものは、後まで取っておくと、お腹いっぱいになって美味しさが薄れるので、真っ先に食べるタイプです。

A9
イオン飲料。ワインも、ディエイト兄さんが好きなので、一緒に飲みます。

A10
テンジャンチゲ。スープをひと口飲んでから豆腐かな。

A11
ずっと「ただ、やれ(Just Do It)」という言葉が好き。幼い頃から父にそう言われて育ってきましたけど、やってみないことには何事も始まらないじゃないですか。この言葉は、真理だなって思います。

【スタッフから】
「テンションが上がりまくる」というステージとは打って変わり、インタビューでは丁寧に言葉を選びながら、穏やかに語るバーノンさん。考えを巡らせて答えが見つからなければ、無理にその場で作ってしまったりせず、ストレートに「すみません。そういうことはないです」と答えてくれる真面目さも素敵。でも、メンバーが近くに来ると真っ白な歯を見せて満面の笑み! そのギャップが印象的でした。と同時に、「メンバー全員に、すごく愛してる、いつも頼っている」と言っていた言葉に、1㎜も嘘はないんだとも実感!

マジメなディノの失敗を暖かく包むエピソードとは!

09-159

DINO ディノ
パフォーマンスチーム 1999年2月11日生まれ、益山出身、水瓶座、A型、マンネ(末っ子)ながら誰よりしっかり者で、いまやグループの起爆剤にまで成長。

A4
自信がある順に、目、太もも、肩。僕の目は、ある時はカリスマ、ある時は純真さを見せるので、見るほどにハマると思います(笑)。太ももは、太もも相撲で1位になったので自信あり! 肩は、ジムに通っているので、大きく見えるようになったと思います。

A8
デビュー記念日。歌手になる夢を叶えたことで、想像以上の幸福感と震えがきました。日本デビューは、嬉しさと不思議さが半々でしたが、今では自信がつき、新たに責任感が生まれました。

A11
「ありのままを楽しめ」。時間があると、スマホで名言や教訓を探すんですけど、最近みつけて気に入っているひとつです。考え込むモードに入っちゃった時に思い出すといい言葉!

A12
「本当に大変だったね。頑張ってくれてありがとう」。一生懸命だった練習生時代の自分がいたからこそ、今の自分がいるので感謝を伝えたいです。

A13
「Very Nice」では最後に僕がセンターになるんですけど、アメリカの円形ステージで、正面を間違えて真裏を向いてしまったことが。すごくパニくりました……。顔に出してはダメだと言い聞かせ、なんとか乗り切りましたが、あの後は、お兄さんたちからすごくからかわれたなあ(笑)。

【スタッフから】
スングァンさん曰く「何でも一生懸命で、ひとつも手を抜かない」というディノさん。インタビューでの受け答えもまさにそう(他のみなさんも)。お会いするたびに幼さが消え、大人の色気を帯び、雰囲気は大きく変わりました。それでも、まっすぐ目を見て、どんな質問にも一生懸命答えてくれるところは、時が経ち、どれだけSEVENTEENの存在が大きくなっても、まったく変わりません。インタビュー中、常に背筋がぴんと伸びていて、美しい座り姿もそのまま。毎回、気持ちのいいインタビュー時間にしてくれます。

特別動画、ananの撮影メイキングと、日本語での甘ーいひとこと!

撮影メイキングはこちら

甘ーいひとことはこちら

SEVENTEEN

2015年に韓国でデビューした13人組の男性グループ。メンバーは「ボーカルチーム」「ヒップホップチーム」「パフォーマンスチーム」の3つのユニットで構成されている。楽曲、アルバム制作、振付、プロモーション、イメージ戦略、ステージ構成などを主にメンバーが担う、セルフプロデュースグループであることが魅力。日本でのデビュー前から人気が高く注目される。2018年の日本デビューから約1年で、人気の勢いがさらに加速中。

2019年4月に行われたコンサートツアー(2019 JAPAN TOUR ‘HARU’)では20万人を動員。5月29日(水)に日本デビュー後初シングルJAPAN 1ST SINGLE『Happy Ending』を発売。

集合写真 服クレジット
エスクプス・パンツ¥31,000(stein/STUDIO FABWORK☎03・6438・9575) その他はスタイリスト私物 ジョンハン・ジャケット¥71,500(ルイ ガブリエル ヌイッチ/インターナショナルギャラリー ビームス☎03・3470・3948) シャツ¥23,000(カズユキクマガイ/アタッチメント代官山本店☎03・3770・5090) Tシャツ¥10,000(JUHA☎03・6659・9915) パンツ¥18,000 シューズ¥34,000(共にLAD MUSICIAN/LAD MUSICIAN HARAJUKU☎03・3470・6760) ベルトはスタイリスト私物 ジョシュア・ジャケット¥119,000(ヘド・メイナー/インターナショナルギャラリー ビームス☎03・3470・3948) シャツ¥24,000(ノット メン/ジャンポールノット 青山店☎03・3486・2022) ブーツ¥65,000(シモン・フォーニエール/インターナショナルギャラリー ビームス) その他はスタイリスト私物 ジュン・シャツ¥25,000(ONE GRAVITY/エストネーション☎0120・503・971) パンツ¥27,000(LAD MUSICIAN/LAD MUSICIAN HARAJUKU☎03・3470・6760) ホシ・シャツ¥25,000(WEWILL/WEWILL GINZA☎03・6264・4447) 中に着たシャツ¥19,000(LAD MUSICIAN/LAD MUSICIAN HARAJUKU☎03・3470・6760) パンツ¥21,000(アタッチメント/アタッチメント代官山本店☎03・3770・5090) シューズ、ソックスはスタイリスト私物 ウォヌ・ジャケット¥39,000 パンツ¥22,800(共にハックド バイ_/インターナショナルギャラリー ビームス☎03・3470・3948) Tシャツ¥12,000(カズユキクマガイ/アタッチメント代官山本店) シューズ、ソックスはスタイリスト私物 ウジ・ブルゾン¥38,000(I/1LDK AOYAMA HOTEL☎03・5778・3552) シャツ¥23,000(カズユキクマガイ/アタッチメント代官山本店☎03・3770・5090) Tシャツ¥14,000 パンツ¥23,000(共にノット メン/ジャンポールノット 青山店☎03・3486・2022) スニーカー¥22,000(BOOTLEG/STUDIOUS原宿本店☎03・6712・5980) ディエイト・ライダース¥140,000 Tシャツ¥19,000 パンツ¥18,000(以上LAD MUSICIAN/LAD MUSICIAN HARAJUKU☎03・3470・6760) その他はスタイリスト私物 ミンギュ・シャツ¥14,000(インターナショナルギャラリー ビームス☎03・3470・3948) パンツ¥43,000(ルイ ガブリエル ヌイッチ/インターナショナルギャラリー ビームス) ドギョム・シャツ¥29,000 中に着たシャツ¥28,000(共にWEWILL/WEWILL GINZA☎03・6264・4447) パンツ¥23,000(アタッチメント/アタッチメント代官山本店☎03・3770・5090) シューズ¥73,000(ALMOSTBLACK info@almostblack.jp) ソックスはスタイリスト私物 スングァン・ジャケット¥63,000 シャツ¥18,000(共にLAD MUSICIAN/LAD MUSICIAN HARAJUKU☎03・3470・6760) パンツ¥27,000(STUDIOUS×Name./STUDIOUS 原宿本店☎03・6712・5980) ブーツ¥61,000(シモン・フォーニエール/インターナショナルギャラリー ビームス☎03・3470・3948) ソックスはスタイリスト私物 バーノン・シャツ¥21,000 パンツ¥25,000(共にSTUDIOUS×DISCOVERED/STUDIOUS 原宿本店) Tシャツ¥9,000(カズユキクマガイ/アタッチメント代官山本店☎03・3770・5090) シューズ¥34,000(LAD MUSICIAN/LAD MUSICIAN HARAJUKU) ソックスはスタイリスト私物 ディノ・ブルゾン¥29,000(エストネーション☎0120・503・971) シャツ¥20,000(ノット メン/ジャンポールノット 青山店☎03・3486・2022) パンツ23,000(カズユキクマガイ/アタッチメント代官山本店☎03・3770・5090) その他はスタイリスト私物

Information

SEVENTEEN JAPAN OFFICIAL SITE
https://seventeen-17.jp/

SEVENTEENの他の記事はこちらから


エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

旅好き女子が大注目!次の海外旅行をメルボルンにする5つの理由って?